※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泣きっ面に蜂。


その日は、請求書の送付と給与計算の締めが重なり
切羽詰まっていた。

それなのに電話や宅急便なども普段よりも多く、
さらにこの状況に追い討ちをかける。

殺気だって仕事をしている私を察してか、
事務所のおじさんたちも寄ってきて話しかけることもない。


そろそろ、限界かも。そんな風に思い始めていた。

そんなに大きな会社ではないが、女性事務員が私だけ。

経理から総務から給与計算まで一人でやってきた。

何のためにこんなに私だけがつらい思いしてるんだろ。

今時、手とエクセル計算しているなんてありえない。



泣きたくなってきた。ふと時計を見ると13時をとっくにまわってる。

お昼ごはんすら食べる暇がない。



バタン。

どうせ誰か営業のおじさんが帰ってきただけ。

顔も上げずに電卓をはじいていた。



トン。

机の上に何か置いた音。



「それなら、片手でつまめるだろ。」



顔をあげて置かれたものを見た。

海苔巻だった。



今でも時々思い出す。



あの時の海苔巻きの味は覚えていない。

だけどきっと一生忘れない目から涙がでないよう

食べたランチ。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
https://www19.atwiki.jp/burio/pages/17.html
  
添付ファイル
 

メニュー




リンク





更新履歴

取得中です。

ここを編集

https://www19.atwiki.jp/burio/pages/2.html