980 UObNfG8x0

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

980 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/09/29(金) 07:27:12.57 UObNfG8x0

教師「えー、田中と佐藤は昨日婦女暴行未遂で誕生日までの残りを留置所で過ごす事になった」

朝のSHR、まったく何気ない風で担任が告げる
まぁ良くある事だ。最悪16歳まで童貞だったら女になってしまう現実から、誕生日を前にこうなる奴は多い

教師「ま、レイプは犯罪だからな。ヤるなら同意の上だぞ、金銭なんてもっての外。いいなー」

よく考えると明らかにおかしなセリフで締める担任、だが俺を含めクラスメートの何人かは他人事ではない

生徒A「はぁ…」

生徒B「ふぅ…」

生徒C「まじかよ…」

明日は我が身と思いながらも行動を起こせないと女体化してしまう。
既にクラスでは3人男が減り、代わりに女が3人増えてしまっている…まぁそういう事だ


987 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/09/29(金) 07:35:16.71 UObNfG8x0

女「やっ、朝から暗い顔してるね」

ポンと肩を叩かれ振り返る…とそこには親友…だった女がいる

男「暗くもなるよ…俺誕生日まで後3ヶ月切ったからな。下手すると明日朝起きたらなんて事だって」

女「まぁまぁ、慣れれば女も結構いいもんだよ。流石に生理はこれ程辛いと思わなかったけど」

後半のセリフに顔を赤らめながら俺は元親友の姿を見る
そう、こいつは元男。いわゆる女体化してしまったうちの一人だ

男「お前は…いや、なんつーか元々女体化したいと思ってたようなとこもあったろうしな」

女「あ、ひどーい。偏見だー」

男「本当かよ」

女「私だってショックだったんだからね。まぁなっちゃったのはアレだし、折角だから女の人生を楽しむけど」

あっけらかんと笑うこいつを見てると「そんなに悩む事でもないかな」と思えるから怖い
俺は今更女の体なんてごめんだ


989 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/09/29(金) 07:44:22.63 UObNfG8x0

女「なんだったらさ」

男「なんだよ?」

女はしばらく言い出せなかったようだが、一つ「フッ」と息を吐くとグッと顔を近づけてきた

女「わ、私が…その。相手しても、いいんだよ?」

男「はい?」

いきなりのセリフに俺は自分でも分かる、間抜けた声を出していた
俺が言葉を反芻させながら意味を考える

男「って、おまっ」

女「なーんてねっ、じょーだんだよ冗談。男だってこんな元男にそんな事したくないよねー」

男「あ、おい女っ」

女「あはは、ごめんちょっとトイレー」

ケラケラ笑いながら女は小走りに俺から離れていった
あいつは女体化してもまったく変わらない。性格も、態度も

男「まぁ、その辺りで救われてるのもあるんだよなぁ…俺も」

いきなり朝から起こされて「女になっちゃった」なんて言われた日にはどうなる事かと思ったが
向こうは男の時と変わらない距離で接してくれる。色々とありがたい

女「あーあ…伝わらないよねぇ、こんな元男なんかじゃ…」


990 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/09/29(金) 07:55:37.83 UObNfG8x0

その日は特に何もなく、一見しただけではいつもの日常と変わらなかった
ただ、俺の頭にはさっきの女の言葉がグルグル回っていた

男「まったく、あいつが変な事言うから昔の事思い出しちゃったじゃねーか…」

-一年前。まだ女が男だった頃-
男「でもさ、お互いどうするよ。女になっちゃうんだぜ」

女「あはははは、相手もいないしねー」

男「笑い事じゃねーっつーの、まぁお前は元々女顔だしいいかもしれないけどさ」

女「うわ酷い、それってイジメ?ねぇイジメ?」

男「ま、お前のが誕生日早いんだから女体化するとしたらお前が先だな」

女「わかんないよ~?僕が初体験済ませちゃったら問題ないわけだし」

男「ぐ…た、確かにお前モテるよな」

女(男もモテるんだけどね。隠れファンなだけで表に出ないからなー)
女「まぁ、もし僕が女になっちゃってさ、男がまだ童貞脱出できてなかったら…」

男「だったらなんだよ」

女「僕が童貞を貰ってあげるよっ、あははははははは」

他愛無い、冗談だった。実際に状況はできてしまったわけだが
恐らく女は覚えてないだろうし(実際俺もついさっき思い出した)、覚えていても男同士の話だ。冗談に決まってる
そう、冗談のはずなんだ…
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|