拾った子犬(花の子ルンルン第38回)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昭和54年(1979年)11月16日放送
 ←前回  次回→

 ある牧場で、多数の子犬が生まれた。その大部分は、金で引き取られていったが、一匹が行方不明になり、ルンルンに拾われた。しかし、ルンルンは捨て犬だと思って、ある女性に譲ってしまう。牧場の娘マギーは、その一匹を取り戻そうと、女性の家を訪ねるが、そこでは子犬が病気の女の子の癒しになっていたのを見て、取り返すのを諦める。ルンルンは、自らの誤ちの埋め合わせをするため、ヌーボを牧羊犬コンテストに出場させ優勝、その賞金で、引き取られた子犬を一匹、買い戻した。

ストーリー

  • 舞台: 緑の牧場に囲まれたカンタベリー(イギリス南東部)の郊外
  • ある牧場主の馬車の後ろに、こっそり乗っているルンルン一行。しかし、天候が危うくなり、馬車に鞭を当てると、弾みでルンルン達は落下。曰く「黙って乗ったバチが当たったんだわ」
  • 牧場主が家に到着する頃は、既に雷が激しくなっていた。大木の下にいる子羊。雷が大木に落ちたその瞬間、牧羊犬メリーは自らの命と引き替えに、子羊を守った。
  • 雷がやんだ後、ルンルンは一匹の子犬を拾う。ルンルンは、乳牛を見つけてミルクを盗み、子犬に飲ませる。その後、ある女性が、その犬を譲ってくれというので、捨て犬だと思いこんでいたルンルンは、気前よくあげてしまう。
  • しかし、その犬は捨て犬ではなかった。先の牧場の牧羊犬メリーが生んだ子犬の一匹が逃げ出したものだったのだ。それ以外の子犬は、金によって引き取られてしまい、親犬メリーも死んでしまったので、牧場に犬はいなくなってしまった。
  • そのことを知ったルンルンは謝罪し、牧場の娘マギーと、先の女性宅へ犬を返してもらいにいった。しかし、その女性の娘(イングリット)は病気であり、子犬が心の慰めになっていた。マギーは、子犬を返してもらうことを断念。
  • ところで、メリーは、翌日、牧羊犬コンテストに出場予定だった。そこで、ヌーボをコンテストに出場させ、その賞金で子犬を買い戻そうとする。
  • その話を聞いていたトゲニシアとヤボーキ。ルンルン達を妨害しようと、ヤボーキがコンテストに出場することになった。
  • ヌーボとヤボーキはコンテストで張り合うが、その途中で計算問題を解かされる。割り算の出来ないヤボーキに対し、ヌーボ一歩リード。悔しさに思わず言葉を口にしてしまうヤボーキ。人々はヤボーキを怪しんだため、余儀なく退散する。
  • 結局、ヌーボがコンテスト優勝するが、安堵のあまり、ヌーボも言葉を漏らしてしまう。人々の疑いの目。ルンルンは、会場に咲いていた花を用いて腹話術士に変身、話したのは自分だと、その場をごまかす。
  • 結局、一匹だけだが子犬が戻ってきた。この子犬を立派な牧羊犬に育てようと、マギーは誓うのだった。
  • 花言葉: つりがねそう(感謝)~セルジュがマギーに渡す。マギーは、寝たきりの少女から子犬を取り上げることもなく、自分の子犬と一緒にいられるのは、ルンルンのお蔭だと思うのだった。

鑑賞

  • マギーは、「子犬をもっていかれる気持ち、私にはよく分かる。返してくれなんて言えない」と、病気の子から子犬を返してもらうことを断念しました。ルンルンを恨むこともなく、最後はルンルンと友達になり、感謝までします。やさしい子です。
  • ヌーボは、コンテスト出場に際し、「馬鹿にするなよ。僕はその辺の犬とは違うんだぞ」と満更でもない様子。
  • この回では「狸としてのヤボーキ」のヌードが拝めます。会場の係に「狸は困る」と言われたら、「ワン」とないて、辛うじて犬であることを偽証します。
  • ルックス審査では、ヌーボの得点は4.4、ヤボーキの得点は2.0。
  • 今回の腹話術のクダリは、無理矢理感がありますね。ルンルン後半は大体、そういう話が多いのですが、今回は特にそう思いました。

登場キャラクター

  • ルンルン・フラワー: 岡本茉利
  • キャトー: 白石冬美
  • ヌーボ: 神山卓三
  • セルジュ・フローラ: 水島裕
  • ヤボーキ: はせさん治
  • トゲニシア: 喜多道枝
  • その他のキャラクター: 牧場主と妻、娘(マギー)、獣医(声出演無し)、犬の譲渡を申し出た女性とその娘(イングリット)、子犬の買い手(男)、メリー(犬)
  • その他の声の出演: 塚田正昭、潘恵子、山口奈々、北川国彦、宮崎恵子、鈴木富子、佐藤正浩
  • ナレーション: 喜多道枝

スタッフ

  • 脚本: 城山昇
  • 原画: 木場田実、神宮慧
  • 動画: 岩田通代、比護美雪、武藤照美、渡辺明美
  • 背景: みにあーと、アトリエロビン
  • 仕上: 藤本芳弘、鈴木安子、衣笠一雄
  • 特殊効果: 中島正之
  • 撮影: 佐野禎史
  • 編集: 祖田富美夫
  • 録音: 波多野勲
  • 音響効果: 伊藤道広
  • 選曲: 宮下滋
  • 記録: 樋口裕子
  • 製作進行: 本庄克彦
  • 美術: 伊藤英治
  • 作画監督: 木場田実
  • 演出: 古沢日出夫

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|