ラップランドの兄弟(花の子ルンルン第34回)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昭和54年(1979年)10月19日放送
 ←前回  次回→

 ルンルン一行とトゲニシア達は、それぞれ、双子の兄弟のソリに乗り、氷河の中にある七色の花へ向け、トナカイレースをする。しかし、そこにあったのは、七色の花ではなかった。喧嘩を始める兄弟。しかしトナカイレースの後、二人は互いの健闘を称え合うのだった。

ストーリー

  • 舞台: スカンジナビア半島北部・ラップランド
  • 双子の兄弟、ヨハンとカール。二人は、今度出場するトナカイレースで、どちらが勝つかいがみあっている。
  • ルンルンは、カールにソリをぶつけられてしまう。しかし、ルンルンは、カールと瓜二つのヨハンを犯人と思い込み、七色の花のことに詳しい物知り爺さんのところへ、無理矢理、案内させる。
  • 物知り爺さんがいうには、七色の花は、この地にある。あるバイキングが愛する人のために持ち込んだのだという。七色の花は、氷河の中にあるため、ルンルン一行は、ヨハンのソリに乗せてもらうことになった。
  • ルンルンが、ソリの準備を待っていると、カールが通りがかる。しかし、話が噛み合わず、そこで初めて、ソリをぶつけた犯人(カール)とヨハンを、取り違えていたことに気付く。ルンルン達はヨハンのソリで出発。
  • 一方、この様子を見ていたヤボーキは、七色の花を横取りしようと、カールをそそのかす。トゲニシア、ヤボーキは、カールのソリでルンルン達を追いかける。こうして、レースが始まった。
  • カールは、またもヤボーキにそそのかされ、ルンルン達のソリを転倒させる。トナカイは骨折。ヌーボにソリをひかせるも、へたばってしまい、完全に引き離される。そこでルンルンは、花の鍵でスキーヤーに変身、トゲニシア達を追いかける。
  • そうこうしているうちに吹雪になる。視界がきかなくなってしまったが、ヌーボの鼻が大活躍。いつの間にか、トゲニシア達を追い抜き、とうとう七色の花を見つける。花は氷漬けになっていた。
  • しかし、後からやってきた、カール達と花のとりあいになり、その弾みで、花が地面に落下。氷が割れると同時に、花は七色の輝きを失う。実は、氷がプリズムとなって、七色に輝いていただけなのであった。
  • 二人は、先ほどのレースのことで、喧嘩を始める。ルンルンは「勝負なら、正々堂々とトナカイレースでやるべきよ!」と止めに入るが、二人は耳を貸さない。取っ組み合いをしているうち、勢いあまって崖から落ちてしまう。まずルンルンが、ヨハンを助け、次にヨハンがカールを助ける。カールは、ヨハンの手につかまりながら、「兄さん」と呼んだ。
  • トナカイレースを見送るルンルンだが、その結果を確かめること無く、イギリスへ旅立った。イギリスは、バイキングが持ってきた七色の花の故郷だからだ。一方、レースは、タッチの差でヨハンが勝つ。カールは最初悔しがるが、すぐに思い直して、ヨハンを祝福した。
  • 花言葉 ~はなだいこん(競争)~ セルジュ、双子に渡す。二人は、ルンルンのお蔭で恨みっこなしの素晴らしいレースができたことを感謝する。

鑑賞

  • ソリをぶつけたという相手の負い目を利用して、ルンルンが、かなり強引にヨハンにソリをひかせようとします。ルンルンに負い目を作ると、骨までしゃぶられそうな勢いです。
  • 落ち着いた性格のヨハンと、負けん気の強いカールの対比が面白い。ヨハンは、ソリをぶつけた犯人がカールであることを内心知りながら、ルンルンの勢いに負けて、道案内をさせられてしまいます。一方、カールは、被害者のルンルンに対し、「そっちがボヤボヤしてるのが悪いんだよ」と、自己責任論をとなえます。
  • ルンルンは、スキーヤーの姿のまま、崖登りまでしています。花の鍵(新)には、タイムリミットがある筈ですが、大丈夫なのか?
  • ルンルンの服、サンタクロースみたい。

登場キャラクター

  • ルンルン・フラワー: 岡本茉利
  • キャトー: 白石冬美
  • ヌーボ: 神山卓三
  • セルジュ・フローラ: 水島裕
  • ヤボーキ: はせさん治
  • トゲニシア: 喜多道枝
  • その他のキャラクター: 双子の兄弟(兄:ヨハン、弟:カール)、物知り爺さん
  • その他の声の出演: 田中秀幸、曽我部和行、宮内幸平
  • ナレーション: 喜多道枝

スタッフ

  • 脚本: 城山昇
  • 原画: 田代和男、瀬尾隆
  • 動画: 横川たか子、斉藤靖子、米山幸子、青井清年
  • 背景: みにあーと、渡辺紀子
  • 仕上: 相沢道子、加藤幸子、遠藤真弓
  • 特殊効果: 中島正之
  • 撮影: 森田俊昭
  • 編集: 祖田富美夫
  • 録音: 波多野勲
  • 音響効果: 伊藤道広
  • 選曲: 宮下滋
  • 記録: 樋口裕子
  • 製作進行: 小川武司
  • 美術: 田原優子
  • 作画監督: 田代和男
  • 演出: 山本寛巳
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|