メニュー



色んなこと



外部リンク



リンク



他のサービス





ここを編集

更新履歴

取得中です。
ここを編集

HPで利用できる画像

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Wikiを含め、ホームページで利用できる画像は、概ね3種類です。

  1. GIF(ジフ)ファイル
  2. JPEG(ジェーペグ)ファイル
  3. PNG(ピーエヌジー)ファイル

名称 拡張子 用途
GIF .gif
.GIF
256色以下のイラストや案内図などに利用されることが多い。また完全な透過色も利用できるという特徴もある。複数のGIF画像をまとめてパラパラアニメのように表示させる、GIFアニメもある。
JPEG .jpg
.JPG
.jpeg
.JPEG
主にデジカメ写真などをHPに貼り付ける際に利用される。色数が多くなってもあまりデータ容量が大きくならないという特徴を持つ。
PNG .png
.PNG
そもそもGIFの特許問題を回避するためにオープンで利用できるファイル形式として開発された。色数に応じてデータ容量が大きくなるのが特徴で、イラストにも写真にも利用できるが、可逆圧縮なため、圧縮率はあまり高くない。段階的な透過色も利用できるが、まだ対応していないWebブラウザもあるのが実情。

多くのケースでは、イラストはGIF、写真はJPEG、少し色数の多そうなPC画面のスクリーンショットなどは、PNGといった使い分けでいいでしょう。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|