メニュー



色んなこと



外部リンク



リンク



他のサービス





ここを編集

更新履歴

取得中です。
ここを編集

テーブルを作る

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テーブルとは、いわゆる一覧表のことです。EXCELなどの表計算ソフトを利用したことのある方でしたら、すぐにピンと来ると思いますが、1行の中に一塊の関連付けられたデータが列挙され、それらが複数行ある、という構造のデータをまとめる際に利用されます。

テーブル構造

HTMLでこのテーブルを記述するのは、結構大変ですが、Wikiではとても簡単に記述できます。書式は以下のとおり。

【Wikiでの記述】
|項目1|データ1-1|データ1-2|
|項目2|データ2-1|データ2-2|
|項目3|データ3-1|データ3-2|

【出力】
項目1 データ1-1 データ1-2
項目2 データ2-1 データ2-2
項目3 データ3-1 データ3-2

氏名 性別 アドレス
くらもち 阿見町

といった具合で、「 | (ヴァーティカル・バー)」を升目の仕切りに見立てて、EXCELでいうところのセルのような表示を得ることが出来ます。

見出しデータ

テーブルの利用法としては、名簿や集計データなどを記載することが多いのですが、そういったデータには、たいてい見出し行や見出しとなる項目があるものです。HTMLでもそのようなデータが入るセルは特別なタグをつけるのですが、Wikiでもそれを利用することが出来ます。

項目1 データ1-1 データ1-2
項目2 データ2-1 データ2-2
項目3 データ3-1 データ3-2

左端の見出しデータだけが太字になっていることが分かると思います。この表示を得るには、Wikiでの記述は以下のようになります。

【Wikiでの記述】
|~項目1|データ1-1|データ1-2|
|~項目2|データ2-1|データ2-2|
|~項目3|データ3-1|データ3-2|

ご覧のとおり、見出しデータの入るセルの「 | 」が「 |~ 」に変わるだけです。

セルの結合

また、EXCELでいうところの「セルの結合」もできます。
データ一覧
項目1 データ1-1 データ1-2
データ2-1 データ2-2
項目3 データ3-1

横方向に結合させたいときには、左に位置するセルに「 > (グレーターザン)」だけを記入すると、続くセルに結合されます。

また、縦方向に結合させたい場合は、下に位置するセルに「 ~ (チルダ)」だけを記入すると、上のセルに結合されます。

【Wikiでの記述】
|>|>|データ一覧|
|項目1|データ1-1|データ1-2|
|~|データ2-1|データ2-2|
|項目3|>|データ3-1|

ただ、残念なことに、まだ上記の「見出しデータ」との併用には対応していないようです。単に升目のきり方を制御できるだけ、という利用法に限定されそうです。

ちなみにHTMLで記述すると、細かい点が自由にレイアウトできます。

データ一覧
見出し1 データ1 データ2
データ3 データ4
データ5 データ6
見出し2 データ7

ちなみにHTMLソースはこんな感じです。けっこう煩雑ですね。

<div style="text-align:center">
<table style="width:300px;margin:auto">
<tr>
<th colspan="3" style="color:white;background:#333333;">データ一覧</th>
</tr>
<tr>
<th rowspan="3" style="color:white;background:#999999">見出し1</th>
<td>データ1</td><td>データ2</td>
</tr>
<tr><td>データ3</td><td>データ4</td></tr>
<tr><td>データ5</td><td>データ6</td></tr>
<tr>
<th style="color:white;background:#999999">見出し2</th>
<td colspan="2">データ7</td>
</tr>
</table>
</div>


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|