1回の飛翔のための千回のジャンプ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一回の飛翔のための千回のジャンプ」ブライアン・オーサー

  • 誤書の自叙伝
  • 2009年8月韓国にて発売
  • 価格は1万2千ウォン
  • 全240ぺージ中約30ページがヨンよのエピソード


一番上オレンジの文字 「最高に挑戦するキムヨンアの為の、誤書コチの美しい同行」

帯「最高のスケーターになることが私の人生の一番重要な目標だった。
しかし今の目標は、最高になることを望むヨンアに、私が持つ全てを分け与えることだ」

内容

2007年世界選手権大会で...
特にマスコミでヨンと競争者で縛って,比較することを楽しむ日本の浅田真央が
公式舞台でトリプル アクセルをお目見えしたので人々の関心はより一層大きくなければならなかった。

だがヨンと私は共にプログラムを整えて,トリプル アクセルを抜くことに決めた。
'ミスタートリプル アクセル'と呼ばれるコーチとともにしながらトリプル アクセルをしないとは,
人々がいぶかしがるだけのことはあった。

事実ヨンは私とともに練習をしながら実際にトリプル アクセルを練習したし,実際にすることができた。
彼女が初めてトリプル アクセルを試みた年齢は十才余りだった。
だがその過程で負傷に遭ったのがヨンには大きい恐れで残っていた。

しかし浅田真央も出場する大会で自身ができる核心技術を抜くということもそんなに簡単に決定できることではなかった。
それでヨンは毎度失敗をしながらもトリプル アクセルを試みただろう。

私はそれを果敢に抜くことにした。私はトリプル アクセルを世界で二番目にやり遂げたし,
誰よりも正確にやり遂げることができるコーチであった。 いつでも時間を入れて,
負傷の危険なしにゆっくりヨンアルル教えることができた。 それで焦燥感を出す必要がなかった。

私はヨン坊やトリプル アクセルをしなくても世界選手権大会で優勝することができると確信した。
大会は妙技を見せる試合でなく,スポーツで芸術家フィギュアスケーティングという一つのプログラムを見せることが目的だ。
それなら彼に合う戦術を探せば良いことだった。

負傷の危険を甘受しなくてよく駆使できる長期を整えて,最高の作品を見せることが当時には最善の戦術だった
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。