仲直りイメプレ編01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[朝]

幼「おはよ」
俺「待テ今夢見タカラ話スト忘レルカラゴメンネ」
幼「なんでカタコトなのよ

 ◇

俺「おはよう」
幼「どんな夢見たの?」
俺「草原だったか荒野だったか、見晴らしの良い場所にいるんだよ。
  どこかから『ティナのテーマ』が流れてるんだ、FF6の。分かる?」
幼「うんにゃ」
俺「♪ぴょこぴょこぴょーん
   ぴょこ ぴょんぴょーん
   ぴょこぴょこぴょーん
   ぴょこ ぴょんぴょーん
   ぴょこぴょこぴょーん
   ぴょこ ぴょんぴょーん
   ぴょこぴょーん
   ぴょこぴょーん」
幼「出来れば着メロで頼む」
俺「これ」
幼「これ道端の音楽じゃないんだ?」
俺「道端っておま。せめてフィールド音楽って言え」
幼「あはは。それで夢は」
俺「えー……っと。
  ああ、だからその『ティナのテーマ』が流れてるんだって」
幼「うん」
俺「……」
幼「……」
俺「え?」
幼「終わりかよ!」
俺「いや、レストランで飯食って」
幼「大草原じゃなかったのか?」
俺「大草原の小さな店」
幼「パクりじゃないか」

 ◇

俺「パティが『ここは出させてもらいます。そりゃ今の俺は金ないすけど今日だけは奢らせてもらいますです!』って言ってさ」
幼「パティって誰だよ」
俺「シーフの方の」
幼「どっちの方でも知らねえよ」
俺「こいつだ」
幼「女じゃん」
俺「それは多分『シーフはですます調の俺っ子が一番かわいい』という俺の趣味がもろに入ってしまってそうなってる」
幼「頭痛くなってきた」
俺「それで店出て、少し歩いたらお前が石に躓いてべちゃっと転んでさ」
幼「私いるのかよっ!?」
俺「お前怒っちゃって、『石ころのくせにー!』って言って魔法で石を消し炭にしちゃうんだよ」
幼「魔法ってなんだよ」
俺「そしたら従業員が『おい、今の上級魔法みたか。あれもしかして……』『ああ、魂を貫く女王……』『もし機嫌を損ねたら俺達も一瞬で……』みたいに超びびってるわけ」
幼「なんでそんな有名なのよ」

 ◇

俺「お前が『……聞こえたわよ』って店を振り向いて、俺とパティでしがみついてまあまあって止めて」
幼「そんなに短気じゃないでしょ私」
俺「止めてる内に俺がおっぱい揉んじゃってビンタ魔法でぶっ飛ばされてさ」
幼「ビンタ魔法って何?」
俺「なんかビンタをしつつ手のひらで魔法もかけるという、俺用に編み出した魔法剣的なスキルみたいだぜ」
幼「変なもん編み出させるなよお前」
俺「そんで『今日はいつもみたいに地面に激突する前に止めてやらんからな』って言われて、地面スレスレでもうこれ死ぬだろってとこで止めてくれた」
幼「優しいなあ私って」
俺「その後はよく覚えてないが、お前に敵の盾にされたりひどいめにあった」
幼「敵とかいるんだ」
俺「まあ俺は勇者だからな」
幼「勇者!?
  私に盾にされてるのに!?」
俺「お前が強すぎるんだよ。おかしいだろお前」
幼「なんで勝手に変な夢見られて私が怒られるの」

 ◇

幼「いつもそんな夢なの?」
俺「ゲームっぽい夢が多いかもな。やっぱりゲームが好きなんだろうな」
幼「ふーん」
俺「お前のおっぱい揉めないからせめて夢の中で揉んでやったぜ」
幼「おっぱいなんてそんなに揉みたいの?」
俺「揉みたいよそりゃ」
幼「飽きないの?」
俺「飽きるもんか」
幼「揉む?」
俺「痛くないの?」
幼「痛いから我慢してって言ったらどうする?」
俺「我慢する」
幼「辛くない?」
俺「辛い」
幼「口とかでしてほしい?」
俺「正直ね」
幼「してあげよっか?」
俺「今?」
幼「今じゃない、今日の夜」
俺「いや、でもただでさえ辛いのに口とか悪いよ」
幼「でも、なんか大きくなってない?」
俺「してあげよっかって言われただけでも嬉しくて」
幼「変態」
俺「だってさ」
幼「何よ」
俺「嬉しいじゃん」
幼「バカ」
俺「その気持ちだけで嬉しいよ」
幼「でもしてくれたらもっと嬉しい?」
俺「いや、足だけ貸してくれればすぐに済むよ」
幼「なんか足だとすんごい早くない?」
俺「まあ我慢しなくて良いからね」
幼「足の方が好きなのかと思った」
俺「お前の体はどこでも好きだよ」
幼「変態」

 ◇

[帰り道]

幼「おい」
俺「ありっ、おかえり」
幼「歩きながら携帯いじってニヤニヤしてんなよ」
俺「お前ご飯は?」
幼「まだ」
俺「じゃあたまには食べて帰ろうか、大変だろ?」
幼「何よ、怒られるようなことでもしたわけ?」
俺「いや、ほら、体大丈夫かなって……」
幼「ああ……お前心配しすぎだろ毎回」
俺「男は体感出来ないから慣れないんだよ」
幼「何か食べたいのある?」
俺「……微妙」
幼「ラーメンとかでも別に良いよ。あの流行ってるとことか」
俺「いや、俺ラーメンはあんまり好きじゃないんだ」
幼「えっ、前食べてなかったっけ?」
俺「いつ?」
幼「店で」
俺「ああ、あれはタダだしな。あれ九百円だったら食べないよ。
  ファミレスのちゃちいラーメンとかなら好きなんだけどね。
  行列出来てる店とか、あと千円する店とかで満足したこと一度もないんだよ。
  よっぽど290円のチャーシュー一枚のラーメン屋さんの方が美味く感じる」
幼「味覚がおかしいよね絶対」

 ◇

俺「具がどばどば入ってる店なんて、こんなに入れるなら安くしろって思う」
幼「チャーシュー五枚とかよく食べられるよね」
俺「カップラーメン三つ食べた方が安くて美味いと思う。この前会社で最近のカップラーメンを見てびっくりしたよ、麺が普通のラーメンの麺なのな」
幼「んー、カップラーメンにしようか?」
俺「あ、いや別になんでも良いんだぞ。もしかしてあのラーメン屋行ってみたかった?」
幼「ううん、混んでて狭いとこ嫌いだし」
俺「カップラーメンで良いなら良いよ」
幼「じゃあスーパー行こう」

 ◇

[スーパーカップ麺売り場]

(スーパーカップの麺じゃないよ、スーパーのカップ麺だよ)

俺「ほら、行列の出来る店のラーメンでも百五十円とかじゃん。並んでる奴らバカだろこれって」
幼「味違うってアホが」
俺「あ、冷凍食品見たいんだけど」
幼「どうせ私のオカズより冷凍食品の方が美味しいですよ」
俺「いや、俺あれが食べたいんだよ。英語のポテト」
幼「英語のポテトって何さ」
俺「ポテトがAとかCとかの形になってるやつ。あれが大好きでさ子供の頃」
幼「そんなのあったわね……」
俺「今は給食に出るらしいよ。良いよなあ」
幼「子供か」

 ◇

[冷凍食品売り場]

俺「英語のポテトなくない?」
幼「ないね」
俺「なんでないの?」
幼「知らんが」
俺「じゃあこのギザギザのポテトで良いや」
幼「お前自分で出来るんだから作れよポテト」
俺「それじゃあハッシュポテト買ってよ。これも好きなんだ」
幼「えー」
俺「お願い」
幼「お前金持ちなんだから自己負担で買えよ」
俺「……」
幼「ふふっ」
俺「……買ったら作ってくれる?」
幼「良いよ。ってかチンするだけだろ多分」
俺「じゃあ買う」
幼「珍しく買うんだ」
俺「珍しいか?」
幼「いつもアイスかお菓子買ってって言うけど、自分で買えって言うと買わないじゃん」
俺「そうだ、アイス買ってよ」
幼「言わなきゃ良かった」
俺「アイスアイス」
幼「うるさい」
俺「じゃあハートチップル」
幼「自分で買え」
俺「ママのケチ」
幼「誰がママだ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。