日常編C


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/02/18書き込み]

姉【奇跡や!!】
俺【奇跡は起きないから奇跡って言うんですよ】
姉【神様や!!】
俺【神様はいない
  だって】
姉【祈ったもん
  想いが届きますようにって】
俺【祈ったもん】
姉【祈ったもん】
俺【ダーリン】
姉【ダーリン
  じゃなくてさ】
俺【はいな】
姉【行きたい会社にダメ元で突然訪問した件。
  アポなしで行ったの。
  上の人が出てきて「おまえ誰(゚Д゚)」という感じだったけど、構わず雇ってほしいと懇願したの。
  そしたら来週面接してくれるらしい。
  「僕は火曜日の午後しか大阪にいないんだ。これも何かの縁だね」と笑ってくれた。
  後でわかったけど彼は営業本部部長だったらしい。
  落ちても受かっても良いや。
  こんな常識ハズレを面接してくれるんだから。
  本当に有り難いや(T^T)
  行動して良かった。】
俺【ああそう…(AA略】
姉【ただ気になるのが
  今求人出してないのに面接するんだよね。
  いつから働けますか?とか聞かれたり。】
俺【お前「ここで働きたいんです!」
  部長(今人手は足りてるからあ…)
  お前「お願いします!」
  部長(はっ!この目…俺の若い頃のやる気に満ちた目にそっくりだ!…これも運命か)
  部長「よし、面接やろうじゃないか!」
  お前「ありがとうございます!」
  部長(ふふ…来週が楽しみだぜ)

  第二話へ続く】
姉【来週第二話を書いてくれ(・∀・)
  残しておくよ】
俺【今書いても良いぞ】
姉【じゃあ受かったverと落ちたverをよろしくおながいします】
俺【受かった方

  お前「こんなところで面接するんですか?」
  部長「くく…」
  お前「何するんですか、やめてください!こういうことなら帰らせてもらいます!」
  部長「何をいまさら…君も分かってて来たんだろ?」
  お前「違います!私はあの会社で仕事がしたいだけです!」
  部長「その言葉が聞きたかった!」パチパチ…
  お前「え…?」
  部長「演技だよ。君の本気を見せてもらいたかった」
  お前「じゃあ…?」
  部長「合格だ!明日から頼むよ!」
  お前「明日からは無理だろ常識的に考えて」

  落ちた方

  お前「こんなところで面接するんですか?」
  部長「くく…」
  お前「何するんですか、やめてください!こういうことなら帰らせてもらいます!」
  部長「何をいまさら…君も分かってて来たんだろ?」
  お前「違います!私はあの会社で仕事がしたいだけです!」
  部長「だったら不採用だぞ、良いのか?」
  お前「こっちから願い下げです」
  部長「ふん、せいぜい後悔するんだな」
  お前「後悔なんてしない…たとえ泥水をすすってもプライドは捨てない!
     それがあの人との約束でもあるから!」
  部長「あの人って誰だよ」】
姉【ワロタw笑
  本気で書けやw】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。