B


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「うーん……二つ仕返し考えたけど、みおに聞いてみないとヤバいな。
  怒られるかもしれない」
幼「怒られると思ったらやるなよ」
俺「みおと話し合って、夜に電話するよ」
娘「分かった」
俺「もし電話に出なかったら両方やるからな」
娘「こわっ」

 ◇

夜遅く。

娘「もしもし」
俺「おー、ちゃんと出たな」
娘「だって絶対電話出ろって言ったじゃん」
俺「今、自分の部屋で暇?」
娘「うん」
俺「お前にもらったハンカチさ、あれを洗ってくれない?」
娘「え、それだけで良いの?」
俺「優しいだろ」
娘「洗うだけ?」
俺「うん、今から汚れちゃうからさ」
娘「へ?」
俺「これからハンカチに射精するんだよ」
娘「え!?」
俺「射精したら真空パックしとくから」
娘「なぜそんなことを」
俺「本当は娘に射精したいんだけどそれはマズイからハンカチで我慢」
娘「我慢の仕方が間違ってる」
俺「あー、娘のハンカチめちゃくちゃ気持ち良いや」
娘「ええっ、嘘でしょ!?」
俺「いや、娘とセックスしてるの思い浮かべてるからすごい気持ち良い」
娘「つーかそんなこと言ってて大丈夫なの?
  今みおさんいないの?」
俺「電話する前からみおにハンカチごしに手で奉仕させてる状況」
娘「何させてんの!?」
俺「だってみおにも仕返ししなきゃ。絶対に口出しするなって言ってある」
娘「ひっど」
俺「え?
  俺のこと大好きって?」
娘「言ってねーよ!」
俺「え?
  愛人でも良いから?
  そんなにエッチしたいの?
  じゃあ今度してあげるよ」
娘「だから言ってねーよ!」

 ◇

俺「ふふ、みおの顔が嫉妬してる」
娘「性格わっるー」
俺「あー出そう。みおなんかとセックスするより娘とセックスしてる妄想する方が全然良いからもう我慢出来ないや」
娘「本当に出るの?」
俺「うん。イクとこ聞いててくれる?」
娘「えっえっ」
俺「娘に聞いててほしいな」
娘「わ、分かった」
俺「ありがと。娘はみおと違って優しいね。すぐにイクからね」
娘「ん……」
俺「はあー、はあー……。
  娘の体に出す妄想でイクよ……どこに出してほしい?」
娘「好きなとこに出して良いよ……」
俺「中でも良い?」
娘「良いよ……」
俺「じゃあ中にちょうだいって言って」
娘「中にちょうだい……」

よしっ!
「中にちょうだい……」の音声の録音に成功したぞ。

俺「娘の中に出すよ、出るよ……。はあはあ、聞いててね……。
  んっ、んんっ。出るよっ!
  ああっ!!」
娘「……」
俺「イッちゃった……」
娘「うん……」
俺「気持ち良かった」
娘「そうか……」
俺「ありがとね、ごめんね」
娘「ううん、大丈夫……」
俺「はは……。予定よりかなり暴走した結末になっちゃったから、みおに謝らなきゃ。
  本来は実況なんてするつもりじゃなくてさ」
娘「あ、じゃあ切るね」
俺「いや、そんな慌てて切らなくても平気だよ」
娘「ううん、みおさんかわいそうだし切る」
俺「そう?」
娘「うん。じゃあね」
俺「じゃあまたね」

 ◇

俺「浮気同然のことされてんのに何コレ」

電話を切って早速みおの股間に手を伸ばす。
パンツをずらしてわざと激しく指でかき回し、くちゅくちゅと音を立てる。

幼「ひゃん、違うの……」
俺「あんなことされて悔しくないの?」
幼「悔しい、悔しいけど……」
俺「マゾだから興奮しちゃったの?」
幼「してない……」
俺「じゃあなんだよこれは」
幼「んううっ!」
俺「犯してほしいか?」
幼「犯してほしいです……」
俺「でも、みおの体にも飽きたしな」
幼「お願いします」
俺「じゃあ、俺イッたばかりだからエロいおねだりしねーとダメだぞ。
  股を広げてオナニーしながらおねだりしてみ」
幼「はい……」
俺「もっと広げろよ、マゾなんだから見られるの好きだろ」
幼「恥ずかしい……」

こうして、みおにも娘にも十分過ぎるほどの仕返しをしたのだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。