※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 パーツの信頼性に関する追加の要素として、企業刻印付きパーツ=信頼性が高いパーツ、という扱いにする。
 企業刻印付きは、購入難易度は高いが、維持難易度は低い、というイメージ。企業製か、バルク品か、というイメージ。

 アーマードコアなど、ロボものでは、そのパーツを、どこの企業が作成したか、というのが非常に重要な要素として使われている。
 下手な使い方は、ただのフレーバーとしてしまう方法。こういった使われ方をしているゲームでは、その存在が忘れられがちになる。

 パーツそれぞれに、同企業製の別のパーツと組み合わせて使うと、より効果が現れる、という追加データを仕込んでいるゲームもある。
 これを、もう少し考えることを少なくできるよう、ロボの最低構成パーツ(フレーム、と称する)を同じ企業製で揃えていると、各企業ごとに設定された、企業ボーナスが付く、というのはどうだろう?
 この考え方の難点は、採用することによって、ごちゃまぜのパーツを使ったロボの存在を否定すること。
 「いくつ以上のパーツを」とすると、装備数が多い装甲や、駆動装置にいろいろな企業製品を使って抜け穴にするプレイヤーが現れる。
 そう考えると、各武器毎に「~企業の~パーツと組み合わせて使うと、ボーナスが」という個々の対応が、やはり一番良さそうに映る。
 できれば、わかりやすく企業色を説明できるデータが欲しいんだけどなぁ...