絶対機動GRONシステム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

絶対機動GORNシステム (ぜったいきどうぐろん -) は、作者へろの見た夢、
及びそこから派生したオリジナルストーリーからなる小説。


概要



今からずっと先の未来、黎明期と呼ばれる時代を舞台に
四人の少年heLo、ロン左近、鰹武士、ハードボイルドドクターがパイロットとして戦い、
時代に翻弄されながらも強く生きていく様が描かれる。

この物語は、作者のへろが見た夢に端を発す。
ある日突然見た不思議な夢。その薄れることのない記憶の中の映像を作者が文章に起こし、
“昨日見た夢”としてインターネット上での連載形式で知人に公開したところ
その、夢と呼ぶにはあまりに緻密な設定、且つ壮大な“物語”は
知人間のみでこそあれ、作者の元来の文章力とも相まって大きな反響を呼んだ。

その後、その“物語”(後に『 GRON the origin 』と呼ばれる)は一応の完結を見たが
今度はそこからヒントを得た作者が、夢の設定を生かしつつも完全オリジナルの小説を執筆。
2009年7月現在、『 GRON EpisodeONE 』と呼ばれるこの小説は完成しているが
現時点ではまだ読者の目に触れる機会はない。
また、上記2作以外にも作者の頭の中には様々なアイディアやストーリーがあると考えられる。

加えて、常々作者が構想していた本シリーズのボイスドラマ化が現在進行中である。
現状では仮台本が出来上がり、協力者を募りながら少しずつ配役も決定していっている。
ちなみにこの仮台本は『 GRON the origin 』を元にし、ややそのストーリーに修正を加えた内容となっている。


ストーリー


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。