※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――世界の秩序は壊れていた。

権力が数十の絶対的な勢力に分化し、それぞれが世界の実権を握ろうとする。
ネイション(人民)は、支配者を選び、従うことを厭うことも出来ない、荒廃した時代。

人々は、今を第二次黎明時代、『黎明期』と称した。



絶対勢力“OGRON”。

遙か起源を辿れば日本の警察から派生したこの勢力は、
絶対勢力の中では珍しく絶対主権者を個人に持たない国民主権の勢力であった。
それゆえか、このOGRONに所属するネイションはこの荒廃した時代においても
伸び伸びと生活していた。



しかし、ネイションの数をその勢力の強さの示準としていたこの時代、
OGRONの勢力指数は非常に低かった。

理由は、その勢力範囲の狭さ。
OGRONの勢力範囲は最大指数を示すガレン公国の何十分の一にも満たなかった。
問題なのはこのガレン公国がOGRONと隣接しているということで、
もしガレンが本気で動けばOGRONはひとたまりも無いであろうという不安。
また、それに伴う圧倒的な兵力不足。
臨戦状況とは思えないOGRONの実動戦力は、なんと機動兵器が四機のみ。



しかし、OGRONはそんな過酷な状況を、生き延びていた。

他の勢力を圧倒する性能を誇る機動兵器、“GRONシステム”の開発。
搭乗するのはなんと、四人の“少年”。



時代に翻弄されながらも、それぞれが生きることを決めた。

これは、そんな少年達の物語である。――..












@wikiへようこそ

  • ウィキはみんなで気軽にホームページ編集できるツールです。
  • このページは自由に編集することができます。
  • メールで送られてきたパスワードを用いてログインすることで、各種変更(サイト名、トップページ、メンバー管理、サイドページ、デザイン、ページ管理、等)することができます

まずはこちらをご覧ください。


分からないことは?

等をご活用ください

@wiki助け合いコミュニティの掲示板スレッド一覧

#atfb_bbs_list

その他お勧めサービスについて


おすすめ機能


その他にもいろいろな機能満載!!


バグ・不具合を見つけたら? 要望がある場合は?

お手数ですが、メールでお問い合わせください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。