※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男(女ってキレイだなー)
女「・・・・」
男「んっ?ど、どうしたの?女」
女「そんな事思ってるなんてな」
男「えっ!?(もしかして声に出てた?)」
女「・・・照れるよ」

男「ババ抜きしよーぜ!女」
女「ああ、いいぞ」

男「また負けた・・・もう一回!」
女「ふっ何回やっても同じだよ」
男「なんでだよ?」
女「右から三番目はきをつけなきゃな」
男「ん・・・(ジョーカー!?あ、当たってる)」

ク「…………………」
 「(な、何だ!? なんかすんごい睨まれてる……)」
ク「………………………」
 「(俺何かしたか!? 顔、顔に何か付いてる!?)」
ク「………………………………………」
 「(何故だ!? 何故あいつは俺を睨んでいるのだ!?)」
ク「それは私があなたを好きだからです」

女「急に買い物に付き合ってくれなんてな」
男「あ、ああちょっとな」(まさかオーケーしてもらえるなんて)
女「そんなに嬉しい?」
男「べっ別に!ただ誘うやつが他にいなかっただけだよ!」
 (嬉しいに決まってんじゃん)
女「キミは素直だな」
男「/////」
女「・・・私もうれしかったよ」

風が吹いてスカートがめくれる
女「わっ!」
男「・・・!(白!)」
女「見たな。」
男「見、見てないよ全然!(うひゃー、家に帰ったらブっここー♪)」
女「死ねよ。」

女「・・・スースー」
男「(寝顔も可愛いな~)」
女「・・・ん~、そんなこと言われると照れるってばぁ・・・」
男「え!?」
女「・・・スースー」
男「寝言?それ以前に俺声に出した?」

男友A「なあ男、きのう女となにしてたんだよ」
男「!?別に、ただ服見たりしただけだよ」
A[ホントかぁ~?他に何かあったんじゃねえの」
男「だから何もないって」

男(あ~女といい雰囲気になったらかぁ~・・・フヒヒ)
女「キミはいやらしいことを考えると顔に出るな」
男「/////」
女(・・・言ってくれれば私は別にいいのに)

先生「女君、あとで職員室に来てくれないか」(女はきれいだな~フヒヒ)
女「・・・・」
先生「分かったかい?」(こんなきれいな顔を・・・フヒヒヒ)
女「先生、セクハラって犯罪で禁止されてるのご存知で?」
先生「え・・・・」

男「おはよー」
女「おはよう」
男「(お、女髪型変わったかな? 前より可愛くなったかも)」
女「♪」
男「な、なんでそこで笑うんだ?」
女「別に、嬉しいことがあっただけ」

男「・・・・・」
女「・・・・・」
男「・・・・・」(女ってやっぱキレイだな・・・)
女「・・・ふふ」
男「やった俺の勝ち!にらめっこ弱いな~女は」
女「キミには勝てないよ」
男「どうした女?顔が赤いぞ?」

男「(もうすぐ、女の誕生日か……なにかプレゼントを買わないとな)」
女「(へえ、そういうことに無関心そうなのに、意外だな)」
男「(でも、今月はちょっとサイフがピンチなんだよな)」
女「(いや、無理をする必要は全くないんだけどな)」
男「(……そうだな、なにかしゃれた文房具みたいなのでいいかな、さっそく
   今日の帰りに買いに行こう)」
女「(ん、ちょうど、ペンケースが欲しかった所だ、いいかんじ、男!)」
女「♪~」
男「な、なんだ鼻歌なんか急に」
女「嬉しいときは素直に喜ぶものだ」
男「まあ、なにかあったんなら、よかったな」
男「(あー、来月は、女友の誕生日だな……そっちには何あげようかな)」
女「……」
男「女さん、なんで一瞬で不機嫌になってますか?」

~出逢い編

クラス男1「(お、この女、かわいい)」
クラス男2「(お、この女、胸でけえ)」
クラス男3「(おっぱい、おっぱい)」
クラス男4「(セクロスしてえ)」

女「はぁ……男子ってのはみんなこうなのかね
  こんな能力もってなければ良かった」

  (ん。なんか無愛想な女だな)

女「(……誰だ、今のは)」
男「よう、今日から隣の席だ、よろしくな」
女「……ああ、よろしく」
男「(なんだ、顔のつくりはいいのにな……笑えば可愛いだろうな)」
女「……」
男「顔芸! 飛行機から降りた直後のライス長官!」
女「ぶw というか、分かりにくいだろ、それは」
男「(お、笑った。思った通り可愛いじゃん)」
男「そんなわけで、よろしくな」
女「どういう訳だか分からないが、まあ、仲良くやっていこう」
女「(……面白い男だな、こいつは)」

男「じゃあな」
女「ばいばい……」
女友「またあしたねー」

女「(はぁ、これでまた明日まで男とは逢えないか……)」
女友「うーん……そこまでションボリされると、こっちが困るっていうか」
女「ん? 何のことだ?」
女友「いや、男のこと好きなのは分かるんだけど」
女「!!」
女「(な、なんで分かった? もしかして、女友も私と同じ能力が?)」
女友「そんな驚かないでよ、きっとクラスの女子は、みんな分かってるから」
女「(し、しかも、クラスの女子全員!?)」
女「そ、そうか。恐ろしいクラスだな、ここは……」


女友「男にだけ笑顔で話してたら、誰でもわかるんだけどなあ……」

男「よう!おはよ~。
  (さあ今日も始まりました憂鬱な学園生活!!
   良い事といえば友達との馬鹿話と昼飯、そして隣の女の笑顔くらいのもの!!
   そして今日は月曜日!!
   一週間で一番憂鬱ではありますが三日ぶりに女に会えることを考えると心が沸き立ってまいります!!
   その様はまるで最盛期のヨン様フィーバーのごときもの!!
   熱狂的に荒れ狂う灼熱のフラメンコ!!
   にやけてくる頬の緩みを抑えるのに多大なる労力を割かねばなりません!!)」
女「…もう少し静かにしてくれないか?」
男「(聞こえていたかー!?)」
女「だから音量抑えて。」

男「女の髪って長くてキレイだよな」
女「そうか?普通だと思うけど」
男「いや、そんなにいないって」(でも後ろで結ってるほうが似合ってるな)
女「・・・ふーん」

次の日
男「おはよう女、あれ?」
女「おはよう、どうした?」
男「髪結ったんだ」(やっぱり似合ってる)
女「ああ、ちょっとな」(・・・ふふ)

男「ふぅ…(あー、つかれたなあ)」
女「……(男は、さっき体育の授業で頑張っていたからな、格好良かったぞ)」
男「弁当くうか(まあ、朝食の残りだけどな)」
女「……(にしては、なかなか美味しそうに出来てるな)」
男「(妹の奴、今日は変な罠しかけてないだろうな……)」
女「……(なんだ、罠って……ん? もしかして)」
女「男、その卵焼きが今日のNGだ」
男「……感謝」

男「(思い切って、女をデートに誘ってみようかな)」
女「……(にこ)」
男「(でも、断られると気まずいよなあ)」
女「……」
男「(折角、最近話が出来るようになってきたんだし、あんま
   無理しない方が良いかな?)」
女「……(寂)」
男「(いや、そんな消極的でどうする! 誘ってみるか)」
女「……(喜)」

男「なあ」
女「ん? 週末の予定が空でどうしようか悩んでいた所だったんだけど、何か?」
男「その週末、遊びに行かないか?」
女「……ん、まあ、暇だから付き合おう」


男「(よっしゃ!)」
女「(よっしゃ!)」

~男居眠り~

女「特に際立った思考は無いな、ぐっすり眠っているのだな。」
男「zzzz」
女「普段、心の中が聞こえるせいか、妙に新鮮な気分だ・・・」
男「zzz女・・・好きだ・・・」
女「・・・・不意打ちは卑怯だぞ(///)」

男「なぁ、今度ちょっと買い物行くから付き合ってくれない?」
女「別に良いけど・・・」
男「よし!じゃぁ計画立てとくよ!(勿論買い物の後は夜遅くなるよな…)
女「何いやらしい事考えてるのよっ!!バカッ!///」

男「お前、散髪したんだ?」
女「ああ、ちょっと切り過ぎたかな?」
男「ちょっ、それ、短すぎっっ!」
女「(ムッ!)」
男「(無茶苦茶かわいい~~!)」
女「!!! ……どうも」

男「女ー、一緒に帰るか?」
女「まあ、方角は同じなのだから、嫌と云っても、同じ方向になるな……」
男「肯定とみなした、じゃあいくぞ」

周囲の心声(なんか、男と女、最近、一緒にいることおおくね?)
周囲の心声(実は、ふたり付き合ってるんじゃないか?)
周囲の心声(まあ、お似合いではあるんだが)
周囲の心声(俺のおっぱいが……)
周囲の心声(でも、女ちゃん奥手だしなぁ。男くん苦労しそう)
周囲の心声(だが、それがいい)


男「……で、なんで顔が赤いんだ?」
女「い、いや。なんでもない、それとちょっと急用を思い出してしまった、すまない!」
男「あーあ、いっちゃったよ」



女「……こんな能力いらない(泣」

男「どっちに100円が入ってる!」両手をだす
女「・・・・(右か)」
男「早く選べって(左左左左左)」
女「・・・左かな」
男「残念!右でしたーw」
女「右だったかw(こういう無邪気なところがカワイイんだよな)」

男「・・・(女をデートに誘いたい・・・)」
女「・・・(それは願っても無いな・・・)」
男「・・・(だが、誘って断られたらどうする!?立ち直れないぞ・・・)」
女「・・・(そうか・・・そんなに私のことg)」
男「・・・(女「興味が無い、すまんな」とか言われた日には・・・)」
女「・・・(おいおい、私を一体どんな目で見てるんだ?)」
男「・・・(あまりにリスクが・・・でも誘わなければ進展が・・・)」
女「・・・(男は私のことをそんな目で・・・もしかして周りの人も・・・?)」




クラスメート1「なぁ・・・なにあの二人はそろいもそろって頭抱えてんだ?」
クラスメート2「さぁ・・・お年頃なんじゃね?」
クラスメート3「病院・・・紹介したほうがいいのかな?」
クラスメート2「やめとけ、放っておいてあげるのも、また一つの優しさだぞ。」