※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪魔落ちした騎士×青年貴族


 今も続く初恋の話をしよう。
彼と初めて出会ったのは、小さな廃教会だった。風雨を防ぐ役にも立たない古い建物で、俺
はそこで自分以外の人間を見たことがなかった。
美しい少年だった。侯爵家の跡取りと聞いて納得したものだ。彼は俺が平民だととうに分か
っていただろうし、貴族だからと偉ぶりはしなかった。それでも俺は見栄をはって、自分はい
ずれ国中に名を知られた騎士になってみせる、いずれお前と公の場で話せる身分になる、そう
彼に誓った。彼は喜んでくれたように思う。
それから俺は、週に一度は廃教会を訪れた。月に一度くらいは彼と会えた。俺たちは叙任式
の真似事をしたり、国の未来について聞きかじりの知識で拙い議論を交わしたりした。俺は彼
をロードと呼び、彼は俺をサーと呼んだ。
俺が従騎士になったころ、廃教会はついに取り壊された。俺は彼の名を知らなかったし、知
っていたところで会いに行けるはずもなく、俺たちの繋がりは途絶えてしまった。騎士になろ
う、俺は俺に誓った。
努力をした。それでも足りなかった。どうにか騎士にはなれた、しかし俺はそこまでだった。
国中に知られるどころか、使い捨ての兵隊にしかなれなかった。
明日から国境で戦えと命じられた日、部屋に彼が現れた。初めは夢かと思い、すぐにそれが
悪魔だと気付いた。最後にあった日から、俺の背はずいぶん伸びて、体つきもずっとしっかり
した。彼だけが変わっていないはずはなかった。
悪魔は言った、俺を騎士の中の騎士にしてやろうと。俺は悪魔と契約した。それ以来、俺の
体は軽く、周りの動きは鈍くなった。頭は冴えわたり、敵の奸計を容易く見抜いた。心はひど
く穏やかで、誰にも優しく接する俺はさぞかし善人に見えただろう。
戦場を離れれば、俺は羊のように温厚だった。どんな無礼にも感情に任せて怒ることはなか
った。物欲も薄くなった。女が欲しいと思うこともなくなり、娼館には行かなくなった。勤勉
で、偉ぶらない、優秀な騎士。それが俺だった。ふと自分が色々な感情を失ったことに気付い
たが、彼への思いだけは忘れていなかった。それで十分だった。
俺が今、地位を失い、罪人として裁きを待っているのは、悪魔との契約を知られたからだ。
俺が失った感情の一つ、嫉妬心を持った誰かが、俺の弱みを探していた。妬むことを忘れた俺
に、誰かが俺を妬んでいるなどという考えの湧くはずがなかった。
明日の昼には形ばかりの裁判が行われて、俺に裁きが下される。看守の噂話によると裁判官
は、侯爵の地位にある若い男だという。もしも許されるなら彼に、最初で最期のキスをしたい。

------------------------------------------------------------

今も続く初恋の話をしよう。
彼と初めて出会ったのは、小さな廃教会だった。一人で街を歩いてみたくて、使用人たちか
ら逃げて迷い込んだ、古い建物だった。
美しいひとだと思った。俺が侯爵家の人間だと聞いても、偉そうな態度を変えなかった。こ
こでしか友人でいられないことを残念がる俺に、いつか立派な騎士になって、堂々と友人を名
乗ろうと言ってくれた。
十日に一度は廃教会を訪れた。一人で行くのは許されなかったが、使用人は外で待っていて
くれた。女との逢引ならともかく、身分の違う友人と語らうくらいは構うまい、父はそう言っ
て笑った。父は俺の思いを知っているのではないかと、気まずい思いをした。
しばらくして、廃教会は無くなってしまった。忍び込んだ誰かが怪我をしたという理由だっ
たと思う。お互いの名も知らない俺たちは、繋がりを失ってしまった。それからの俺は、いっ
そう勉学に励んだ。いつの日か騎士として俺の前に現れるだろう彼に、恥ずかしくない自分で
いたかった。
努力を重ねても、どうにもならないことはあった。幾度かの小競り合いと身内の愚かな行い
は、領地をずいぶん小さくした。加えて父が病で亡くなり、俺には落ち目の侯爵家当主という
地位が与えられた。
品の無い囁きや嘲笑に耐えながら陛下への挨拶を済ませ、屋敷に帰ると、寝室には彼がいた。
幻を見るほど俺は追い詰められていたのかと驚いたが、彼は自らを悪魔だと言った。
君の騎士に会いたいかい、悪魔は俺に訊いた。俺は聖水を悪魔にぶちまけてやった。彼に顔
向けができなくなるような手段を使うものか。俺は侯爵でなくなるかもしれない、彼は俺を見
つけられないかもしれない、それなら俺が彼を捜せばいい。傭兵にでもなれば、彼と戦場でま
みえる機会はあるだろうか。
悪魔は去り、二度とは現れなかった。結局俺は生まれ育った屋敷さえ失ったが、名ばかりの
侯爵の名を使い、どうにか職を得た。俺の新たな地位は中央の裁判官で、罪人を捕えることも
ある騎士たちとは会う機会が増えた。俺の目は騎士の姿を追うが、彼らしい人は見つからなか
った。
ある日騎士たちから、堕ちた騎士の話を聞いた。名声のために悪魔と契約したそうだ。この
国は法治国家なので一応裁判にかけられるが、悪魔との契約は重罪である。まして騎士ともな
れば、彼の行く末は処刑台だろう。
悪魔と聞くと、かつて現れた彼の幻影を、君の騎士という言葉を思い出す。悪魔の言葉はや
はり甘い。再会が叶ったならば、俺の騎士、そう呼んで彼を抱きしめることが許されるだろう
か。


深夜営業