※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

512 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 13:27:00 ID:jLxBtE1l

~元老内紛、その少し前、阪神競馬場~

「さぁ、精鋭揃いのマイラーズC!!直線に向いたぁ!!」


ツムリン「さぁ、いくょー☆」

闇「…ちっ、今日はいい闇が出ん…粒子が薄いな。
予約しておくか…冥府へのフライトチケットを」

ツムリン「佑介のまわりは変な人ばかりだね→
いい年してヤバいよおぢさん(笑)」

闇「くく…ほざけ、貴様には一緒に来てもらう。
俺が残れそうに無い以上、前で残られては厄介なのでな」

ツムリン「ぇ…?」

闇「後はまかせたぞ、種、佑介…
ほぉら、貴様のチケットだ…受け取れ…」

ツムリン「凄い邪気…ぁれ、嘘だ、手応えが…?」

闇「さぁ、いくょー☆冥府に、な…カカカ…」



515 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 13:56:22 ID:jLxBtE1l

福島(さっきの副総統の台詞…成程、そういう策ですか。
ふふ…僕の役割も自ずと見えてきましたよ)

福島(今は、佑介を勝たせる流れなわけですね。
おそらく、副総統や総統の手応え如何によっては
本番の佑介の負担を軽くするためにも、負かしにいく流れもあったのでしょうが…)

福島(東の面々にこの思惑が気付かれないかが心配ですね。
勘の鋭い方もいらっしゃいますし)

ポツン「…?」

福島(まぁ良いでしょう、芝居には自信がありますし、佑介のため。
西の皆同様、僕も道化になりましょう)

福島「おやおや、どうやらここまでのようで…」

猿「よっ!!ほっ!!よーし、いい感じだ!!」

福島「んふ?」

516 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 14:14:25 ID:jLxBtE1l

種「っふ、なぜだーのびんぞー」

ポツン「…」

種「くくく、このままではまずいー勝てんー」

ポツン「…何が狙いだ?種」

種「…ん?」

ポツン「種だけじゃなく芸も無いようだな?
…何をする気だ」

種「さァなァ…?」

ポツン「…………そうか、後継者かッ!!!」

種「…」

ポツン「貴様といい、前でニヤニヤしてる闇爺といい…
グルで奴を勝たせる気か!」

種「ほう…?」

ポツン「ふ、何故そちらの後継者を知っているかは教えられんが…
次の本番に向け、弾みをつけさせるわけだな?」

種「…面白い見解だ」

ポツン「カカ…そうはさせん、東のプライドにかけて俺が潰してやる…
また厄介なのに台頭されては困るのでな。
早めに仕掛けて封じるとするか…さぁ、覚悟するがいい…」


ポツン「後継者、川田!!!!」

川田「…ほ、ホイ?」

種(っふ…策は何重にも張り巡らすもの…
悪いがうちの勝ちだ…クククッ…)



517 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 14:26:25 ID:jLxBtE1l

種(だが、将雅がいい所まできたときが問題だな。
この禿は本気の時はとんでもない邪気を放ってくるからな…
もし禿に勝たれてみろ、それこそ…)

種「………ふん、杞憂だったようだ」


福島「ですから、このあたりですこし…」

猿「わかった、つまり、勝てばいいんだね!?」

福島「ええと………いえ、どうやらもう大丈夫なようです」

猿「え?」

福島「来ました、彼が」


藤岡「うおおおおおっ!!!!!!」


519 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 14:41:55 ID:jLxBtE1l

ポツン「藤岡…!?なんだ、どういう事だ!?
俺の読みが外れたのか?ここで後継者には勝たせない、と?」

ポツン「…いや、違う!!西の奴らの、あの邪気は…
期待や愛情、その類の感情が読み取れる…」

ポツン「そうか、そうだったのか…」

川田「さすが佑介だリン」

ポツン「逃さんぞ、真の後継者…藤岡佑介…!!!」


闇「来たか、魂の器を持つ者よ」

種「その邪気は究極、先に見据えるは天下太平」

福島「貴方のためなら喜んでこの身を捧げよう、畏敬王よ」

猿「そして果て無き蒼穹…」

藤岡「皆さん、今見せ場的なトコなんで静かにしてくれませんかね?」

520 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 14:55:09 ID:jLxBtE1l

ポツン「切り裂け、結社の名を冠する者よ!!」

藤岡「うわっ!?」

猿「なんて鋭い邪気…やられる…?」

ポツン「カカカカカ!!悪いな、これで終わりだ!!」


藤岡「…んだ」

ポツン「…?」

藤岡「夢で逢ったんだ、ホーちゃんと!
話して、そして誓ったんだ、負けないって!
いくら横山さんでも、これだけは譲れないっ!!」

猿「…おうわ!?」

福島「こ、これはまた…」

ポツン「………なっ……なんなんだよ…!?この邪気……!?」


闇「夢…まさか?」

種「あぁ、開けたようだな…最後の扉-ヘヴンズドア-を」



521 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 15:25:02 ID:jLxBtE1l

藤岡「うおぉっ!!もう少しだ、ホーちゃん!!」

ポツン「こ、これは…この邪気はっ…」



『先頭…アイネス……ジン…………ライア…追い込ん……中野……!!!』


『………一着!!………一着!!スーパーホース………キャップです!!……アンは二着!!』


『この距離では負けられない!!ようやく戴冠!!横山典と………!!』



ポツン「そうだ…この感覚は…懐かしい…」

ポツン「あの頃の俺…自分の馬こそ最強だと信じていた。
そして、愛していた…パートナーを…
いつの間にか…この感覚、忘れていたんだ…」

ポツン「………ライアン…」



「勝ったのはスーパーホーネットォ!!!!」