※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

787 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2009/02/22(日) 00:51:21 ID:pZ/2Z1dJ0
あれはもう2年も前になるのか・・・


―――メイショウサムソン、二冠達成!!!

種「この魔性の月輪(アドマイヤムーン)の邪気力をもってしても揺るぎもしない・・・!!
  メイショウサムソン・・・何たる邪気力を備えていやがるっ!!!
  畜生・・・畜生っ!!!なぜなんだ、守さん・・・俺はあなたが憎い!!
  あなたではサムソンの秘めたる邪気力を必ず持て余す!使いこなせやしない!!
  なぜだっ!!?俺にこそ相応しい筈なのに、なぜ俺じゃないんだ!!!?

  俺じゃ・・・俺じゃ・・・?ククク・・・

  ン?・・・サムソン(が仲間に入れて欲しそうな目でこっちを見ている、ような気がする。)?

  そうか、わかった・・・俺なんだ。
  カカカ、サムソンよ。

  お前も・・・ククク・・・我が邪気力を望むかっ!!?」

 

788 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2009/02/22(日) 00:52:25 ID:pZ/2Z1dJ0
魔津喪斗「本当かね!?キミの様な邪気の使い手からお願いされるとはね・・・
     ふむ、無論、キミにサムソンを任せられるのなら石刃死君のことはやぶさかではない。
     しかしね、彼にも矜持というものがあるだろう?キミは彼の後輩でもあるし。
     それに、次からすぐ、というわけにもいくまい。周りが納得しまい・・・」

種「プレジデント、守さんのことはこちらでなんとかしますヨ。ククッ・・・」

魔津喪斗「フン、自信だな?策でもあるのか?」

種「ええ。申し訳ありませんが、菊ではサムソンに負けてもらいます。」

魔津喪斗「な・・・!?」

種「その代わり、プレジデントには凱旋紋章をプレゼントしましょう。フッ、もちろんこの私がね!!」


789 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2009/02/22(日) 00:53:45 ID:pZ/2Z1dJ0
―――直線を向いてアドマイヤメインまだ先頭!

種「そうだ、ついて来いサムソン。そして自滅するがよい。」

―――メイショウサムソン石刃死猛追!

種「お疲れさん、メイン。君はよく頑張ったよ、石刃死・・・貴様もな!!!クカカカカ!!!
  ふむ、そろそろか・・・」

―――ドリームパスポート先頭に変わる!さらに外からソングオブウィンドォォォ!!!

種「クククッ痴愚弟よ!上出来だ!!!
  禿は余分だが・・・まあいい。これで減点1だ。クカカカ・・・カァーーッカッカッカ!!
  あとは我が最強の翼(ディープインパクト)で一捻りよ、フッ。」

790 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2009/02/22(日) 00:55:22 ID:pZ/2Z1dJ0
そして、邪気波映像(CS放送)による大衆洗脳活動(武豊TV)に守さんを招待した。

魅餌覇流「総統、何を欲す?」

種「フッ、愚問を・・・我が欲すは怪力闘士、メイショウサムソンのみ!!!」

石刃死「!!!!?」

種「あの溢れる邪気力。ヤツはその器を欲しているようだよ。守さん、クックック
  ボソ・・・(僭越ながら、あの邪気力はあなた程度では手に負えませんよ、私なら・・・ククッ)」

石刃死「・・・クッ。」

魅餌覇流「総統とサムソン・・・!!この胸の高鳴りはなんだ!!?
     サムソンの邪気を総統が受け・・・ど、どうなってしまうんだ!!
     石刃死さん、どうなってしまうんですかねぇ(ニヤニヤ)?」

石刃死「・・・・・・クッ。(クソッ!もう失敗は許されない!!)」

791 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2009/02/22(日) 00:56:21 ID:pZ/2Z1dJ0
―――メイショウサムソン先頭!!ポップロックは3番手!!!

種「これは誤算だなぁ・・・さすがにこの馬場ではコイツのビートも弾まないらしい。
  しかし、まだ手は残してある。ククク、行くが良い、猿!!俺の無念を乗せて(ToT)
  (あのクソイガグリとクソリーチの野郎!)」


―――アドマイヤムーン!堂々の中距離ちゃんぽんだー!!


猿「月は満ち、その魔性の輝きによりて、我大猿に化けん!!
  な~んてね、ははは~総統~~!!こんな感じですか~~!!
  んっふふふふっふふ~ん~玉乗りシコ見たいな~(シコってなんだろ~?)♪」


そしてメイショウサムソンは俺が御すこととなった。

792 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2009/02/22(日) 00:58:15 ID:pZ/2Z1dJ0
その年は結局フランスへは行けず、天皇賞(秋)を圧勝した俺達だが
残念ながら、その後のことはあまり覚えていない。
ポルトフィーノの邪気にやられて記憶の一部を喪ってしまったようだ。


―――2009年2月17日、北海道 社台スタリオンステーション

種「全く・・・目の保養だなァ。ここにいるどの馬をとっても素晴らしい邪気の持ち主だった。
  どれもみな懐かしい。これほどの邪気を持った馬にまた巡り合いたいものだ。」

―――こちらが新種牡馬メイショウサムソンです。

種「サムソンも北の大地でその邪気を次世代に繋ぐか・・・その雄姿、見届けに来たぞ。」

石刃死「・・・あれがチンカステマンコか。変な名前だなおい、種?」

種「フッ・・・守さん。良い邪気を持った馬がいたらまた教えてくださいね。」

石刃死「その白き馬体から溢れる白き・・・あの、アレがダイワスカーレットのあの、アレ・・・」

種「何を動揺しているのです、聞いていないフリなどして。クククッ!!
  ほら、守さんのメイショウサムソンですよ。声かけてやってください。
  それにしても、これほどの邪気の持ち主がクラシック3冠を取れぬとは・・・
  それだけが本当に心残りでしたね、プレジデント?」


793 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2009/02/22(日) 00:59:51 ID:pZ/2Z1dJ0
魔津喪斗「いや、お前・・・凱旋紋章・・・」

種「グァァッァ!!!また邪気眼が暴れだしやがった!!!プレジデント!!守さん!!
  俺から・・・俺から離れてください!!まだポルトの邪気が左肩にっ!!グアッ!!
  クッ・・・なんてしぶ・・・しぶとい・・・こ、今度は・・・あ・・頭が割れるようだ!!!
  て、て、てて天皇賞の後・・・俺は??くっ思いだせん!!あの後何が起きたんだ!!?
  ポルト・・・どこまで俺の・・・ググッ・・・アファっ!!みんな・・・に、逃げるんだ・・・
  奴にまき、ま、巻き込まれて・・・どうなって・・・っふ、も・・・し、知らん・・・ぞ・・・!!!」

魔津喪斗「もういいよ、わかったから。」