※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

507 名前:種一家のお盆[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 06:11:57 ID:CXYVdXsv

幸四郎「……ククク…」

種「……」

名人「……」

幸四郎「……ウ…オエッ…」

種「……」

名人「…また二日酔いか?」

幸四郎「…うるせえ…関係無いだろ…」

種「……なあ幸四郎」

幸四郎「…ああん?」

種「…その…お前がいつもやってる邪酒減量法-サケノンデ・グアイワルクナッテ・リバース-だが…
  お前ももう若くないんだし、そろそろ普通の減量法にしたらどうだ?
  更に合同邪気酒宴-ゴウコン-にも行ってるようだし…」

幸四郎「…ククク…さすが総統様は言うことが違うなあ…おい?」

種「俺はお前を心配してだな…」

幸四郎「兄貴風吹かすんじゃあねえぞ…ククク…
  てめえは虚苦羅で邪草刈り-シンジンツブシ-でもやってればいいんだよ」

種「……貴様」

幸四郎「……ウップ…そんなことより、暇なら酒持ってこいや…ククク…」

種「カカカ…愚弟め…どうやら仕置きが必要なようだな…ククク」

幸四郎「クカカ…やんのか?ザ・ン・サ・ツしてやんよ」

名人「おい、お前たち……せっかくお盆に家族が集まってるというのに…」

幸四郎「うるせえジジイ…てめえも俺様のサ・ツ・ガ・イ・リ・ス・トに入ってんだよ」

名人「なっ…」

種「ククク…そういう訳だ…逃げるなら今のうちだぞ?」

名人「カカカ…糞餓鬼どもめ…いいだろう。
  ちょうど試してみたい邪薬もあることだ…
  効果の程を貴様らで実験してやろうではないか」

種「…邪薬…だと?」

508 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 06:13:38 ID:CXYVdXsv

幸四郎「ククク…またお得意の邪草緑液-アオジル-か?」

名人「コココ…先ずはこれじゃ…」

種「それは…攻殉-コウジュン-」

幸四郎「ククク…卑悪流論酸-ヒアルロンサン-を補給し、節々の痛みを解消する気か?
  まあそれだけなら怖くも何とも無いがな…ククク…」

名人「カカカ…無論、これだけで終わる訳がなかろう…カカカ…」

種「…むう…それは魔果-マカ-…」

幸四郎「古来より中米の闇死-アンデス-に伝わる邪養植物・魔果…
  その効果は、実年男性の間では最早信仰ですらあるという…」

名人「カカカ…こいつのお陰でワシは今だに現役よ」

種「っふ…老いて益々盛んという訳か…頼む、後で俺にも分けてくれ…」

名人「ククッ…そしてこいつがワシの切り札よ…」

種「…!それはまさか!」

幸四郎「妖冥酒-ヨウメイシュ-と…夜図屋の邪気製忍憎嵐王-ニンニクランオウ-…」

種「妖冥酒…三国志時代より中国に伝わる万能邪酒…
  蜀の邪薬医・楊冥腫が発明したという伝説の秘酒か…」

幸四郎「夜図屋-ヤズヤ-の邪気製忍憎嵐王…邪養植物の忍憎を
  黒龍の卵…通称"嵐王"に千年浸け込んで造る幻の逸品…しかもそれは…」

名人「そう。覇智蜜味よ…」

幸四郎「なんと…更にハ・チ・ミ・ツに浸け込んだと言うのか…」

種「…食べ易く、臭いも気にならない…正に完全無欠ッ!」

名人「カカカ…(パクッ)」

種「…!」

名人「(モニュ…モニュ…)」

幸四郎「…一気食い…だと?」

509 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 06:14:26 ID:CXYVdXsv

名人「(……ゴクン)」

名人「………ククク…カカカカカカ──ッ!!」

幸四郎「おわっ!?」

種「なんという突風のような邪気ッ…!」

名人「カッカッカッ……かかってこい…馬鹿息子ども…」

幸四郎「ククク…おもしれえ…サ・ツ・ガ・イしてやんよッ!」

種「っふ…いずれ決着をつけねばならないと思っていたが…それが今日になるとはなッ!」

名人「ほざけ!今日が貴様らの命日よッ!」

種「カカカ…寝言は寝て言え!死ぬのはお前だッ!!
  冥府の鬼共と終わり無き死の舞踏を踊るがいい!邪伴舞踏者-ダンスパートナー-!!」

幸四郎「時の神よ!黒乃主よ!我に時の歯車を委ねよ!時よ止まれ!邪時停刻-ティコティコタック-!!」

名人「ちょっちゅね~!!ちょっちゅよ~!?食らえ渾身の右アッパー!沖縄邪鷲-インターグシケン-!!」

量子タン「おいテメーラ!飯の支度出来たぞ!じゃれてねーで早く来い!!」

名人「はーい♪」

種「今行くー」

幸四郎「お義姉さんの料理だいすき~」