※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

498 名前:うん師と猿のお盆[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 05:42:08 ID:CXYVdXsv

礎膿堕刑刃城─


うん師「礎膿堕か…ここに来るのは久しぶりだな…」

うん師「………ん?」

猿「………ブツブツ」

うん師「……康誠くん?」

猿「……全能なる邪父…偉大なる邪礎・礎膿堕よ…我に邪気力を与へ給え…」

うん師「なんだ?スタンドの屋根に登って、一体何をする気だ…?」

猿「どうか我に邪護を…」

うん師「…まさかッ!あの儀式をやるつもりか!?無茶だッ!」

猿「我は求め訴えたり!いざ邪天へ!」

うん師「…いや待て…ああ見えても康誠くんは猿だ…もしかしたら…」

猿「トゥ!!!」

うん師「いったァァァァ──────ッッ!!!!」






ヒュルルルルルルルルルルル……







グチャッ






うん師「ああっ!!?」

499 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 05:43:04 ID:CXYVdXsv

うん師「……死んだか?」

猿「…………」

猿「………うう……」

うん師「まだ生きてるぞ!ちょっと待ってろ康誠くん!今すぐ…」

うん師「…………いや…待てよ…」

うん師「……俺が儀式失敗の一部始終を見ていたと知ったら…
   誇り高い康誠くんのこと…自害してしまうかもしれない…」

猿「…ピクピク」

うん師「…ここは敢えて"見て見ぬふり"をしてあげるのが情けというものだろう…」

猿「………」

うん師「康誠くん……いい儀式だったぞ…!さらばだ!」

猿「…………」

猿「…………だ…」

猿「………だ……れ…か…た…す…けて…」

猿「……………ガクッ」