参加者の試合報告(3 > 14)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

むらやん


今年に入って初のタッグ大会、それもパックで当たったカードのみでデッキを作るという変則的なもの
普通に考えたらまともに戦えないカオスなデッキになるはずだが、下調べした甲斐あってそこそこ戦える構築に成功
パートナーは鎧武者斬鬼が切り札の居間っちさん (I☆AI☆NU☆KI)、デッキ名にもなってる彼を何とか活躍させてあげたいところだが‥


一回戦 まらさん&アイさんペア (たいかいたっぐ) / (ランダム)

先攻は攻撃できないしとなんとなく出したプロミネンスドラゴンが相棒の手札にもあり、偶然プロミネンスロックが成立
除去が少ない環境だしこれって突破できないんじゃね?と思われたが、まさかのゴーゴンの眼で破られる

相手の古のルールにチェーンして光の封札剣!見事に対象のカードを貫く!
「‥焦るなよ、勝負はまだ始まったばかりだぜ」と王様のセリフを妄想してみる‥実際はB押しっぱでキャンセルしてしまったけどな!
逆転の女神が現れるも、逆にこちらに逆転の手がまいこむ 今回の当りカードのひとつ、リリー先生の検診のお時間の開始「お注射よ♪」

終盤目を引いたのがアンティ勝負、今度こそ封札剣の発動チャンスじゃね? しかし相棒の手札にはコアラが控えていたので
そのまま勝負することに 結果コアラ(☆7)vsソードストーカー(☆6)で勝ち、ホントに珍しいカードが飛びかうもんだ


二回戦 フルボッコさん&TOBさんペア (カオス) / (ランダム)

結論からいうとひどく一方的な試合に やはり除去が少ない分、一体の大型の登場だけで勝負が決まってしまう傾向にあるらしい
相手は壁で守って手札に控える上級恐竜を展開したかったようだが、そこはハンマーヘッド無双、生贄を全く用意させなかった
加えてデーモンの召喚まで登場しては厳しいものがあるか

除去らしいものといえば老魔術師くらいで、4枚あった伏せカードも発動されず 唯一発動されたバベルタワーがなんとなく哀愁を漂わせていた
最後のターン、魔封じの芳香できっちり逆転の芽をつぶす居間っちさんは味方ながらさすが(に鬼畜)だなぁとおもいました


三回戦 キリカさん&ルナさんペア (カオスフル) / (ランダム-上級狙い)

何気にここまで全勝なのでこれに勝てば優勝、まだ出ていないザンキさんを活躍させてあげたいと思いつつ試合に集中することに

相手のセットされた足軽→カモンの展開にびっくり どちらもノーマルとはいえ1パックでうまく揃うとは運がいい
しかし六部も仲間がいなければただのバニラよ 相手の反撃はピラミッドパワーでいなしつつ、相棒のグランマーグが登場
唯一の除去らしかった異次元隔離マシーンを貫いてくれた 帝ではソスやらガイアの融合素材とかいわれてるのにこの環境では大活躍だぜ!

壁で出されたジェルエンもプロミネンスの効果でしっかり対処、こちら優勢な状況で「ザンキさんの雄姿が見たい」と相談したところ
しっかり出してくれた居間っちさんに感謝 直後に暗黒界の雷で乙しちゃったけど、一瞬でも場に出たこと僕たちは忘れない‥


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。