判定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.基本ルール

1.1サイコロ
 判定の時には10面体ダイスを用います
出目は0~9の10種類です。
 ダイスロール(あるいは略してロール)宣言時のレス時間の下一桁、あるいは二桁を使用します

1.2 成功判定
 GMが指定した「能力値」にダイスの目を足したものを「達成値」といいます。
この達成値とGMの設定していた「目標値」を比べ、目標値以上を出せていたらその行為は成功。
目標値より下であった場合、失敗となります。

例 やる夫(体4)は、カギのかかっている扉を体当たりで破ることにしました。
「やってやるお!!」
GMは扉を蹴破る目標値を「10」、判定能力値を「体」と設定しております。
つまり、やる夫はダイスロールで「6」以上を出せば成功することになります。

GMは時と場合によって、これらの判定にペナルティやボーナスをつけることができます。
事前に事態を好転させようとしたPC側の創意工夫があれば判定に有利なボーナスがもらえるでしょうし、逆に油断から手抜きや確認を行っていた場合、思わぬ不利なペナルティが科せられるかもしれません。

例 やる夫一人では成功が心もとないので、やらない夫が一緒に協力して体当たりすることにしました。
GMは、この行為に対して「+2」のボーナスを与える、としました。
さらに、魔法少女長門が「ドーピング」の魔法を使ってやる夫の筋肉を強化する、と宣言しました。
GMは、さらに「+2」のボーナスを与えました。結果として

体4 +2 +2 +ダイス目3・・・で合計11 ≧ 目標値10

見事、やる夫たちは協力して扉を破ることができました。


1.3 対抗判定
 ときにはPC間で競い合うことがあります。
その場合、達成値を競い合い大きい達成値を出した方が勝ちです。
同点の場合は引き分け。GMの判断により再度判定をするか、両者とも失敗とします。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。