※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

*「鬱デレ」ゲーム製作中【エモーショナルカードバトル!?】

【ゲームシステム概要】 2006/12/5

●アーケードゲーム形式の対CPU対戦型カードゲーム
 トレーディング要素、デッキの構築要素はなし

●プレイヤーが使用可能なキャラは3人の予定
 ①デフォルト鬱     名前:うつほ? 苗字は未定
 ②自虐系鬱      名前:未定
 ③真面目、優等生系 鬱  名前:未定

●ステージ構成は3~5ステージ、登場させるキャラ数により変更する

●敵となるキャラは、プレイヤーが選択しなかった鬱キャラと「男」
 余裕があれば、女さん、先生等、ある程度、敵専用のキャラを増やす予定

●ゲーム時間は1プレイ、10分~15分程度を目標にする。
 ・簡単に遊べて、複数回のプレイに耐える物を目指す。
 ・エンディングに影響する最終面以外は、ランダム面としてプレイ毎の展開を変える
 ・エンディングは、パラメータ分岐により「TURE_END」と「NOMAL_END」に分岐
  「TURE_END」はシリアスなSSとする、パラメータにより4つ程度の「TURE_END」を用意
   正気→鬱  切なく共に生きる!様な感じか?
    正気→デレ  ほのぼのした感じ?
    狂気→鬱  BAD_END
  狂気→デレ  ヤンデレ化?
  「NOMAL END」は、ステージ間のSSの延長に近い物で検討
 ・クリア後、プレイ内容に応じて、おみくじ? 占い? 称号?等を表示する。 
  バカっぽい物をから、シリアスでかっこいいものまで、

●スタート画面
 ストーリーモード  3人の鬱キャラから1人を選んでプレイするSS付きのモード
 サバイバルモード  3人の鬱キャラから1人を選んでプレイする、ひたすら戦うモード
 ヒストリー?    使用した必殺技?、ハイスコア、今までに見たエンディング、SSを表示
 オプション    必要ないかも?
 END   
 鬱デレまとめへのリンク 鬱デレの布教も目的ですので・・・。

●カードゲーム概要  詳細は「カードゲーム詳細」を参照(別ファイルにて記載予定)
 ・カードは6種類、それぞれ、キャラの感情を表すモノとする。
 ・カードでのバトルは、鬱キャラの内面で起こっている葛藤をゲームにした物であり、
  実際に彼女等が、カードを用いてゲームを行っている訳ではない。
 ・カードゲームに用いるパラメータ 名称は暫定とする
    ①鬱度    赤のカードのドロー率、パワーに影響する 精神力への攻撃or防御?
  ②デレ度  青のカードのドロー率、パワーに影響する 感情への攻撃or防御?
  ③精神力  緑のカードのドロー率、パワーに影響する 
      平穏→波乱→狂気 と変化し、0になると敗北、HP的な面あり
  ④感情    カードの保有枚 0になると敗北、HP的な面あり
  
 ・カードの種類 記載している感情の名称は暫定とする。
  又、カードには1~20のパワーがあり、ドロー時の鬱度、デレ度、精神力等により、ランダムに増減する。
  パワーの強いカードを組み合わせた方が、同じカードでも強くなる。
   ① 怒り  陽・赤  精神力への防御能力が高い
  ② 憎しみ  陰・赤 精神力への攻撃能力が高い
  ③ 悲しみ  陽・青 感情への防御能力が高い
  ④ 嘆き  陰・青 感情への攻撃能力が高い
  ⑤ 愛    陽・緑 パワーアップ、回復系の特殊効果を生む
  ⑥ 憐れみ  陰・緑 敵のパラメータに影響を与える特殊効果を生む

 ・手札は5枚、一ターンに最大3枚までカードを出すことができる
  組み合わせたカードにより、生成された色の一枚のカードになり、攻撃力、防御力等が決定される。

 ・陰、陽、どちらか一方のカードのみを組み合わせた場合、必殺技?が発動し、特殊効果が発生する。
  取り合えず、技名は、「感情を示す言葉」+「色」の予定で検討中です。
  陰陽あわせて、32種類位になります。キャラ毎の固有技(強化技?)も作る予定です。
  例)白 :陽 怒り+悲しみ+愛 赤青緑  「無垢なる混沌の白」     効果:・・・未定w
  紫紺:陰 憎しみ+嘆き   赤青  「不条理なる諦念の紫紺」   効果:最大手札数4枚 3ターンとか?
  蒼 :陰 嘆き+嘆き+嘆き 青青青  「赦されざる慟哭の蒼」   効果:感情に大ダメージ+手札破壊とか?

・詳細は別途まとめますが、エンディングの分岐に用いるパラメータと、考えてもらいたい「カードの名称」
 「必殺技名称」以外は、把握してもらう必要はないかも知れません。
 プログラムでの処理内容がほとんどになります。

・サウンド
 ・BGMはMIDIの予定です。
 ・SEはWAVの予定
 ・カードを合体させた直後に、鬱っぽいボイスを入れる予定です。
  カードの種類、パワーで合計8種類くらいでしょうか。×3キャラで、24種ですが・・・。
 例)  死んじゃえ!
  君なんて信じられないよ!
  嘘つき、うそつき、ウソツキ!
  謝らないでよ、キミは悪くないじゃない
  あははははははははははははははははは
  あのね・・・大好き・・・

●SS
 対戦開始時に、背景+立ち絵を表示、SSを表示します。
 SSの途中でバトル開始、勝利した場合、続きを表示する予定です。
 今の所、鬱デレ同士が絡むSSがありません。キャラ設定と新規開拓が必要です。

 背景はSSに合致した物が必要になります。
 例は、かなり暗いSSですが、極力コミカルなSSも使う予定です。

例)夜の踏み切りを表示、敵は自分? 同キャラ対戦・・・かな?

冷たい夜風に身をふるわせながら、駅のすぐ側の踏み切りで足をとめました。
気がつくと、もう午前2時を過ぎています。
私は、そっと、踏み切りの中に踏み込むと、遥かに続く線路の彼方を見つめて、
そっと、目を閉じました。
あたしは、みんなが思うような、いい子じゃない。
   ――― 遠くから、踏み切りの音が聞こえる?
強くもないし、真面目でもないよ、小さな罪さえ犯せない、ただの弱虫だ。
   ――― 疾走り来る列車の轟音・・・。
いつの間にか、癖になった微笑み、最後に心から笑ったのは何時だったかな。もう思い出せないよ。
   ――― 闇を切り裂いた閃光に浮かび上がる私自身の影・・・。
★バトル開始

★勝利
バカバカしい妄想・・・、そっと目を開きました。
生きてる意味なんてないのに、こんなに孤独で、寂しくても、
あたしには命を投げ出す勇気の欠片もないんだ。

★敗北
その記事は新聞のスミに小さく載っていた・・・。

●背景
 写真を使います。ぼかしを入れて、場所が特定できないように工夫します。
 取り合えず800×600以上のサイズとします。
 使いたい場面があれば適当に撮っておいてもらえば問題ないかと思います。

●立ち絵
 バストアップにするか、全身を入れるかなど、未定の状態です。
 絵師さんの負荷を考えるとあまり、たくさんの絵を用意するのは厳しいかもしれません。
 又、3キャラも居ますので、絵師さんのキャラクタバリエーションも考慮する必要がありそうです。
 キャラ毎に絵師さんを変えるのも方法ですが、画風など問題もありそうです。
 最悪、各キャラ立ち絵一枚でも、よいかと思います。

●エンディングイラスト
 せめて、「TURE_END」の一つにはは、専用のイラストを用意してやりたいのですが・・・。
 無理な場合、これも写真でごまかします。
 羽ばたく鳥、夕焼け、月、手をつないでいる所のアップ等、象徴的な写真で逃げるのも手かと思います。

 イラストに関してはかなり消極的になっていますが、何人の絵師さんに協力してもらえるか、
 分担する際の切り分け等、いい方法が思いつかないためです。実際に絵を書かれる方なら、
 よい方法があるのかも知れません。

●スケジュール
 現状、カードゲームのシステム設計中です。30%~40%くらいでしょうか?
 70%程度まで、煮詰めた後、コーディングに入ります。
 とりあえず、カードゲームのみ遊べる物を、1月中旬に完成させる予定です。
 それまでに、検討しておきたい内容は、下記の通りです。

 ①キャラの名前、設定等
 ②登場させるキャラの検討、設定検討
 ③カードゲーム中のボイス
 ④必殺技?名称
 ⑤カードの名称(感情の名前)