※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サルベージでの基本的な動きやコツなど

前半60分は肉食で攻撃力重視

前半は命中が低くても攻撃が当たります。

後半はスシで命中重視

5/24追記:アラパゴや銀海などのアンデッドがいるエリアでは
マリナーラピザなども有効(アンデッドキラー追加)

 敵のガ詠唱などは多段WSで止める。

詠唱された時にTPが貯まっていたら、程度で良いです。
逆に詠唱を止めるためにTPを貯め続けるのはNG

なるべく連携を狙う。

これも上記と同じ理由でWSを撃つ直前に他の前衛がWSを撃った時など
タイミングが合った場合だけで良いです。TPが100以上貯まってるのに他の前衛のWSを待っているのはNG。すぐに撃ってください。

ただ敵の中には連携等の魔法ダメージが数倍入る敵もいるので
(フォモル、ワモーラなど)その場合は普段よりやや意識しておきましょう

7/19追記:モモシという編成なら夢想阿修羅拳→空鳴拳→シャークバイト
の光3連携がオススメ。

大量の敵を処理する場合など複数を
相手にしている時は敵を倒す前に
次の敵のほうを向く

敵を倒す→武器を納める→次の敵を探す→武器を構える
ではなく
敵を倒す前に次に倒すべき敵が視界に入る位置へ移動する→
敵を倒す→武器をしまうことなくオートターゲットで自動的に
次の敵へターゲットが移る→次の敵へ殴りかかる

大量に敵がいる場合、ターゲッターは敵を倒す前(HP半分以下)
次の敵へ攻撃を開始してください(タゲとった状態で移ってもOK)

また、ゼオルム3層のマムやアラパゴ6層のギアなど素早い処理が
必要な敵を相手にしている時は空蝉は弐だけにしましょう。

この時タゲを取らないシーフなどはよほど危険な状況でない限り
空蝉は必要ありません。
とにかく戦闘してない状態を作らないこと。

解放アイテムはなるべく敵を殴りながら
使用する。

移動中だと解放アイテムを使うために足を止めるという行為が
時間のロスになります(序盤の魔法解放など重要なものは除く)

生体反応を持っている敵の感知範囲内で
HPを解放しないこと。また、麻痺の状態
解放アイテムを使わないこと。

HPを解放するとHPバーの色が赤や黄色になるので
感知範囲内に骨、フォモル、クトゥルブ等がいると絡まれます
これらの敵がいるエリアではインスニで移動する際も
HPの色に注意して行動しましょう。
また、麻痺している状態で解放アイテムを使用しないこと。
(解放アイテムが消えてしまいます)

ワープ前にプロシェル等強化をかける。

ワープするとHPMPが全快するのでプロシェルがそろそろ
切れそうだと思ったらワープする前にかけておきましょう。

どの遺構も第1層の行動を特に迅速に。

重要なアビや魔法などが解放できる第一層での行動を
早くすればするほど層全体の効率が上がります。
一層の敵はかなり弱めなので前衛は率先して
倒すべき敵を殴りにいきましょう。

同じ理由で赤は敵にいれる弱体は最小限にし
釣り役であれば戦闘中にすぐ次の敵を釣りに行ってキープしたり
ヘイスト、ファラ2(シには必要なし)リフレ配り等をしましょう。

特にファラ2がかかっていれば敵の攻撃をほぼノーダメージ近くまで
軽減できるので回復の手間が省けます。

釣りは赤が担当する場合がほとんどですが
基本的に誰が釣ってもかまいません。
赤が魔法詠唱中だったりした場合は代わりに釣ってあげましょう。

大事なのは各自が率先して動くことです。

7/19追記:箱は後衛がチェックして報告

テンポラリアイテムが入ってる箱は基本的に後衛がチェックして
体力、猛者などの薬系やダスティエーテル、マナパウダーなどの
MP回復薬があれば報告して皆に知らせましょう。
(ハイポやミルク、その他あまり有効ではない薬系は報告必要なし)

逆に前衛は箱を調べていると時間ロスになるので基本的に無視して
後衛が報告した有効な物のみ取るようにしましょう。
ワープするまでの待機中などであれば前衛もチェックして
ハイポなどを確保しておきましょう。

道中のジョブごとの動き

など】

敵が複数いるときは前衛二人の内どちらか一人がターゲッターとなり
戦闘中の敵を倒す前に素早く次の敵へ殴りかかる。
モンクは前半常に【かまえる】状態にして殲滅力を上げる。
青はギアとの戦闘時レストラル止めに集中する。
5/24追記:モンクは次層へのワープや囮釣りをするまでの待機時など
時間に余裕があれば常に【ためる】をしておき少しでも火力を上げる。

シーフ

少しでも火力を上げる為に解放アイテムドロップが100%確定の敵
(もしくはアイテムを落とさない敵)の時はD値の高い武器を使用。
それ以外は基本的に盗賊のナイフを装備。
とんずら&パウダーブーツを使ったタゲ切りや囮を担当する。
釣りは担当する場合もあるが基本的には赤に任せる。
(赤に任せた方がより多く敵を殴れるため殲滅速度アップ)

白がいる場合はなるべくヘイストや回復を他に任せる。
赤が二人の場合はお互いに担当を分担して負担を減らす。
(赤1が弱体やリフレ配りなどを担当して赤2が釣りや精霊など)

ほとんどの場面で釣りを担当する。序盤は敵が弱いので
戦闘中でもすぐ次の敵を釣って寝かせやバインドでキープする。
余裕があれば敵に精霊をいれて少しでも殲滅速度を上げる。
5/24追記:序盤はMPが少ない状況なので
例えばスロウ2ではなくスロウ1にしたり
魔法釣りではなく絡まれ釣りにするなどして工夫するのも◎


メインヒーラー。前衛3人へのヘイスト&回復。
ワープ前にプロシェル。サポ暗時はギアのレストラルを止める。
5/24追記:基本はソラス状態でのケアルストンスキンによる回復。
ギア戦ですぐにA,グラビティ(範囲ヘビィ)を治す必要がある場合は
白も範囲攻撃をくらってミゼリ発動→エスナで治す。

【黒】

精霊アタッカー&回復補助。敵が大量リンクする場所では
スリプガを用意しておく(忍や白など幻影がかかってる敵にも)
ギア戦闘時はレストラル止めに集中。
レストラルを止めた場合や違うTP技だった場合は
精霊魔法で一気に削る。

 詩人コルセア

詩人:前半は前衛にメヌメヌ。後半はメヌマチ
アイスパがかかってる敵には優先的にフィナーレを。
敵が大量リンクする場所では達ララを用意。
(忍や白など幻影がかかってる敵にも)

コルセア:後衛にエボカー 前衛にローグ+カオス
リンク時、忍や白など幻影がかかってる敵にライトショット。
敵が弱い場所では殴りに参加することもある。

 

ボス(戦車)戦での動き

 ボスと戦車は同じTP技を使い、ボスはそれに加えて専用の
固有技を使ってきます(各遺構でそれぞれ固有技が違います)

固有技に関しては層別ポイント攻略でのボスの説明を
参考にしてください。

雷耐性、氷弱点。

スリプル、バインド、グラビデ無効(影縫いは有効)
アシッドボルト、エレジー、その他弱体などは一応有効
(レクイエムはやや入りずらい)

スタンはバフボスは一応効くが3~4回入れると耐性がつく。
銀海のボスは無効。ゼオルム&アラパゴボスは耐性無し。

ボス&戦車共通TP技

ディスチャージ
【範囲ダメージ+麻痺+空蝉全消失】

共通TP技の中で最も危険な技です。
状態回復担当の後衛は即パラナで治しましょう。
また、MNDの量によりダメージを軽減することができます。

イナーシャストリーム
【範囲ダメージ+バインド+空蝉全消失】

ディスチャージに比べると危険性は少ないですが
バフラウ遺構と銀海遺構のボス戦ではディスチャージと同等なぐらい
危険な技です。すぐに担当者はイレースで治しましょう。
また、INTの量によりダメージを軽減することができます。

ちなみに上記以外のボスと全遺構の戦車では前衛のバインドを
治す必要はありません。MPがもったいないので控えましょう。
(シーフが食らった場合は治してあげてください)

ディヒュージョンレイ
【前方扇状範囲ダメージ+空蝉全消失】

ヘイトトップの者が正面にいる時のみ使ってくる技です。
上記の2つに比べて厄介な状態異常がないので
正面に立っても大丈夫なゼオルム遺構とアラパゴ遺構のボス
そして全遺構の戦車ではなるべくこの技を誘発させたほうが
被害を抑えられます
(MNDやINTによるダメージ軽減があるのかどうかは不明)

ボス(戦車)戦でのジョブごとの動き

など】

盾兼アタッカー。なるべく前衛二人でタゲを回すように心がける。
敵の一撃が強いのでモンクは【かまえる】禁止。タゲ取り用なら◎
少しでもボスのTP技を抑えるためにWSは多段ではなく単発で。
後衛のMPがたりなくなったり空蝉が回らなくなった場合は
攻撃をやめて敵のTPが貯まらないようにして持ち直すまで耐える。

5/24追記:ボス戦直前にあらかじめ【ためる】連打しておき
詩人の歌を2曲もらったら【気孔弾】で開始。
その後すぐに【かまえる】を発動させて序盤のヘイトをしっかり維持する
これを怠ると【挑発】などの瞬間的なヘイト上昇手段がない場合
序盤の後衛のケアルでボスのタゲがふらつく可能性がある。
(特にゼオルムボスの場合、タゲのふらつきは壊滅原因になる)

また、【かまえる】は防御力の低下が非常に大きいので
本来一撃の大きい敵には向かないがサルベージのボスの場合
これは逆に優位に働く。
(ボスの攻撃力が高すぎて【かまえる】してなくても単純に
攻防比がキャップに達しており大差がない)

カウンターが発動=敵の攻撃を回避 
なのでボス戦では常に【かまえる】が有効となる。

シーフ

前衛が3人以上殴ると敵のTP技の頻度が増してMPがもたなくなる
ので基本的に殴らずに不意打ち&だまし討ちなどをいれる時だけ
接近してすぐ離れる。近づく時は敵がTP技を撃った直後にすること
それ以外はリキャ毎にコラボレーター等で後衛からヘイトを抜きつつ
遠隔攻撃でTPを貯める。
(バフボス等の固有TP技が強めな敵の場合は遠隔攻撃しないのも手)

白がいる場合はなるべくヘイストや回復を他に任せて
弱体を確実に入れる。
弱体が入ってるかどうかで戦闘の安定性はかなり変わる。
赤が二人の場合はお互いに担当を分担して負担を減らす。
MPが余っていれば終盤追い込みで連続魔精霊魔法。

メインヒーラー。フラッシュやスタン(サポ暗時)で前衛を援護。
ヘイストは前衛二人へ(シーフには必要なし)

【黒】

ショックは効かないので精霊弱体はラスプ、フロスト、ドラウン。
スタンで止められる技があればできる限り止める。
(ホーミングミサイルはログ見てからでも止められる
それ以外の技:ディスチャージやディスコイドなどは
ログ見てからではギリギリ)
終盤は泉解放して精霊魔法で押し切る。

 詩人コルセア

 

前衛に強化をかけにいく時は敵のTP技の直後にすること。

詩人:ボス前にソウルボイス、後衛にバラバラ前衛にメヌマチ
(バフボスだけは他の遺構より強めなのでマチマチ)
ピアニッシモでシーフにプレリュード。
7/19追記:プレリュードは単体歌なのでピアニッシモいりませんでしたw

エレジーは確実にいれる。
7/19追記:修羅のエレジーがレジられてもすぐに戦場のエレジーで
代用するなどして確実に弱体すること。


レクイエムは入りにくいががんばっていれる。

コルセア:後衛にエボカー+ワーロック 前衛にローグ+カオス(モンク)
アイスショット&アースショットでスロウパライズの効果深度を上げる。
前衛の2アビ使用後、ワイルドカードで2アビ復活を狙う。