※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(※このレスはフィクションです)

「お兄ちゃん、また来たよ♪」

やって来たのは、エミという名前の女の子。近所に住んでいる子で、母の友人の娘だ。
以前、うちで一日預かったのがきっかけで、仲良くなったのだ。
それ以来、俺の部屋に、よく遊びに来る。

主に彼女は、部屋にある漫画や、アニメのDVD、テレビを見て過ごす。
スカート姿でゴロゴロしながら漫画やテレビを見るので、だんだんスカートがめくれてきて、
その下に隠されたものがチラチラと見えてしまう。俺はいつも、それを密かな楽しみにしている。
以前一度、「見えてるよ」と、彼女に知らせてやったことがある。
しかし彼女は、「いいよ、別に、ちょっとくらい」と、あっけらかんとした様子で答えた。

彼女は、今日もスカート姿だ。早速、彼女は俺の部屋に入り、寝転がって漫画を読み始めた。
うつ伏せに寝そべり、スカートの下から伸びた脚を、時折パタパタとさせる。
その愛らしさに、俺の胸は高鳴った。

一時間が過ぎた頃、彼女は漫画にも飽き、スースーと寝息を立て眠り始めた。
仰向けに眠る彼女のスカートは、見事なまでに腹の辺りまでめくれ、
普段スカートの下に隠されている秘密の布切れが、惜しげもなく、その姿を晒している。
その愛らしい布と、そこに現れる女性の部分の形に、思わず見入ってしまった。


今まで、しっかりと見たくても見れなかったもの、
チラチラと覗き見するのが精一杯だった憧れのものが、視界を遮るものもなく、
今、俺の目の前に晒されている。

子どもの頃、クラスの男子の間でスカートめくりが流行ったことがあった。
しかし気の弱い俺は、そんなことはしたくても出来なかった。
もちろん、やってた男子は女子から嫌われたし、しなくて正解だったと思うのだが、
本当はしたくて仕方がなかった。
女の子のスカートの下に隠されたものが見たくて仕方なかった。
「思う存分見ることが出来れば、どんなにいいことだろう」。
いつも、そんなことを考えていた。でも、それは叶わぬ願いだった。
しかし、今、夢のような光景が目の前にある。
俺はそこから一切、目を離すことが出来なくなった。

それはとても柔らかそうな材質だった。
綿であろう滑らかな表面をした布を、その下の、初々しい肌の弾力とともに
触れてみたならば、一体どんな感触がするのだろうか。
彼女の大切な部分を覆う、その布は、とても女の子らしい、可愛らしい柄だ。
形もシンプルで美しい。
ぶかぶかな幼いものではないが、成人女性それのような色気のあるものではない。
少女らしい可愛らしいデザインだ。当たり前のことだが、男子のものとは異なり、
前が開く作りにはなっていない。
男子とは違い、そこから引っぱり出すようなものなど、女子のあの部分には、
ぶら下がってなどいないのだから。
そう考えると、彼女が女子であることが、あらためて実感され、さらに興奮度が高まった。
そう、女子のあの部分は、男子とは全く異なる形をしているのだ。

それにしても、女子のその部分を覆う布切れは、なんと薄く、柔らかく、小さく、
頼りない存在なのだろうか。
女性の最も大切な部分を覆い隠し、守るものだというのに、
本当に頼りない布切れでしかない。
それ以外には、その部分を隠すものはスカートしかない。
スカートは「はく」という表現をするが、現実には「はく」というほどの代物ではない。
腰から布を垂らし、単に「目隠しをする」という程度のものだ。
実際に女子がはいているのは、スカートの下の一つのものしか無いのだ。
女子のあの部分というのは、なんと無防備なのだろう。
それを覆い隠す、たった一つの布切れを取り去ってしまえば、とたんに女子のあの部分は、
女性の最も大切なその部分は、直接に外気のもとに晒されてしまうのだ。

「この薄っぺらい布切れの下に、女の子のアソコ・・・・女の子のワレメが・・・・」。

女性の最も女性である部分、男性の体と最も形の異なる部分、男が一番憧れ、
一番見たい部分、そして男にとって一番見ることの困難な部分。
それが今、本当に薄っぺらい布切れで覆われただけの状態で、
俺の目の前に晒されているのだ。

この布切れさえなければ、この布切れさえ取り去れば・・・・。


俺は、それを脱がせたいという衝動にかられた。
しかし、そんなことをすれば、彼女は100%の確率で目を覚ますだろう。
その時は、もう、言い訳のしようがない。確実に変質者扱いだ。
もう、彼女と会うことも出来なくなるかもしれない。
でも、あの部分のところだけを、めくるくらいなら・・・・。
いや、それでも目を覚ます可能性は高い。でも、見たい。見た過ぎる・・・・。
俺は彼女の、その部分を見つめつつ悩んだ。

「お兄ちゃん、何してるの・・・・?」
俺の心臓が、勢いよく跳びはねた。彼女が起きたのだ!
寝ぼけまなこを擦りつつ体を起こした彼女は、自分のはいたスカートが、
腹のところまでめくれ上がってるのに気づき、「きゃっ!」と声を上げて、
スカートを下ろし、両手でしっかりと押さえた。
「お兄ちゃん、見てたでしょ」
彼女は俺を睨んだ。俺は、どうしたらいいか分からず、うろたえた。
でも、誤魔化しようがない。ここは素直に謝るしかない。
「ごめん!本当に、ごめん!あ、でも、スカートは俺がめくったんじゃないんだ。
最初から、めくれてて・・・・。それで見えちゃってたから、つい見ちゃって・・・・。
ごめん!この通り!」
俺は、床に膝をつき、床に擦り付けんばかりに頭を下げ、必死に謝った。

「ちょっと、そんなに謝らないでよ。別に、ほんとに怒ってるわけじゃないのに」
彼女はクスクス笑いながら言った。どうやら本気で怒ってたわけじゃないらしい。
俺はホッと胸を撫で下ろし、落ち着きを取り戻した。
「でも、見てたのは事実なんだよねぇ~。自分で『見ちゃって』って言ってるし~」
彼女は、軽蔑したような、ちょっと意地悪な顔で、俺を見つめた。
「ごめん。でも、女の子のが丸見えになってたら、男なら誰だって見ちゃうよ・・・」
俺は、男としての正直な気持ちを言った。
「そんなに見たいんだ」
「うん・・・・」
「まあ、お兄ちゃんが私の見るのって、これが初めてじゃないしねぇ~」
「え・・・・?」
「だってお兄ちゃんってば、いつもチラチラ見てるんだもん」


気づかれてた。俺のいやらしい視線に、彼女は既に気づいてたんだ。
恥ずかしい。軽蔑されたかな?彼女に、どう思われてるだろう。なんてことだ…。
しかし、彼女は思いもよらないことを口にした。
「でも、別に嫌じゃなかったよ」
「…え?」
「だって、お兄ちゃんのこと嫌いじゃないし。一生懸命チラチラ見てるお兄ちゃんって、
可愛いんだもん」
彼女はクスクス笑いながら続けた。
「だから私、わざとスカートばっかし、はいて来てたんだよ?
それで、わざと目の前でゴロゴロしたり、お兄ちゃんの方に足を向けて寝転んで、
脚をパタパタさせてみたり…。あ、でも、さっきのは、本当に寝ちゃってたんだけどね」

俺は自らの耳を疑った。彼女がそんなことを考えていたなんて、思ってもみなかった。
しかし彼女は、さらに信じられないようなことを口走った。
「そんなに見たいんだったら、ちゃんと見せてあげようか?いいよ、お兄ちゃんなら。
お兄ちゃんなら、全然、嫌じゃないよ?」

これは本当に現実なのだろうか。俺は夢でも見ているのだろうか。
それとも、俺は、からかわれてるのだろうか?
もし「見せて」と言ったら、「何、本気にしてるのよー。お兄ちゃんのヘンターイ」
とか言われて笑われるんじゃないだろうか?
そんな風に思いながらも、この機会を逃したら一生、こんな美味しい話は
無いだろうと思い、思い切って言った。
「うん、見たい。ものすごく見たい。見せてもらって、いいかな?」
彼女は答えた。
「うん、いいよ。それじゃあ、見せてあげるね」

(つづく)