※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一応、矛盾が無いと思うので投下
前回は登場人物の紹介でしたが、今回は、村の紹介になります。
エロ分は少なめです。

=========

あ、あの、学校には、規則もあるので、学童らしい季節に合った服で行きますよ。
そのための、スリーマーや普通のパンツなどの下着と、冬は長ズボンや長袖ブラウス、セーターなどや、夏にはTシャツ、膝たけスカートや

ワンピースなどを持っています。

保育園、幼稚園、小学校、中学校。などの通園や通学は自転車です。
今年の春休みまでは、お兄ちゃんが、送り迎えしてくれていました。
学校などの規則でも、3年生までは保護者の同伴が望ましいとなっています。5年生、6年生、または、中学生、の姉兄がいる場合は、親の必

要は有りません。
村立の小学校と中学校は同じ学校を使っています。子ども達の人数が少なくなったので、いくつかの学校をくっつけて、今の学校になりま

した。

あたしは、学校から帰ると、自転車を自分の家に置き、お兄ちゃんの服や下着に着替えます。
学校で着ていた服や下着はお洗濯のためにカバンにしまいます。

お兄ちゃんがお仕事中は、お兄ちゃんの家に有るあたしの自転車でお店に行きます。
お兄ちゃんも自転車でお仕事に行きます。
だから、お兄ちゃんの自転車がおうちにあれば、お兄ちゃんは家にいますし、無ければお仕事中か、行き帰りの道、または、買い物中です


あたしがお店に行って、お兄ちゃんがいれば、鍵を借りて家に戻り、お掃除やお洗濯、お風呂の準備。
いなければ、とりあえず駅前商店街を見てから家に帰ります。合えるかもしれません。


「十分反省するまでのおやくそく」で
  • 家に戻ってもお兄ちゃんがいなければ、自分の家でパンツを脱いで、カバンに仕舞い、迎えに来るのを待ちます。
  • お兄ちゃんが家にいるときは、パンツは、はかないで、持って行きます。

お隣、といっても、実際には、昔は畑、今は空き地が、間に有ります。
あたしたちの学校がわが、お兄ちゃんの家、駅がわが、あたしの家。

駅の反対がわに、例の、お嬢様幼稚園、お嬢様小学校、中学校が有り
通学時間帯には30分に1本、それ以外では2時間に1本の、電気でなくて、バスみたいな(?)鉄道。
5つ目の駅、新幹線の停車駅同士を結んでいる電車との接続駅に、お嬢様高校が、そして新幹線の駅にお嬢様大学が有ります。
この鉄道の、あたしたちの駅を挟んだ反対側の方に8駅行くと、この学校の合宿所と広い校庭があって、普通はクラブ活動や合同運動会、学

園祭などに利用され、夏休みや冬休みは一般の生徒が泊まって何かをしています。
この、高校の有る町には、幼稚園から高校までの寮が有るのですが、すごく立派で「お姫様」の生活が出来るそうです。


あたしたちの家から
小学校までは、あたしの自転車で30分位、
お兄ちゃんのコンビニエンスストアまでは、あたしの自転車で40分位、
お兄ちゃんの自転車は、速さを変えられるので、もっと短い時間で移動出来ます。

さて今日もいつもの通り、鍵を借りておうちに帰ってきました。
お洗濯とお掃除、そしてお風呂の準備。さっきの、着替えた服も一緒にお洗濯。
干し終わっても、お兄ちゃんが帰ってきませんから、この様に、皆さんにご報告。

あ、帰ってきました。続きは後で。


新しいスカートをくれました。
6っこの箱ヒダで、長さは太腿丸出し、多分パンツが見える位。表面の生地は結構カワイイのです。
ヒダはまん前と真後ろにもある、大体同じ間隔で6か所、ヒダは大体3cmの腰部分を残して作られています。
で、問題は箱の内側。折り目の粗く、透けている生地。その上、結構広がります。普通は、ヒダの内側も透けない生地を使うのですが。。

。。

それから、エプロン・・・・でなくホルターネックのミニワンピ。例によって短いスカートのが二着

1つ目は、水泳着みたいに、足を先に入れて、胸の前に来る布の先にあるヒモを首から背中に回して交差させ、スカートの腰部分に右脇と左

脇に2ヶ所づつある「輪っか」に通して吊るようなカタチにして、ヒモの先は腰の後ろで結んで着ます。
普通のワンピースの場合、頭から着るので逆です。それに、結び目が解けたら、その場で完璧に脱げちゃいます。
スカート部分の背中側は結構生地が余ってます。女の子の体型は、一般的に、お尻のほうが胴よりも太いのですから。この部分を上から覗

かれたら、きっと、多分、お尻などが見えます。

2つめは、殆どエプロン状。胸までの布でそこに付いているリボンを首の後ろで結わくのと
腰部分は、巻きスカートを前後逆に着るみたいな格好です。
前から左右に出てる生地をお尻側に回します。そして胴の部分にあるリボンを右脇腹に結びます。

しかし、いったい、どこで、この様な服を売っているのでしょう?


とりあえず、怪人イジワルオジサンへの変身をさせないために、馬鹿みたいな笑顔で「アリガトウ」と言って受け取りました。


早速に、結わき目1っこの服を着て、家事と宿題。それから、食事。
おトイレは、後ろの生地が妙に折り返されて、少し不自由だけど、まぁ良いか。
そして、お風呂と、お勉強。

いつもの時間になったので、生乾きだけど洗濯の終わった学校の服とパンツを持って、明日午後にはく、股下が開くパンツを持って自分の家に帰ります。
パソコンも、もちろん持ち帰ります。
だってこんな作文を読まれたら、私、完璧に奴隷人生になっちゃうもの。今だって、奴隷みたいなものだし。

玄関先でイツモの「お休み」のキスをしたのですが。。。。。
お兄ちゃん、今日は、私を抱き上げると「こっちにも」ってお尻の谷間もキスをして・・・・・
舐め始めて。。。。指を1本づつ、2つの穴に攻め入って出し入れします。痛いって言っても聞いてくれず、でも、何か言っても終わるわけが無いと自分に言い聞かせて、シバラク何も考えずに、その不快な刺激に耐えました。
不快といっても、それは、通常出すために有る穴から入ってくるので、頭が混乱するのでしょう。
気が付くと、口をだらしなく半開きにしています。唾液が流れ出ています。慌てて口を閉めて。つばを飲み込みます。

そして、お尻が勝手に動いています。あたしの考えではなくて、お尻自身に意思があるようです。
お兄ちゃんの指が出て行く時にはその指をより奥に入れようと指の動くほうにお尻を動かしています。
入ってくる時は、より奥に入れて欲しいと、お尻の穴を開ける様にしています。
条件反射でしょうか?

いえ、今日で数回目。条件反射というほどの経験をしていません。

お兄ちゃんはズボンを脱ぐと、私のお尻に当て、でも、前回と違って。。。。
そう、後ろの穴に先端が。そして、私の体重を使うかの様にしてめり込ませてきます。半分くらい入ったでしょうか?
今度はゆっくり私を持ち上げて抜いていきます。
感じからしたら先端部分だけに、なったでしょうか?今度はかなり強引にねじ込みます。
何回も何回も繰り返しながら、だんだん奥深く入ってきます。
しかも、その棒が、だんだんに、硬く、熱く、なってきている感じです。

完全に抜いたので、「終わったのかな?」と、思って力を抜きました。
そしたら、ソレを待っていたかのように、勢い良く、一番奥まで、まるで、突き抜けるかと思うくらい。
そして、その棒は脈を打って腸から中に液体を入れてきます。
その間も、お兄ちゃんは出し入れを繰り返して・・・・・。
そして、その脈が収まって、棒が柔らかくなってきて、お兄ちゃんは抜き取りました。
あたし、足腰に力が入りません。
お兄ちゃんに腰を持ってもらって、何とか玄関先に立っています。
そして唇同士を重ねてきます。でも、触れる程度。
カバンと洗濯物を持たされました。

何とか、足に力が戻ってきました。
お兄ちゃんが「遅くなったので、家まで送るよ」と言ってくれて私の腰を支えながら外に出ました。
足が、外がわに向いています。がにまた?格好悪い歩き方ですね。
と、お尻から、粘り気の有るモノがあふれ出てきます。そして太腿に伝わってきたり、地面に落ちたりします。
何とか力を入れて閉じようとしましたが、そうすると太腿同士が擦れます。それで、足に付いた粘液が足に擦り付けられます。
おうち同士の真ん中辺りに来た時に。
「あれほどコンピュータは勉強用と言ったのに、勉強以外でも、いまだに使っているね?今日はそのお仕置きだ。」
そういうと、お兄ちゃんは立ったまま、ズボンを膝くらいまで脱いで、私を抱き上げて、また、お尻の穴に差し込みます。
さっきよりも、痛みを感じるくらい強引に差し込み、お腹が壊れるかと思うくらい無理やり出し入れします。そして、まるで腸に注ぎ込むかの様に粘液を入れます。
入れ終わった後で、ズボンを穿くと、私の家の玄関先までおぶってくれました。
でもお尻からは粘液が流れ出てきます。パンツを履いて無いので、お尻から地面に落ちていると思います。


何とか木戸を開け、玄関を開け、カバン類をその場に置くと、床を汚さないように、手を当ててお風呂場に行きました。
服を脱いで、よく見ると血液と粘液が混じっている様なものが膝の内側まで、付いています。
お湯のシャワーをかけて、洗い流そうとしましたがなかなか上手く出来ません。
石鹸も使ってみましたが、粘液を洗い流すのが困難です。
それに次々にお尻から粘液が流れ出てきます。

仕方なくパンツの内側に、お尻に2重にガーゼを当てて脱脂綿を敷きました。
コレで有る程度は吸収されるはず。
カバン類と洗濯物を部屋に運び、洗濯物は室内に干して、色々調べてみたら「水」が良いみたいでした。


あれ?そういえば、お兄ちゃんもパンツはいていなかった様な?