デリュー=デスペラード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二つ名 風のデリュー 名前 デリュー=デスペラード
性別 年齢 17
生まれ 軽戦士 種族 エルフ

経歴

  • 守りの剣をもったことがある
  • 神の声をきいた(と思い込んでいる)
  • 家族に違う種族がいる


経歴を使った設定

デスペラード三兄妹弟が長兄。
冒険者の宿を営むダンテ=デスペラードと母親ベアトリーチェの間に生まれる。
父ダンテは人間だったが、母ベアトリーチェの血を色濃く受け継ぎエルフとして生を受ける。
三つ子で生まれ、妹が人間、弟がナイトメアと複雑な家族構成だが三人の仲は良好。

父ダンテに影響され、三妹弟の中ではいち早くから冒険者を目指していた。
父ダンテもデリューの意欲に感心し、直々に稽古をつけたりもしていた。
が、調子に乗ったデリューはとあるパーティの馬車に忍び込み、その足で単身ダンジョンへと赴いてしまう。
しかし、そこに徘徊するモンスターには手も足も出ず、逃げ惑い、幸運にもダンジョン最奥まで辿り着く。
そこには守りの剣が鎮座していた。
守りの剣の加護によりモンスターはその部屋に入ることが出来なかったため、デリューは助けが来るまでの三日間、そこで独り孤独に耐えながら過ごす事となる。
忍び込んだ馬車のパーティに助けられ宿へと戻るが、疲弊しきったデリューを待っていたのは怒り心頭のダンテだった。
一人の父として息子を失う絶望感、そして一人の戦士として無謀な行いを助長してしまった責から、以降父ダンテはデリューに冒険者として育てることを止めた。

しかし、デリューは冒険者としての夢をあきらめることは出来なかった。
丁度ナラズモの町に療養として訪れていたダイアンに師事し、父に教えてもらった剣を捨て、拳闘士の道へ入門する。
そして15歳の誕生日、妹弟と約束していた通り三兄妹弟は冒険者となった。
その夜、デリューの部屋の机に置かれていた一本のワインボトル。
それは冒険者となったデリューへ、父ダンテからの祝いの品であった。
デリューがダンジョンへ潜り込んだあの日から、冷たく当たるようになった父。
そんな父から贈られた、数年振りの祝いの言葉とワインボトル。
デリューは一人涙をかみ締めワインを呷った。



そしてデリューは、神の声を聞いた。



キャラクター設定

『吹き抜ける砂塵亭』の調理場とワイン倉を任されている。
自尊心が高く、目立ちたがり屋。しかして空気。
エルフとしては抜きん出た敏捷度が一番の自慢。
誰からも呼ばれるわけではないが、自ら『風のデリュー』と名乗る。
戦闘では師匠『ダイアン』とのコンビネーションと、脅威の回避力が光る筈、きっと光ってるはず。
偏った思考の持ち主で、何事も『正義』に結びつける。
夢は一国の王。
父との関係を修復するにはどうすればいいか悩んでいる。



容姿



プレイヤー名 無銭塵紙
ステータス
セッションによる成長

対人関係

フリーシア=デスペラード 戦闘の師匠がダイアンなら、フリーシアは冒険者の先輩。慕っている。
セレナ=デスペラード 自慢の妹。時々見え隠れする彼女の黒い影と近々対峙することがあると予想している
ファナティ=デスペラード 自慢の弟。
エリオット
シエン・バルベルド 美味しそうにお酒を飲む冒険者。お酒を飲む冒険者は大好きだー
ダイアン・ベルガモント 拳闘士としての師匠。彼の言う言葉に感心したりしているがよく理解していない
ラグラス・ルシナ エルフなので同族意識で仲良くなりたいがあんまり接点がない
シオネ ちょっと厨房にいこうか
クリス=アンバンビット 俺が遅い? 俺がスロゥリィ!?


参加セッション履歴

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。