※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タンマ氏のKagami.exe

タンマ氏作成の鏡ツール]]。これで低スペックでも簡単に鏡になれます。
使い方は以下。
※現在タンマ氏のサイトが繋がらないので暫定としてコレをDL

kagami.exeを使った鏡作成

簡単で低スペックPCでも鏡が出来るのがkagami.exeのいいところ
鏡クレとか言ってる人もADSLな人もやろうぜ
ツールそのものはReadmeでほぼ理解できるが、ここでは丁寧に解説する。

まずはポートを開放してみよう

ポート開放の方法は、ルーターによって違うからググれかす
検索アドバイスとしては 自分の使ってるルーターの型番 ポート開放 とかがいい
「ポート開放ガイド」「ポート開放」 辺りも参考に
UPnP対応ルーターのポート開放ツール「UPnPCJ」も便利

回線の上り速度を知っておこう

「Studio Radish」に行って「上り」を測定
速度 ******kbps (****kByte/sec)
測定品質 ***
と表示される「速度」の部分に注目。
それで大体、最大何人収容出来るかがわかる

例 鏡する実況のビットレートが141kbps で 自分の速度が3000kbps の場合
3000÷141=21.28
なんと21人も収容出来る……と言いたい所だがここは大体10~15人程度だと考えておこう
つまり計算式は
上り速度÷配信ビットレート×0.5~0.7=収容人数
である。
上の例で10~15人の理由
ネットを使っていて帯域が混んでいる場合、重くなるのはよくある事。それと同じような物だと考えてくれてもいい
帯域が混むと、突然速度が半分にまで落ちてしまう事がある。その場合ギリギリ21人収容していると、弾かれてしまう人がゾロゾロ出現、入っている人も紙芝居、バッファ祭りに見舞われてしまう可能性。
また 弾かれた人が再び入ろうとしてもバッファ→終了→バッファ……を繰り返す。
回線の品質にもよるが、安定したいなら5~7割の人数収容で考えておこう。

タンマツールkagami.exeをDL

このページの一番上から貰ってこよう
※何がなんだかわからない場合は「現在の安定バージョン」でおk
※データをそのまま中継するソフトだから、回線さえ気をつければ他の事に
PCを使っていても鏡してる画面や音に影響しないよ(P2P等は上り回線を圧迫するからダメかも)

kagami.exeを使ってみよう

下の図を見て設定してNE( ^ω^)。手順は図二枚に渡って行き来するけど、順番にやっていけば必ず出来る!
1.配信者さんのURL。鏡さんの鏡もおk。尚、アドレスは http://*****:****/ の形で
  拡張子で終わるタイプはNG
2.ポート番号…自分が開けたポート番号
3.オプションタブをクリック
4.上り速度から割り出した最大収容人数
5.接続を押す。ここで配信者さんに繋ぐ
6.モニタタブをクリック
7.配信側と繋がればインポートに 1 が表示される

さぁ みんなに知らせるお( ^ω^)!…と、その前に
ココでポートがちゃんと開いてるか、このままの状態でチェック
「あなたのパソコン等のアドレス」で表示されているのが今日の自分のIP(みんなに知らせるアドレス→ http://xxx.xx.xxx:xxxx/ の赤文字部分)
「成功!(・∀・)」 なら、おk
※IPは例外を除き毎日変わる。なので上のページでチェックする習慣をつけるといいかも。

自分が配信を見る場合は、WMPを立ち上げ
アドレス http://localhost:自分のポート番号/ を入力して再生でおk
他の機能が気になったら初心者卒業、Readmeテキストで理解出来るハズ