白で妄想垂れ流してみる。設定とかは気にしない方向でwwww


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

121 :白で妄想垂れ流してみる。設定とかは気にしない方向でwwww[sage]:2008/01/29(火) 12:35:42.69 ID:iIzrtiUo
赤「白!やめろ!それ以上はお前の体が!!」
ぼろぼろになった赤い戦隊スーツ。酷い傷だ。必至に妹達を守ってくれた。

白「だめ。私は仲間を守ると決めたから」

何時からだろう。守る立場から守られる立場になったのは。
ヒーロー計画の初期作品の私は、試験機の意味合いも強かった。

どんな場所であっても機動性を確保するための小柄な体。
仮想敵にも対抗できるだけの筋力。
与えられた武装を柔軟に運用できるだけの、超人的な視力と思考速度。
どれ一つとっても、超一級品の性能。

そして繰り返される強大な組織との戦闘。

最初は大きかった消しゴムも、使ううちに磨り減ってゆく。
小さな体に詰め込まれた巨大な力は、それだけ自分の寿命を縮める事になった。
磨り減った消しゴムは、それでもなんとか与えられた職務を全うした。

そしてあの日がやってきた。
122 :白で妄想垂れ流してみる。設定とかは気にしない方向でwwwwその2[sage]:2008/01/29(火) 12:37:31.96 ID:iIzrtiUo
長官「・・・今日付けで君をヒーローの資格を剥奪する」
○「・・・ついにこの日が来てしまったんですね」
長官「ああ、今日までありがとう。これからはゆっくり休んでくれ」
○「・・・一つだけお願いがあります」
長官「私の首で済むことならば、なんでも言ってくれたまえ」
○「・・・「妹」達の傍で、あの子達の行く先を見守らせてもらえませんか?」
長官「・・・」

今まで無理に無理を重ねてきた。もう私が羽ばたく事は出来なくなった。
飛べなくなった私の変わりに、「妹」達はどんな風に飛んで行くのか…。
そのときは、ただそれが見たかった。

長官「わかった。では改めて君に戦隊への参加を命じよう」
○「え?」
長官「新に発足したヒーロー戦隊への入隊を命じる。」
○「長官…ありがとうございます」
長官「但し、後方支援要因だ。それに加え、リミッターは通常の200%で掛けさせて貰う。もうお前は戦えない体だと言う事を忘れるなよ?」
○「いえ、それで十分です。今の私ではかえってあの子達の足を引っ張ります。」
長官「ふ。その言葉に何度騙されたことやらな」
○「・・・///」
長官「今日から君のコードネームは「白」だ。部屋は今まで通り使ってくれてかまわん。メンテナンスもこちらで手配する」
白「はい。これからもよろしくおねがいします」
長官「・・・妹達をよろしくたのむ」

今は白。燃え尽きてなにも残らなかったただの抜け殻。
でも、まだ私は立ち上がれる。
心の奥に、まだ残ってるものがある。

燃やすんだ。この暖かい場所を侵されないように!焼け付くぐらい緋く、激しく!

さあ、借り物の衣装を脱ぎ捨てよう。今だけ、この一瞬だけ私は嘗ての私に舞い戻る。
ぼろぼろになった白い戦隊スーツ。そこから新に光が生まれ、全身を覆いつくす。
そこに現れたのは緋い翼を持つ真紅のヒーロー。


緋「さあ、始めようか。本気の私を見せてあげる。もうこれ以上誰も傷つけさせたりしない」


※10分で書いた。ぶっちゃけやり過ぎたかと思うが反省はしていない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。