女赤


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

132 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/08/04(月) 01:23:45.34 ID:XMV.egDO
とかやってみたけど人居ないね。


緑 「つ、ついに出来たクヒヒ」
赤 (また変なもの作ってるな。)
緑 「さあ、これを飲んでくれたまえ。」
赤 「……効果…は?」
緑 「早く、失敗の可能性が高いし体に害は無いから。」 赤 「わかったわかった。」ゴキュゴキュ
赤 「あれ、何か眠くなっt」ドサッ


【数十分後】
赤 「ん…うーん」
緑 「成功だ!大成功だ!クヒヒヒ!」
赤 「何か変わったのか?」
緑 「look to the body!」ビシッ
赤 「体?………」


ブウゥゥルアアァァァァーッ!!!

女赤 「な、ななな何で!?お、おお俺が女になってる?」
緑 「ク、クヒヒヒヒ安心して、おっぱいも中々良かったよ。」
女赤 「そんな事のために!?つーか安心できるか!早く戻せ!」
緑 「ごめんなさい、おっぱいに夢中だったからまだ作れてない。」
女赤 「チクショー!」




以上過疎ageでした

166 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/08/05(火) 00:09:44.38 ID:ae8W/oDO
女赤 「さて、緑の薬が出来るのは約4時間後か…どうしようかな。」
女赤 「とりあえずこの姿を見せるのはマズイから隠r」ガチャ
青 「赤、折り入ってたのみがあ……」
女赤 「あ」
青 「……またか」
女赤 「また?いや、そのこれはだな、」
青 「どうせお前も赤を狙ってるんだろッ!」
女赤 「へ?いやいや俺がそのあk」
青 「うるさいうるさいうるさい!ただでさえ黒いのに捕られそうで危ないのに、これ以上私の赤をとろうとするなー!!」チャキッ
女赤 「お、落ち着け青、話を聞いてくれ!てかお前のじゃないしとりあえずそのM10をしまえ!」
青 「うわあぁぁん!うるさいうるさい!赤は私のだったら私のだー!!」パラタタタタ
女赤 「ぬわーー!」



【数分後】

女赤 「……と、いうわけだ。」
青「…!!」
青 「あの、その、えっと…」
女赤 「誰にも言わないから、安心してくれ。」
青 「うぅ…ふえぇ…ごべん赤」ボロボロ
女赤 「いやいや!気にしてないから泣くなって!」青 「ふえ~ん…」ズズッ

【さらに数分後】
女赤 「落ち着いた?」
青 「うん…頼むから誰にも言わないでくれよ?///」
女赤 「解ってるってww」
青 「じゃあ…な」ガチャ
女赤 「参ったぜ、この姿じゃ確かに不審者だもんな…それにしてもあいつ錯乱し過ぎだなww。」←G級の鈍感
青 (後で緑に頼んで、私と赤の記憶を消して貰おう…)トボトボ

187 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/08/06(水) 00:31:33.94 ID:XGupcgDO
女赤 「さて、これからどうしようかね。」
女赤 「とりあえず他の奴にバレないようにするかな。」
黒 「ところがどっこいです」ガチャ
女赤 「さっきと同じパターン…だと…これは酷い」
黒 「何を言っているのか解りませんが、つまりあなたは赤さんなのでしょう?」
女赤 「YES!YES!YES!」
黒 「?…何で三回も言うんです?」
女赤 「いや、何でも無い。それで何か用?」
黒 「せっかく女の子になったんですから、私の服を少々着て貰おうかと思いまして。」
女赤 「…いやだと言ったら?」
黒 「無理矢理が好きなんですか?」
女赤 「逃がして……くれないよなあ?」
黒 「はい♪じゃあまずはこのゴスロリから行きましょうか!!」
女赤 「ちょ、絶対お前のじゃないだろ!いや、まてって、止め、らめえぇぇぇ!」




黒 「素晴らしいです!perfectです!」パチパチ
女赤 「ううぅ…汚されちゃった。」
黒「こんなメイドが欲しかったんですよ、もういっそのことこのまま私の家に仕えません?」
女赤「…僕男がいいです。」
黒 「うふふふ、じゃあそのかわり緑さんの薬が完成するまでその格好でいて下さいね。」
女赤 「グスッ…イエス…マム」バタン
黒 (今度緑さんに相談してクローンでも作って貰いましょうか。)

195 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/08/06(水) 23:05:21.21 ID:XGupcgDO
女赤 「くそっ!あわよくば妹って事にして悪の組織の方に逃げようとしたのに、これじゃあ外にすら出られんじゃないか!!」
女赤 「普通の服ならまだしも、ゴスロリ系メイドってどういう事だよクソッ!クソッ!」ガンッガンッ
ガチャ
桃 「ちょっとー赤ー?ドンドンうるさいんだけど、部屋隣なんだからもうちょっと……あれ…どちら様?」
女赤 (お、落ち着け俺、素数を数え…じゃない!とりあえず、俺が赤であると言う事を教えて…
 …いやいやこの服でそんな事知られたら変態になる!)ジタバタ
桃 「…ああ、あんたもしかして赤?落ち着いて話してみてよ。」
女赤 「神ktkr」
【説明後】
女赤 「…と言うわけで今に至る。」
桃 「いつも大変だね、赤は。」
女赤 「つー訳で桃の部屋にかくまってほしいんだけど…」
桃 「いいよっ、さあ入った入った!」
女赤 「悪いな」(今は桃が女神に見えます)
桃 「それにしても今の赤って美人だね。」
女赤 「ふーん」
桃 「そこで是非頼みがあるんだけど…駄目かな?」
女赤 「別に良いけど何するんだ?」
桃 「どうせ服脱げないんなら、化粧したらもっと良いかなって思ったんだけどダメ?」
女赤 「……どうぞ」
桃 「ありがと~じゃあ早速取り掛かりますか!」


桃 「……」 女赤 「…どした?」
桃 「赤」 女赤 「何?」
桃 「お姉様って呼ばせて!」
女赤 「断る!」
桃 「ちぇっ」

201 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/08/08(金) 21:16:45.17 ID:5hmzKYDO
女赤 「桃がかくまってくれてるからひとまず安心だな。」
女赤 「しかし、その桃がよりによってスイーツ(笑)を買いに出かけるとはな…」
女赤 「う…トイレに行きたい、しかしここでトイレに行ったら絶対何か起きそうだ。」
女赤 「えーいままよ!てえぇりゃああああ!!」ガチャ
黄 「あり?桃さっき出かけなかっ…え…あれ?」
女赤 「あ、あはは」(ハハハ…ほーら見ろ…お約束だ…)
黄 「…あはは」(服はともかく、綺麗な人だなあ…)
女赤 「えーと…落ち着いて聞いてくれる?」
黄 「は、はい」
【説明中】
黄「つまり君は赤で、それまで(緑の薬が完成するまで)女のままってこと?」
女赤 「right…その通り、つーわけでトイレ行ってくる。」
黄 「うん、じゃあスパーも今日は止めとくね。」
女赤 「本当に悪いな。」
黄 「うん!でも明日はきつめでいくからね!」
女赤 「ハハハ、お手柔らかにな」



え?オチはないのかって?勘弁して下さいよ、普通の黄は苦手なんですよ

204 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/08/09(土) 13:00:06.42 ID:7ttjXcDO
女赤 「あ~スッキリした」
白 「え…と?」
女赤 (白が部屋から出てくるとは珍しいな。)「あ、えーと」
白 「待って…話さなくて良いから、話そうとしたことを思い浮かべて下さい。」
女赤 「?……ああ」(テレパシーね。)
白 「…赤だね。」 女赤 「うん、正解。」
白 「まだ(薬完成まで)時間あるみたいだし、久しぶりに話がしたいんだけど。いい?」
女赤 「構わんよ、俺でいいんならな。」
白 「フフっありがと。」
【白の部屋】
女赤 「…で本当に焦った、蜂の巣になるかと思った。」
白 「青さん可愛いね。」
女赤 「なーんで撃ち殺そうとするのが可愛いんだよ…」
白 「あはは」(鈍感めww)
女赤 「『あはは』じゃない!死ぬかと思ったんだぞ。」
白 「あ、」ピキーン
女赤 「どうした?」
白 「桃さん戻ってきたから、桃さんの部屋に戻ったら?」
女赤 「うん、相変わらず凄いな白は。」
白 「///ほら、早く行きなよ。」グイグイ
女赤 「へいへい、お前もたまには居間のほうに来いよ。」ガチャ
白 「ハイハイ」(行かなくても赤は来てくれるから、必要無いんだけどね。)

215 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/08/11(月) 16:02:26.03 ID:q/HvAADO
人いないけど【女赤完結編】

女赤 「緑!薬が出来たとは本当か!」
緑 「その前に凄い格好だね、赤」
女赤 「言うな、さあ薬をくれ。」
緑 「名残惜しいけれど致し方ない、はいこれだよ。」
女赤 「よし、これで元通りだ!」ゴキュゴキュ
女赤 「うっ…眠気が…」バタリ





赤 「むぅ……ん」
緑 「目覚めた?ともかくこれで元に戻ってるから」
赤 「サンキュー!じゃあこれで俺は失礼s」ガチャン
赤 「…何故…Why!?」ガチャガチャ!ドン!ドン!
緑 「青から記憶消去の依頼がある、帰せない。」
青 「すまんな赤…あんな私は、忘れて貰わないと困るんだ。」ヒョコ
緑 「クヒ…じゃあそこに横になってね。」
赤 「だが断あ゙っ」プスッ
青 「『腕時計型麻酔針射出空気銃』…通称バーローが役に立ったな、では頼む。」
緑「あなたは消さなくていいの?」
青「戒めとしておく、ではな。」ガチャ
緑 (クヒ…これを機にもう一度女にしようかな)
赤 「zzz」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。