黒のジレンマ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

53 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/07/21(月) 23:47:28.04 ID:QkAsbkDO
【黒のジレンマ】
黒 「ふう…」
赤 「どうした黒、悩み事でもあるのか?」
黒 「ええ、まあジレンマというか何というか…」
赤 「俺でよければ相談に乗るけど」
黒 「ありがとうございます…フフッ」
赤 (もしかすると俺は選択肢を誤ったのかもしれない)ビクッ
黒 「では話しますね、つい先日父親に聞かれたんです。『誰かと付き合ったり結婚する気はないのか?』
 と聞かれたのですが、何と答えたと思います?…ウフフ」
赤 「いやー解らんな」(俺か?俺なのか!?)
黒 「その顔は解ってますね?」ニッコリ
赤 「………俺?」 黒「はいっ♪」ニコニコ
赤 「いや、でもご両親が許さんだろ!?」
黒 「そうなんですよ…でm
赤 「いやーそれなら仕方がないな!もっと甲斐性の有る奴と付き合うなり結婚するなりしてくれ。じゃあこの辺で失礼しましたー」ダッ
黒 「…♯」ピッ
ガチャーン
赤 「え?あれれ?出られないよ?」
黒 「話はまだ終わってませんよ…?」┣¨┣¨┣¨┣¨
赤 「ハイ、スイマセン」
黒 「何のジレンマかって言うと、家を取って赤さんを諦めるか、赤さんを取って家の縁を絶つかだったんですが」
赤 「そりゃあ常識的に考えて家に決まっt」
黒 「あ・か・さ・ん?」 赤「ごめんなさい」
黒 「そこで私は閃いたんです。」
黒 「まださすがに結婚はしませんが付き合う位なら…ね?」
赤 「いやいやそんな事したらチームワークとか皆の目とかがあるからムリだとおm」
黒 「そう言うだろうと思いましてね、私に考えがあるんです、つまり赤さんが私を好きになればいいと。」
赤 「なん…だと…?」(洗脳か?脳をいじくるのか?)
黒 「ですから…私が赤さんを調教してあげます///」ピシッ
赤 「…へ?」 黒 「私しか見えない様にしてあげます、痛いでしょうけどすぐ慣れますよ♪」
赤 「イ、イヤァァァァ!」ビシッバシッピシッ




うん、ジレンマ関係ないね、ごめん一応>>37を全てやり遂げたいんだ…
もう少しこの駄文に付き合ってくれ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。