桃…!まずいって!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

864 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/10/20(月) 01:11:52.48 ID:1nR4/kAO
【桃…!まずいって!】 俺は一体何がしたかったんだろう…

戦隊基地 桃自室

桃「…うぅ…2日たっても胸が痛くてブラも付けられない…」なでなで…

桃「一昨日は散々だったわ…こんなときはスイーツよ!あたしを癒してくれるのはスイーツしかないわ!」グッ!

桃「そういえば…赤に頼んどいた新作スイーツがあったわね…早く持ってこさせましょ…」ぴぽぱぽぴ

とおぉぉおうるるる…ガチャ

赤『ただいま所用の為外出しております…ご用の…』ガチャン!!

桃「…何処にいったのよ!あの役立たず!…許さないんだから…!」ガチャ…ダダダ…

商店街

赤「えーと…後は肉か…たまには魚も食べさせないとな…でもみんな好き嫌いが結構激しいんだよなぁ…うーん」てくてく

赤「マグロカレーに…でも一昨日カレーだったしな…刺身は緑が食べないし…煮魚なんかは桃がなぁ…」てくてく…

赤「…青は生臭い青魚系が苦手で…以外に黄に好き嫌いが無いんだよな…黒は…あ!そういえば白にしばらく会ってないなぁ…」てくてく…

赤「決めた!やっぱりマグロカレーにしよう!…あ、そうだ!ついでに白に鍋を…『こらぁー!!』どげしっ!

赤「…くばべしっ!!」ドシャアア!

桃「あんたどこほっつき歩いてんのよ!!あたしが内線いれたら3秒以内にスイーツ持ってきなさいっていつも言ってるでしょ!!」

赤「い、一体なにが…は!…桃?なんでこんなところに…?」むくっ…

桃「あんたを追ってきたのよ!!さぁ…観念なさい!」ぷるん♪

赤「…い、いやそう言われても…あれ?(シャツの胸の辺りが…あれ?なんか形がうっすらと…)」

桃「どうもそうもあれもないわ!さっさとあたしのスイーツを買うのよ!」ぷるりん♪

赤「…あ、あの…(まさか…ノーブラ!?ま、まずいって!…なんとかしないと!)」

桃「なによ?言い訳は聞かないわよ!」←腕組み

865 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/10/20(月) 01:15:45.89 ID:1nR4/kAO
【桃…!まずいって!】②

赤「………(…ど、どうする?『ちょwww桃さん、ノーブラですやん(笑)』なんて言えないし…)」

桃「ちょっと!聞いてるの!?」たゆん♪←覗き込み

赤「は、はい!(た、谷間が…谷間が…も、もう少しッ!もう少…いやいや違うだろ!静まれ!…静まるんだ俺…!)」

桃「ならさっさと…」

赤「あ!も、桃さん!!服買いに行きませんか!?服!」あせあせ…

桃「突然なによ?敬語まで使って…気持ち悪いわね…」

赤「い、いや…ちょうど冬物買おうと…それに今回のお詫びもかねて…(…ほんとはそんな金無いんだけど…この際仕方ない…)」

桃「あ、あら?赤に殊勝な心掛けね…い、良いわよ!行ってあげるわ!(これって…)」

赤「おk!さっそく行きましょう!すぐに!ええ!いますぐに!」グイッ

桃「ちょ、ちょっと赤…!急に引っ張らないでよ…!」バタバタ…

シティ デパート

赤「早くこっちに!…さぁ!選んでください!さぁ!」

桃「はぁ…はぁ…い、いきなり走らないでよね…い、息が……ふぅ…」

赤「………(あ…軽く汗ばんでる…シャツが張り付いてきて…これはこれで…い、いや!これは一刻の猶予もない!!)」

桃「そうねぇ…どんなのが良いかしらね…(…いきなりだったけど…これはデートかしら?ま、相手が赤じゃ役不足だけど…)」じー

赤「あっ!これなんてどうですか?(はやく!はやくっ…!)」つ地味なコート

桃「…これ?ちょっと地味ねぇ…」

赤「ならこれは!?」つ少しおしゃれなコート

桃「うーん…色が気に入らないわ」

赤「じゃ、これ!」つすごくおしゃれなコート

桃「それは派手すぎね。今はそんなの着ないわ」

赤「………(ど、どうしよう…桃の為にもはやく選ばないと…)」

桃「………(な、なによ…赤すごい積極的じゃない…)」

866 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/10/20(月) 01:21:53.93 ID:1nR4/kAO
【桃…!まずいって!】③

赤「あ!これはどうですか?」つうっすらピンク色イカしたコート

桃「これ…?(ちょっといいかも…)」

赤「試着してみてください!きっと似合います!(ここだ!ここで押すんだ!!)」

桃「え、ええ…(妙に気迫があるわね…なんでそんなに…まぁいいわ。とりあえず試着…)」シャ…

赤「はぁ…なんとかここまで……しかし…大きかったな…いやいや!仲間をそんな目で…」ぶつぶつ

試着室

桃「なかなかいいじゃない…あら?やだ…ブラしてないじゃない!…まぁ別にいいわ、見られて減るものでもないし…」

桃「~♪」

売り場

赤「しかしなぁ…金が…カードを使うか…いくらあったっけ?うーん…」ぶつぶつ

桃「なにぶつぶついってるのよ?…それよりどう?これ…」てくてく…

赤「あ、桃…似合ってると思うよ…(よし、これなら平気だな…でも金が…)」

桃「そうかしら?…じゃ、これにするわ!」

赤「あぁ…じゃ、会計すませるか…」

レジ

店員「19,800 円になります…」チン

赤「…はい(お、思ったよりずっと高い…値段見てなかったぁあ!!)」

店員「…おつつみしますね…失礼します」
赤「あ、いえ!このままで平気です!着ていきますから!ね?桃?」

桃「え?えぇ…」

店員「畏まりました…お買い上げありがとうございました…」

867 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/10/20(月) 01:31:21.86 ID:1nR4/kAO
【桃…!まずいって!】④

商店街

赤「………(すっからかんだ…まだ冬でもないのになんだか寒い…)」とぼとぼ

桃「そういえば赤…冬物買うんじゃなかったの?」てくてく

赤「い、いや…まだ早いかな~って思って(…ていうか…今年は新しいの買えそうにないし…)」

桃「あら、そうなの?…買いに行くなら…付き合ってあげても…良いわよ?」

赤「い、いいよ…そんな気を使わなくても…(…だから買えないってぇの!…無理無理…)」

桃「遠慮することないわよ!赤にピッタリの選んであげるわ♪」

赤「…はい…(…機嫌損ねるのもなんだし…とりあえず頷いておこう…気持ちはうれしいんだけどね…)」

桃「決まりね!じゃ、次に行くわよ!」

赤「え…次?ど、何処に…」

桃「スイーツき決まってるじゃない!秋限定の新作スイーツ…この機を逃したら…急ぐのよー!!」タタタ…

赤「あ゛……か、勘弁してくれぇええ!!」がっくり…

桃『赤ー!?なにしてるの!?早くくるのよー!!』タタタ…

赤「…あぁあ…あぁぁあ…」ボー然

桃『行くのよー!!待ってなさい!あたしのスイーツたち!!(…あぁ…スイーツが呼んでるわ!…このコートのお礼赤に奢らせるのは勘弁してあげようかしらね♪)』タタタ…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。