緑3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

493 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/12(土) 15:20:21.27 ID:EB7i1fI0
赤「さて、昔々緑に試して見てくれと言われたきり試してなかった薬が
  でてきたわけだがどうしよう……」
赤「ちゃんとビンに用法容量は書いているのになぜ効能は書いてないんだよ……」
赤「ここは無難な線で緑に飲むべきかどうかを聞いたほうがよかろうな」

赤「あ、緑ー?部屋でこの薬見つけたんだけどどんな薬だった?飲んだ方がいい?」
緑「……?忘れた。でもきっと大事な実験だと思うから飲んで」
赤「……もし日がたってて危険になってたらd
緑「飲んで」
赤「アイアイサー(´・ω・`)」

赤「さて部屋に帰って飲んでみたらなぜか体が透けているわけだが。
  透明人間?これなんてエロゲ?」
ガチャ
緑「仕事がやっと一段落したさっきの薬どう?赤ー?」
赤(……これはいたずらフラグでしょうか……?)
緑 キョロキョロ ! モフモフ
赤(み、緑が俺の枕でモフモフしてる…//か、かわいすぐる
  だきしめたい、キスしたい、襲っちゃいたい。)
緑「はぅ...赤ぁ」
赤(もうだめぽ。水せき止められません!壁崩壊します!!)
…………チュ……
緑「!?」
緑「え……?唇?キス?……!?
  なんかヘソのあたりき堅いものが当って……?」
赤(あ、やばテント張っちゃってる。ダム崩壊したのに川辺でキャンプらめええええええええ
  って、マイサンの部分だけなぜか透明じゃないですよー?あれれー?
  あ、ジョジョに体が……、そして服まで透明にはなれなかったので今私は全裸です)
緑「……思い出した。あの薬はたしか潜入捜査用につくった薬
  皮膚の表面および体毛等を一時的に工学迷彩にできるようにしたもの
  しかし効果が現れる時間がわからなかったため、赤に試すように私が言いつけた」
緑「そこの逸物!この私から逃げれるとでも思って……!?」
赤「滅相もございません!!全裸で基地内を歩けましょうか!?大佐!」
緑「よろしい。こちらへ。そう、ベッドの脇。私の隣に座りなさい。貴方には罰が必要」
赤「あまり、劇薬とかは遠慮したいのですが…。
  って、緑!?僕をベッドに押し倒してナニをしようしてるのかな」
緑「心配ない。劇薬は用法容量を正しく使用すれば薬になることもしばしば。
  よって問題ない。貴方は私に従えばいい。とりあえずは私のしたいようにする。
  貴方には薬が必要。」
赤「いや……ちょっと、それは!そこはだめぇぇぇ……」


赤「ッ!ハッ!ドリームか!
  って夢精ちゃってる!布団がマズイ!それに心なしか緑の匂いが……
  あ、また僕の息子が……」

緑「睡眠薬は常備している」


まだ投下二回目なのに調子こきました。ごめんなさい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。