桃7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

897 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/18(金) 01:16:09.26 ID:q4cSozo0
ある春の日のこと、寒かった風も温かくなって、
ぽかぽかとした日差しに眠気を誘われていた日のこと
今時の子供は、やはり刺激のあるものが好みなのか
休日の昼間だというのに、動物園の中は人もまばらで盛況とは言いがたい
子供を連れた親たちが何組か見えるが、若者だけでとなると殆どいない
のどかと言えば聞こえがいいが、物寂しさを感じさせる雰囲気でもある
赤「…暇だ。」
桃「私に言われてもねぇ。…まぁ、動物たちが逃げ出したらパニックになるからって事で
  来てるんだから、むしろラッキー、とでも思いなさいよ。」
彼がけだるげに呟いた言葉に、溜息とも苦笑ともつかぬ口調で返す
ラッキーとでも、などと言ったが、私だって暇でしょうがないことには変わりないのだ
赤「そう言ってもな…やっぱり繁華街とか娯楽施設とかそういう所の方がよかったなぁ。」
桃「なら今から行ってみる?ここは私が見とくから。」
欠伸を堪えて話す彼にそう提案すると、めんどい、とだけ返ってきた
面倒臭いということだろう。正義のヒーローとしてはどうかと思うが、否定する気も無い
私だって似たようなものだし、それに、何よりもせっかく二人きりになったというのに
好きこのんでその時間を減らすつもりも無い
桃「とは、言ってもねぇ…」
如何したものかしら?と言葉に出すことなく続ける
彼の方を見れば、順調に舟をこぎ始めているし…
まぁ、普段こき使われているから疲れも溜まってるんでしょうから
少しでも休ませてあげたいんだけどねぇ…
桃「赤、赤!」
赤「ん?どうした、何か起きたのか?」
桃「違うわよ、それより任務中に寝ないの。」
赤「えぇ~、昨日殆ど寝てないんだよ、これ以上起きてたら死んじゃうって。」
そう言って、なんとしても寝ようとする彼を起こし続けていると、ついに諦めたらしい
赤「よし、わかった。桃、俺に膝枕してくれ。それで万事解決だ。」
…前言撤回、ぜんぜん諦めてなかった
桃「…えっと、意味がよく解らないし、聞き間違いかもしれないから、
  もう一度言ってくれる?誰が、何をするって?」
赤「俺は桃の膝枕で寝たい。だから膝枕をしてくれ。」
言い切られた、それに話が通じてない、しかも眼がマジだ
桃「…はぁ、わかったわよ、これでいい?」
ベンチの端によって膝を揃えると、「ん。」とだけ言ってそのまま倒れこんできた
桃「いつもこれぐらい積極的ならねぇ。」

すぐに寝息を立て始めた彼の髪を梳きながら、見当違いの愚痴をこぼす
本来気にするべき任務については、頭のどこか片隅へ
そういえば、お弁当持って来たんだけど如何しようかしらと、のんびり考えている
そんなある任務の日のこと、春の日差しが暖かった日のこと
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。