無題4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

78 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/26(土) 14:51:57.72 ID:BVo1jXs0
男「秘書君、実は大事な話がある」
秘書「なんですか首領?」
男「俺首領やめる。新しい首領見つけてあるんで、新首領の下でみんな頑張ってくれ」
秘書「はぁ?!一体どうしたんですかいきなり!?それに新首領ってどんな・・・」
男「五歳」

秘書「は?」
男「ごさい。可愛い女の子だ。そのうえ多才で志高く、なにより優しい。
  世界征服を成すにふさわしい子だ」
秘書「・・・それで、首領はどうされるのですか」
男「俺は色々忙しいからな、嫁さんとの時間が最近取れてないし・・・
  ていうか、俺たちはまだイチャイチャしたい盛りなんだよ!!!」
秘書「つまり、奥さんとでれでれイチャイチャしたいから首領を辞めると・・・」
男「うん、そう」

82 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/26(土) 15:12:57.59 ID:BVo1jXs0
78続き

秘書「はぁ・・・わかりました。止めても聞いてくれませんものね首領は」
男「おぅ!さすが秘書君だ!!うちのガキにも見習わせたいぞ!」
秘書「そういえば首領はお子さんがいらしたんですね」
男「ああ、これが生意気なガキでな・・・悪の首領の息子のクセに
  正義の戦隊の赤になりたいとか抜かしてやがる」
秘書「男の子ってそういうものじゃありませんか?」
男「男の子なら親父の仕事に憧れるもんだろぅ?!それなのに正義の戦隊て!」
秘書「まぁ、それでも悪の首領になりたいとはあまり思わないでしょうから」

男「はぁ・・・。ま、俺には秘書君も娘のようなものだからな。出来の悪い息子と
  出来のいい娘がいて、ちょうどいいのかもしれんな」
秘書「・・・そうですね、私も首領を実の父親のように思います・・・」
男「うんうん・・・あ、そうだ。いいこと思いついたぞ」
秘書「いいこと?なんですか?」

89 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/26(土) 15:34:05.00 ID:BVo1jXs0
82続き

男「秘書君俺の息子の嫁になりなさい。いや婿にやってもいいぞ」
秘書「は、はい??!!」
男「そうすれば名実共に秘書君は俺の娘になる!
  息子にも美人で器量よしの嫁さんができる!いいことづくめだろぅ!?」
秘書「あの、いきなりそんなこと言われても・・・」
男「うちのガキは甲斐性はないが、腐っても俺の子供だからな、
  そこらのヤツよりかずっといいと思うぞ?な?な?」
秘書「・・・はぁ。・・・それじゃあ、少し考えてみます。」
男「よし!!約束だぞ?!いやぁ今日はいい日だなぁ!がははは」
秘書「約束って!?私は考えるといっただけで・・・」
男「ああ、それと新首領の就任にともない秘書君は女幹部に格上げだ!!
  影に日向に新首領を支えてやってくれよ?がはははは!」
秘書改め女幹部「話をきいてくださーい!!」


数年後

女幹部「あの時の約束は、まだ有効でしょうか・・・」
赤「?女幹部さん何か言いました?」
女幹部「い、いえ///ちょっと昔のことを思い出してただけで・・・
    さ、今日も私が奢りますから、行きましょう?」
赤「あ、はい。でも、すいません、いつもご馳走になって・・・」
女幹部「ふふっ。そんなこと、気にしなくていいんですよ///」


 赤とか赤の親父とか女幹部とかを掘り下げてみた
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。