2008反省


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ドタキャンへの対処を事前に決めていなかった(ドタキャン多数のため、赤字になってしまった)。
 ↓
①キャンセル不可である場合、キャンセルがでた場合の対応を決めておく。
②具体的には、期日以降のキャンセルは「費用負担」して頂く旨を事前に通知しておく(案内状に記載)。


■ドリンク等のオーダーの段取り。受付時にメニューから一品選んでもらい、メモをとる。開始時間の少し前に店側に提出した。

①一度に大量の注文を提示したこともあり、必然、ドリンクが揃うのに時間を要した。結果、交流会開始の遅延要因のひとつとなった。
②順次、注文を店側に流す方法を採用するべき。

■演奏の段取り 特段の司会進行などの方法はとらず、弾きたい人から順次自分のタイミングで演奏を行った。

①これはこれでよかったとも思えるが、賛否両論の様子。

■遅刻が多い。

①特に現役生。場所が分かりにくかったとの話があったようだが、言い訳になりません。論外。
②事前の案内・通知に不備があったのであれば運営側の手落ち。

■人集めの為に労を要した。OB参加の過半は電話営業の成果。

①なるべくなら、電話営業はしたくない。そんなものをしなくても「ぜひ参加したい」と、OB諸氏に評価される催しにしていくしかないですね。
②ブログ・案内状などを効果的に使い、交流会の現状についてポジティブなイメージを周知させる努力をする。





名前:
コメント:







.