※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リョウ立ち回り

6A6A>立ちAの「ワンツー・パンチ」が基本。6A6A後に相手が反撃してきて立ちAがしばしばカウンターヒットする。その後は確実に空中コンボを入れていこう。中距離では虎戯打ち(66A)か踏み込み下段正拳(33A)かの2択攻撃が有効。相手の起きあがりにもこの2択は使えるので覚えておこう。
めくりジャンプC>6A6Aをする場合には、空中で振り向くまではレバーを前要素(9or6or3)方向へ入れないように。レバーを入れたままだと、振り向いた時点で64のコマンドが完成してしまうため、続けて6Aを入力すると暫烈拳(646A)が暴発してしまう。
対空には風殺蹴り(4B)を用いる。強虎砲(623A)は早出しなら使えるが、引き付けて出すとあてにならないので注意。

キャラ対策

ロバート

接近戦での攻撃、各必殺技による技後の隙、ダウン追い打ち攻撃(虎煌撃)、ラッシュ攻撃発動までの時間、中段浮かせ攻撃の早さ、どれをとってもこちらが有利なので焦らず確実に攻撃していこう。龍虎乱舞はステップバックスウェー(A+B)で交わすか暫烈拳(646A)で潰すかの2択でよい。

リョウ

ロディ

レニィ

香澄

カーマン

不破

ラッシュ攻撃の速さはこちらが上。しゃがみ途中キックや頭突きを読みきり、ガードしたら即ラッシュで反撃。6Bのあとは下段キックと中段パンチの2択の押し付け。ジャンプCのあとはこちらもジャンプCでめくって攻守交替する。一度主導権を握ったらそのまま押し切る気持ちで戦う事。
飛び道具及び龍虎乱舞は流影陣で封じられる為、基本的に使わずに戦う事。どうしても使いたければ、緩急をつけてタイミングをズラすべし。弱虎煌拳を普段は起き上がりに重ねておいて目を慣らさせておいて、突然強虎煌拳。龍虎乱舞と見せかけて覇王翔吼拳。

シンクレア

小ジャンプBを多用して近距離戦に持ち込もう。近距離戦で「ワンツー・パンチ(6A6A>立ちA)」を繰り返すだけで勝てる。ワンツー(6A6A)で止めて投げを狙うのも可能だ。また、シンクレア相手には「しゃがみA」を連発するだけでも結構いやらしい攻撃となる。
下段が強力なので暫烈拳と相性が悪い。対空以外で出すのは控えよう。代わりに大活躍なのがスウェー。シンクレアは投げが無いので遠慮無く避けられる。これで2択は完封できる。ダイブソードを躱した時は左右が変わる時と変わらない時があるのでニュートラルCが安定。判断が可能なら中段パンチで浮かせよう。

ワイラー

遠距離での飛燕疾風脚(16A)が中段攻撃としての役割を果たすので使える技だ。あいてのジャンプ飛び潰しにも使える。
ワイラー相手には永久コンボが使えるので、ぜひ狙っていこう。永久コンボを駆使すれば、どうにか倒せる範疇にあるぞ。覇王翔吼拳(641236A)はワイラーの立ちA連打を持ってしても、潰しにくいようだ。跳ね返し(28A)が怖いけど覇王吼拳ブッパもあり。