※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロバート立ち回り

基本は立ちBでペチペチ攻撃していく。カウンターヒットした時はラッシュ攻撃で追撃しよう。龍撃拳はモーションに入ってからでも飛び込まれてしまうので、近距離で撃つのは要注意。強龍牙の無敵時間は有って無いようなものなので信頼はできない。攻めのポイントはラッシュ攻撃(6A6A6C)をメインにしていく。2発目の6Aや6C部分をディレイ気味に出して相手の反撃を潰すことが出来れば、カウンターヒットで浮いた相手を立ちAで拾った後、6A6A6C>龍斬翔(4B)を決めていこう。

キャラ対策

ロバート

リョウ

低い姿勢の技が少ないのでバックブロー(4A)が機能しやすい。ガード後やステップしてからだけでなく、置いておく感じで出しても構わない。飛燕疾風脚はガードしてしまうと反撃が難しいので、しゃがんで躱してからバックブローで浮かせよう。似た技を持つ同士だが、近距離戦では明らかに不利が付く。離れ気味に戦うようにするべき。

ロディ

ラッシュ攻撃や立ちC、フロントステップ等で勝手に突っ込んでくるプレイヤーには置きバックブロー(4A)でカウンターを当てまくろう。弱リボルビング・ロッドだけが怖いが立ちBが当たる距離ならガード後のステップバックブローで攻守切り替えできる。常に立ちBの先端が当たる距離をキープしよう。強リボルビング・ロッドはガード後に強龍撃拳で反撃できるのでもっと対応が簡単。また立ち回りでは3段蹴り(4B)もバリヤー効果が高い。ハイパートンファーはバックステップで躱す。画面端なら幻影脚か3段蹴りに賭けよう。
とにかくバックブロー、立ちB、3段蹴りで空間を制圧してラッシュ攻撃を封じよう。近距離戦以外なら勝負になる。

レニィ

香澄

立ち回りの基本は遠距離。気力がゼロになるまで近づかないぐらいのつもりで可。近づいてきたら長い屈み途中Bで早めに追い払う。
重ね当てはリスクはあるが意外と対応できる。幻影脚は当たると固定演出に移行するので重ね当てで相打ちは取られない。さばき対策にもなるので幻影脚はいつでも打てるように心がけておく事。また弱龍牙も重ね当てにダメージ負けしないので相打ち狙いで出しても良い。対空の重ね当ては飛燕龍神脚でタイミングをズラそう。重ね当てガード後は立ちBで反撃すればカウンターが取れる場合がある。確実にラッシュで反撃だ。

しゃがんだ王に立ちBがスカってしまいガードさせる事すらできない。だがそれでも立ちBで牽制しよう。しゃがんでいる=前進してこない。行動抑止効果は充分にある。王は遠距離から一気に間合いを詰める技を持っていないので龍撃拳が使いやすい。当然ジャンプには気を付けるのだが、間合いさえ外せばそれほど恐れる事はない。強弱の緩急を付ければ打ち消すのも難しくなる。接近しての白蛇吐息やラッシュA連打は中々に厄介。さばくかしゃがみAで追い払おう。屈み途中Aに化けないように気を付ける事。

カーマン

ハイポイントヒール(4B)がやっかい。タイミングをあわせてバーニングブロー(AB)や4Bで潰すのが吉。龍撃拳はクイックアンダーストレート(646A)で潜られるので乱発注意。幻影脚もハイポイントヒールの餌食となるので心して戦うこと。

不破

シンクレア

小ジャンプBを多用して接近戦に持ち込もう。近距離戦では立ちBか6A6Aを繰り返すだけで相手の動きを封じ込められる。その後は、ガードしている相手に投げor中段の2択で攻めよう。シンクレア戦では、幻影脚と飛燕疾風脚はなるべく使わないようにしよう(ガードされると強烈な反撃がくるため)。

ワイラー

ロバート得意の立ちBがワイラーの6Aにリーチ、威力の面で負けてしまうのが辛い。中距離戦は不利なので、近距離もしくは遠距離で戦うのが望ましい。近距離ではカウンターヒット後のラッシュ攻撃が狙いやすい「立ちA」をメインに使っていこう。但し、相手の立ちAも強力なので適度にバラまくのでは無く、狙いを定めてから使っていかないといけない。遠距離では弱龍撃拳(236A)を使うように。遅い弾丸はワイラーは飛び越しにくいようだ。