※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビッグ立ち回り

武器を持っているのでリーチは長いし、攻撃力も高い。立ちAや立ちB、しゃがみAで牽制しながら相手を攻めよう。メインのダメージ源は遠距離C(A)。多段技で、通常技のクセにとてつもないダメージを誇る。CPUはあまり使ってこないので知らない人も多いだろうが、対人戦ではぜひ積極的に狙って欲しい。グランドブラスターはビッグの貴重な下段技。出は遅いが技後の隙は少なめなので起き上がり等に重ねるといい。この技を出しておかないと立ちガードで安定になってしまうので、チャンスがあったら出しておくようにしよう。
ビッグはジャンプができない。この時点で攻めのバリエーションがかなり狭い事がわかる。接近手段の代わりはダッシュで。前転で判定が小さくなる為、意外と気軽に使っていける。ただ下段が貧弱なのも作用してガード崩し能力はどうにもならない。多段な技が多いので相手の反撃を上手く誘い潰せればいいのだが。ビッグには相手の高いジャンプ攻撃をガードできないという最大の弱点がある。具体的には頭頂部への攻撃を防げない。立ちAでジャンプさせない。ダッシュで潜る等の対策が必要になってくるだろう。勇気は要るがあえてしゃがんでスカすという手もある。

キャラ対策

リョウ

中段のしゃがみAで立たせておいて遠距離C(A)でダメージを狙うのが基本戦略。常に棒の届く距離をキープしてジャンプ等の行動をさせないのがベスト。コマンドの簡単さの差で暫烈拳も発動前に潰せるだろう。連続してジャンプ攻撃でまとわりついてくる場合は降りジャンプ攻撃ガード後に立ちAで割り込み。再びジャンプしようとした所を落とす。

ロバート

リョウと一緒。

藤堂

地上戦は立ちBで牽制。間合いの外からの重ね当てはこれで消せる。間合いが近いと棒に藤堂本体が当たって、気の部分がビッグに通ってくる場合がある。距離が近いと思ったらしゃがみAから立ちC(A)へ連携して突き放そう。重ね当てを封じると藤堂側の選択肢はジャンプ攻撃しかなくなる。藤堂のジャンプ攻撃は判定が厚いためか、他キャラよりもガード不能になりやすい。前転と後転を駆使して飛び込みポイントを絞らせないようにしよう。前転してからは立ちAを出しておけば、重ね当てにはカウンターで刺さるし、飛び込みにも正面・潜りのどちらにも対応できる。

ジャック

ビッグは体格的にダウンしづらいのでかなり有利。ジャックの攻撃を喰らおうがガードしようが、技後の隙にバシバシ反撃できる。ジャックが密着しての乱戦を狙ってくるなら立ちでのBとC(B)を中心に。離れてAの先端当て狙いならC(A)とグランドブラスター中心に攻めよう。

リー

しゃがんだリーにはグランドブラスターと近距離A(同じモーションの近距離C)の2段目以外全てスカるという最悪な技相性。しかもその2つはしゃがみガードで安定。おまけにグランドブラスターは立ちBや百烈旋風脚で飛び越しが可能。リーが攻めてきてくれるなら戦いようはあるが、ガン待ちされたらかなりお手上げ。
逆にビッグ側もリーの攻撃は鉄の爪(下段)以外はすべて立ちガードできる。リー側が焦れて攻めに来る事を祈ろう。攻める為には間合いを詰めねばならないので、つまりはしゃがんでいないという事。ビッグの頭を狙ってきたリーを間合い調節して立ちAやA+Cで落とす。C(B)や百烈旋風脚をC(A)かC(B)で潰す。普通に歩いて前進した所に立ちBでも良い。グランドブラスターでのケズりも単調にならずに混ぜていく。
立ちガード中心になる為どうしても画面端に追い込まれやすい。後ろに下がれなくなるとジャンプの落としづらさがさらに増す。クロスダイビングで脱出しよう。リーがジャンプ攻撃をしてきた時にわざと前進して喰らい位置交換するのも手。どうせガード不能だしね。

キング

しゃがみ攻撃を出しながら接近すれば、ベノム対策にもなる。

ミッキー

ミッキーの主力兵器である立ちBとしゃがみA。それぞれビッグのC(A)としゃがみAの方が性能が良い。あとは対空対応を間違えなければ問題ないだろう。ミッキーのジャンプはめくり性能が皆無なので前転で。やけになったミッキーが飛び道具でケズりを狙ってきたら、きっちり遠距離立ちC(A)で潰しておく。

ジョン

近づかれたら死。オーバードライブキック地獄からは逃れられない。だから近づかせなければ良い。立ちBとC(B)を軸に戦おう。ジョンのジャンプ攻撃はどれも足が下の伸びているので、立ちBで充分落とせる。接近されてからめくり気味に飛ばれるのは怖いが、立ちBの間合いの外からジャンプしたのでは、ビッグを飛び越す事はできない。メガスマッシュは立ちBでは消せないが、オーバードライブキックに比べれば全く脅威ではない。ガード対応で構わないだろう。むしろ自ら気力を減らしてくれてありがとう。
オーバードライブキックパターンに入ってしまったら、全力でバックダッシュ。重ねが甘ければ逃げる事ができる。ただし、後ろが空いてないと距離が取れない。よって普段の立ち回りでなるべくジョンを画面端に追い詰めるように戦っておこう。ジョンの気力が赤ければ、オーバードライブキックの蹴り連打部分が少なくなる。つまり下段の時間が少なくなるという事なので、起き上がり立ちガードしておけば、最後の裏拳のみガードして反撃できる可能性もある。しょせんジョン側のミス待ちでしかないが。

Mr.ビッグ

Mr.カラテ

リョウと一緒。