※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミッキー立ち回り

リーチと判定に優れた通常技群を持つミッキー。地上戦・空中戦ともに主導権を握りやすい。リーチはしゃがみAと立ちB。判定はダッシュA・Bが優秀。また妙にモーションの速い立ちAも特定のキャラに対して威力を発揮するだろう。ジャンプ攻撃は持続時間が長めなので早めに出しておけば相手の昇り対空を封じつつ接近できる。必殺技は出が遅過ぎで頼りづらいが逆に言えば気力が必要ないという事でもある。体格が大きいのでダウンしづらく取りやすい。そのくせしゃがみポーズの座高がさほど高くないのも地味にプラスポイント。
反撃を含んだ接近戦にはしゃがみBが活躍する。出が早く攻撃位置も低いので相手の姿勢に関わらず反撃が容易。しかもミッキーの通常技群では最も威力が高いのでダウンも期待できる。おまけに下段。ミッキーの全ての技の中での最高威力はバーニングアッパーだが、出の遅さはご存知の通り。よって相手の気絶に対して、回復が早そうならしゃがみBを当てる。
アッパー系の技がいくつもある割りには対空面に若干不安が残る。遠めの対空にはA+CかB+C、さらに遠くなら立ちBで安定。だが頭部付近を狙われるとハマる対空技がない。昇りジャンプ攻撃で迎え撃つか、ガード後にしゃがみBで切り返す。ダッシュA・Bなら判定的には高い対空性能だが、威力が低いのとジャンプ攻撃に対してダッシュするのは失敗した時のリスク面で恐怖がある。ガード崩し能力に乏しいのも弱点。中段になる技が少なく、投げもなく、めくり技もない。ケズり能力も低い。垂直ジャンプ攻撃としゃがみBの2択、もしくは表裏どちらかわからないように飛び込んでからのしゃがみBが精一杯。

キャラ対策

リョウ

ダッシュ投げ関係の立ち回りをジャブで封じ込められるのがデカい。牽制は立ちAで決まり。立ちAでダッシュ暴れを封じたら立ちBとしゃがみAで地上戦は制圧できるだろう。空中戦に関しては立ちBでそもそもジャンプさせない事。あとはこちらが好きなタイミングで飛び込んでプレッシャーをかけていこう。

ロバート

基本はリョウと一緒だがジャンプBがロバートの方が鋭いので注意。対空への備えをリョウ戦よりも意識しておく事。昇りジャンプで迎え撃つ。

藤堂

暇があったら挑発しておこう。気力さえなくしてしまえば、あとはしゃがみAを中心とした立ち回りで押していける。藤堂のジャンプ攻撃は昇りジャンプAで落とす。ただ藤堂が昇り降りを連続して攻撃してくるとジャンプ攻撃では落としづらい。ガード後にしゃがみBか立ちAで割り込もう。三角飛びに関してはダッシュAで迎撃する。そんなに高速で突っ込んでくる訳ではないので、なんとか対応できるだろう。
ダウン時やジャンプ攻撃をガードさせた後に、密着しておいて立ちA連打も面白い選択肢。下段が怖いので藤堂はしゃがみがちだが、しゃがんだ状態からは有効な割り込み手段がない模様。動けば立ちAが刺さるし、しゃがんだままなら密着ダッシュAが中段になる。
なお藤堂へのジャンプ攻撃は間合いがかなり大切。ミッキーのコブシが藤堂の頭部にくるように飛ぶならミッキーが勝つが、それ以外の間合いだとしゃがみAで落とされる。距離で飛ぶタイミングが読まれやすいので注意。

ジャック

まずはジャックの対戦攻略の対ミッキーの項目を読もう。ミッキー側は全くその逆を行えば良い。ジャックが直前にAの技を出しているならジャンプで、Bの技を出しているなら地上から近づく。地上から近づく場合は立ちBを振りながら接近すると良い。ある程度近づいたら立ちAに切り替える。立ちAをガードさせる→ちょっと前へ→立ちA。このループでジャックはほぼ固められる。ここにしゃがみBを混ぜれば、立ちAは中段でしゃがみBが下段なので完全ガードは困難だろう。
ダッシュAでほぼ全ての技を封じられる事が判明。上半身無敵を利用してジャックの技を潰しまくろう。下段との2択を狙うと近づいてダッシュAを出したくなるが、それだと立ちAやC+Bで止められる可能性が高くなる。先端をジャック本体ではなく、ジャックの手足に当てる感覚で使おう。

リー

百烈旋風脚での大ダメージ事故が恐ろしい。気力減らすまでは細心の注意を払おう。リーはダウンしやすいのでチャンスを逃さず挑発しておけば、その事故は封じられるだろう。しゃがみAをバラ撒きつつ、接近戦になったらしゃがみBでダウンはとれる。
対空環境の弱さがリー相手だとハッキリ出てしまう。ジャンプAを真っ当に落とす手段は無いと思っていい。ジャンプを防止する事が重要。ダッシュAによる牽制でジャンプし掛りを潰す。しゃがみAは空振り牽制でなく、キチンと触れられる距離で出す。ジャンプを繰り返されたら、立ちガードでガマンするか、立ちAで割り込む。
ダウンのリーに必殺技でケズりを狙うのはあまり意味が無い。バーニングアッパーにせよ、ローリングアッパーにせよ、昇りジャンプBで対処される。

キング

ベノムストライクをしゃがみAで潰せるとグっと楽になる。距離詰めはしゃがみAを振りながら。ただし地上から接近しようとするとキングの立ちBの長さが意外とうっとおしい。早めに攻撃を出したジャンプで昇り対空を防ぎつつ接近すると良い。接近したらしゃがみA・Bを中心に、ジャンプ攻撃を混ぜてガードを揺さぶる。
キングのジャンプ攻撃はそんなに強くないのでC+Bで積極的に落としにいっても良い。ただ、しゃがみガードでも対応できるっぽい。ジャンプ攻撃なのに。

ミッキー

ジョン

ジャンプ中心に攻めるジョンならこちらもジャンプ中心に攻めよう。上空を先に取って攻撃を早出しする。立ちBやしゃがみB中心のジョンなら地上からしゃがみA中心で攻める。対応に困る場面があったらしゃがみBで切り返そう。乱戦時にもしゃがみBは有効だ。ある程度接近したら立ちAも牽制に混ぜるとジャンプ防止に役立つ。
メガスマッシュに関してはしゃがみAで封じ込めが可能。気力無しメガスマッシュ連打に対しては、一歩踏み込んで立ちAやしゃがみAを出せば、出掛りを潰せる。

Mr.ビッグ

理論上はグランドブラスター以外ダッシュAで全ての技を潰せる……のだが、ちょっと間合いを間違えると大ダメージを喰らう。また、その潰せないグランドブラスターもダメージが大きい上に、下段で技後の隙も少ない。とても厄介。ミッキーはしゃがみBの暴れが強いので結構適当に戦っても強いが、対ビッグに関しては攻め時と守り時をきっちり区別する。
まず攻めの起点はやはりダッシュA。これを思いっきり先端をカスらせるように使う。これをガードないしヒットさせると、ジャンプ攻撃がぴったり合う間合いになる。ここからジャンプするか、再びダッシュするか。ジャンプで近づいた場合は立ちBとしゃがみAで2択が仕掛けられる。下段はしゃがみBの方が攻撃力が高いが、ビッグはのけぞりの後半に無敵時間があり、そこにしゃがみBがスカりやすい。威力は落ちるがしゃがみAを使おう。一応そこからもう一度立ちBとしゃがみAで2択仕掛ける事もできるが、ビッグのしゃがみ攻撃で割り込まれる可能性もある。立ちガードした方が安全ではある。
守りに関してはビッグの下段はグランドブラスターだけなので、立ちガード中心で。グランドブラスターへの対処だが、出るのが遅い割にいざ反撃しようとすると隙が少ない。先読みした場合のみ前ジャンプして、それ以外の場合には垂直ジャンプかバックジャンプをしよう。しゃがみBで消す事も可能だが、難易度は高め。出る前に潰すならかなり踏み込んで攻撃しなければならない。

Mr.カラテ

リョウよりも技の出が早いカラテだが、リーチ面でのアドバンテージが大きいためリョウと同じ立ち回りでオーケー。何気にミッキーは極限流キラーだと思う。