※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タクマ基本パターン

挑発から対空

相手の気力を赤にした後、遠距離で挑発をするとCPUは飛んできます。それを遠距離B(強)で対空する。
これが延々と続きます。
いかにCPUと距離を離して挑発を出す間合いをつくれるかがポイントです。
遠距離B(強)が入らないような距離になってしまった場合は、一度、C+Aのアッパーでダウンさせ虎煌拳を重ねるなどをして距離を置きましょう。

投げ(受け身を取られなかった場合)のあとに虎煌拳を重ねる

相手が投げを受け身しなかった場合、虎煌拳を重ねるとほぼくらって気絶します。
以降、これを繰り返し。

飛燕疾風脚連発。

とにかく飛燕疾風脚を連発。気力が切れてもかまわない。スカったら投げる。以後繰り返し。多くのキャラに有効。

キャラ別ポイント

リョウ

なんとか相手の気力を赤くする。そしてリョウに下強キックをガードさせると、バックジャンプして三角飛びをしてくる。それを打ち落とす。

ロバート

リョウと同様。

ジャック

下強キックをガードさせるとドロップキックをしてくる。ガード後倒れた所を投げてから、起き上がりに龍撃拳を重ねると気絶する。

リー

挑発からの対空。3人目くらいまでは、ジャンプ頂点辺りでの弱パンチからのすかし投げが使える。4人目以降は飛燕疾風脚連発。

キング

リョウと同様。

ミッキー

スタート時何もしないと、前方ジャンプをしてくる。それをくぐって投げる。ダウンしたら虎煌拳で気絶へ。受身を取ったら何もしない。するとまた前方ジャンプしてくるので潜って投げる。

ジョン

スタート時以上の間合いで、飛燕疾風脚連発すると勝手に当たる。ただしジョンに気力が残ってる場合。お互いの気力が切れてきたら、間合い離す。遠距離で気力溜めをするとジョンも気力溜めをするので、ある程度たまったらまた飛燕疾風脚。

タクマ

挑発からの対空。

ユリ

画面がアップする間合いで気力溜めをすると、ユリは遠距離大キックをしてくる。ガード後、下強キック。

影二

挑発からの対空。

テムジン

垂直ジャンプ強キック。

Mr.ビッグ

飛燕疾風脚後、跳ね返った後に垂直ジャンプ。するとビッグが飛んでくるので落とす。落とされたビッグが頂点から落下に入ったら、また垂直ジャンプ。するとまた飛んでくる。以後繰り返し。

ギース

烈風拳を打ってきたら、垂直ジャンプで避ける。するとギースが歩いてくるので投げる。その間合いで弱パンチを連発するとギースが飛んでくるので落とす。落とされたギースが頂点から落下に入ったら、弱パンチ連発。するとまた飛んでくる。以後繰り返し。ただし距離調整の工夫が少し必要。投げてダウン後の虎煌拳もあるが、なかなかダウンしない。