※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MAP基礎知識


  • MAPは全て20×20、両端でループする。
    • 座標は北と東それぞれ0~19の値となる。
      • 例えば東19から東に一歩進むと東0、北0から南に一歩進めば北19となる。
    • イベントポイントの座標の表記は、魔法の白地図を使用した時に表示される情報と同様。
      例えば(N02:E10)ならば図書館の位置から北に2、東に10歩分移動した座標を表す。
  • 階層は地下一階(B1F)から地下8階(B8F)まで。(Ver0.90h現在)
  • 大図書館から地下迷宮に入った際の向きは南。
  • 階段の昇降では向きは変化しない。
  • 落とし穴による現在位置の変化は一切ない。

MAPの見方

  •     …部屋と部屋を繋ぐ普通の扉。どちらからも通行可能で常に目に見える。
  •     …部屋と部屋を繋ぐ隠された扉。どちらからも通行可能だが普段は壁と見分けがつかない。
            夢幻の灯篭を使用すると必ず発見できる他、移動時に稀に見えることもある。
  •     …部屋と部屋を繋ぐ一方通行の扉。常に目に見えるが矢印の向きにしか通行できない。
  •    …大図書館に繋がる階段。迷宮から大図書館に帰る時も大図書館から迷宮に降りる時もここ。
  •    …上り階段。一つ上の階の同座標の位置に移動する。
  •    …下り階段。一つ下の階の同座標の位置に移動する。
  •    …イベントポイント。調べるとアイテムが手に入ったり敵が出現したりと様々なものがある。
  •    …ワープポイント。同じ階の別の場所に強制的に移動させられる。
  •    …落とし穴。乗るとパーティー全員がダメージを受ける。迷宮深くには強力なタイプも存在する。
  •    …シュート。乗ると一つ下の階に落とされる。その際パーティーの向きと現在の座標は変化しない。
  •    …移動不可能なエリア。壁などで区切られているため侵入できない。いしのなかにいる
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|