立ち回り・フル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【遠距離】
どの距離でも言える事だが、各種緋張は硬直の長さや状況の悪さから封印推奨。
基本は跳んで様子を見ながらバックダッシュA月をばらまく。
飛び道具のないキャラ相手ならゲージ溜めもあり。

序盤は相手の出方を伺いつつ、各種BE月を盾に距離を積めていく。
体力リードしているなら逃げに徹しても良い。

【中距離】
各種月を引っ掛ける様に置いて、そこからダッシュでターンスタートのきっかけに。
低ダorバックダ月は中距離〜遠距離での立ち回りの要となる。
積極的にガードさせよう(出来ればハイジャンプや空ダを警戒したり、それらの空中行動を使い切ったのを見てからが望ましい

相手はそろそろ対空を意識する距離なので、豊富な空中行動を活かして的を絞らせない様に動きつつ、月をガードさせる事が大事。
4Cがギリギリ当たる距離を保つのも忘れずに。

地対空の状況では昇りJAorJBで落とすか、ダッシュで潜り込んで2Cor4Cなどを見せておこう。

【近距離】
中距離や遠距離から月をガードさせてからが本番となる近距離。
固めは5A、各種月、A紅葉、各種緋斑とパーツは揃っているのが、執拗に固めるよりは、低ダや緋斑からさっさと崩しに行くor投げるor中距離〜遠距離に逃げて仕切り直すなどして、スマートな攻めを展開したい。

【空投げ後】
有利Fが少ないのでやることも少ないが、その場B月orダッシュ2Aくらいなら重なるのでそこから攻めるか逃げるかを判断すると良い。


基本的な立ち回りはこんなところで、後はキャラ対を混ぜたり、キャラによって立ち回りを変えたりする必要がある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。