※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





キャラクター詳細




  • 名前: クラリッサ・ハルトヴィック  愛犬:ベルンハルト(シェパード種)
  • 性別: 女
  • 年齢: 25歳
  • 性格: ドイツ出身。生粋のドSであり、快楽殺人者である彼女は、女医である時治療と称して患者を解体、解剖して殺害することを楽しんでいた。愛犬ベルンハルトは彼女にとても忠実だが、他の人間には非常に攻撃的。



  • モールに来た経緯: アルビノのドイツ人。元女医だが快楽殺人者。ゾンビという存在を愛しており、世界がゾンビで征服されれば良いと思っている程で、ゾンビ達がハンターや軍隊に退治されている事を知った彼女は、ゾンビ達を助けるために愛犬ベルンハルトとともにショッピングモールにやってきた。



  • 所持品: 巨大な糸巻き。モール内で集めた武器等を収納しているダストボックス。黒いゴミ袋には人間の内臓や手足が詰まっている。
  • 戦闘技能: ゾンビを愛しているため、ハンターや軍隊によって倒されたり傷ついたゾンビを保護し、愛犬ベルンハルトのくわえてきた体のパーツを縫い付けたり、モール内で拾った武器でパワーアップさせる。裁縫の腕もなかなかであり、今日のために持ってきた巨大な糸巻きを使ってゾンビの体を縫って治療する。しかし彼女なりのポリシーなのか、保護した時点で元々腐って無くなった部位は治療しない。また無害で力の無いゾンビも無理矢理捕獲して脳を改造し凶暴なゾンビに変貌させてしまうこともある。普段はモール内の医務室に潜んでいる。ゾンビを倒そうとする者を恨んでいるため、医者のフリをしてケガをしたハンター達を麻酔解剖してゾンビを治療するための内臓や体のパーツを集めている。どういうワケかゾンビには襲われない。ゾンビへの溢れんばかりの愛のお陰とかなんとか。



  • 生還率: 80%