※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





キャラクター詳細




  • 名前: エリーゼ・イッテンバッハ
  • 性別: 女
  • 年齢(享年): 不明
  • 自我の有無: 有り



  • ゾンビになった経緯: 生前は、年端もいかない少女ながら根っからの戦闘狂という性格を見込まれてマフィア子飼いの暗殺者として暗躍していた彼女。手榴弾を使用した時に誤って手に爆弾本体を持ったままピンの方を投げてしまい盛大に自爆死したが、「誰かと闘って死にたかった」という強い想念が”ゾンビメーカー”の目にとまり、ゾンビ化手術を施されて戦闘用ゾンビとして生まれ変わった。
  • 特徴: その意思の強さゆえ、食人性質以外は生前と全く変わらない自我を維持している。知能や会話能力も元のままなので交渉によっては退散させたり味方に引き入れることさえ可能と思われる。彼女は現在はマフィアではなく”ゾンビメーカー”の手先となっている。”ゾンビメーカー”はある目的のためにピクシブタウンへとやって来たようだが、その姿は未だ確認されていない…。




  • 戦闘法: 大破した胴体からはみ出した腸の中にチタン合金製の刃物を何本も埋め込んで標的を切り裂く凶器と化した”ガット・ソー”を主な武器としている。かなり損傷した見かけに反して動作は生前以上に機敏になっているので、接近戦には注意が必要。しかし再生能力は低いので上手く頭を狙えば勝算もあるだろう。
  • 攻略法: 「強者と闘って死ぬ」ことが目的で、しかも「闘って殺した相手しか喰わない」というこだわりがあるので、抵抗能力の無い子供や病人は初めから襲われることはない。闘える者であってもその意思が無い者は同様に敵とはみなさないので、万一遭遇した場合は命乞いをすれば彼女はため息をついて立ち去ってくれるだろう。おそらく一般人よりもゾンビハンターにとってこそ彼女は脅威となる筈だ。ゾンビハンターを狙ってハントする恐るべきゾンビである。