※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○共和国と帝國の共同戦線(転戦)について

 施政方針>http://blog.tendice.jp/200812/article_17.html
 にて発表しましたニューワールドに迫っていた三つの危機

 ・ペルセウスアームに攻め込んだ軍勢。
 ・絢爛世界を支配し、レンジャーに侵攻した軍勢。
 ・レムーリア、ダークサマーレルムからの緑オーマ侵攻。

 共和国、帝國は、共同で軍を派遣し、これらの主力撃滅に成功しました。
 一方で、敵の別働隊が未だ残っており、これらが、再度、ニューワールドの平和を脅かしています。

 火星には、宇宙船に寄生したなりそこないの別働隊。
 詩歌藩国には、FVBの海賊を自称する、巨大な海軍船団。
 無名騎士藩国には緑オーマと思われる集団が再びあらわれました。

 これらに対し、今回派遣された全部隊が転戦し、対応することを全軍が決議し、作戦行動に移っております。

 戦力に関しては、ペルセウスアームの宇宙軍が火星を。
 レムーリア派遣軍が、低物理域化した無名騎士藩国を。
 絢爛派遣軍が、詩歌藩国の海軍に対抗するのがもっとも合理的である、というのが、現在の判断です。

 この転戦において、共和国、帝國の領土を超えた防衛作戦が展開されます。

 具体的には
 無名騎士藩国の危機に対し、帝國・暁の円卓藩国を中心とし、共和国からもるしにゃん、海法よけが参加しているレムーリア方面軍を派遣します。
 同時に、詩歌藩国の危機を救うべく、共和国の戦力が集中した海軍である絢爛方面軍を派遣します。
 絢爛方面軍に参加している詩歌藩国部隊はソットヴォーチェを中心とした活躍により、絢爛方面での戦いにおいて、何度もtera領域の死地を救ったといえます。
 その詩歌藩国の故郷を敵に蹂躙されるままにすることは共和国としても見過ごせません。
 よって、無名騎士藩国を暁の円卓に任せ、詩歌藩国救出に絢爛方面軍を投入します。
 ペルセウスアームの宇宙軍はそのまま火星上空の敵を壊滅させるべく、展開中です。

 大統領府と宰相府は共同で、現在のニューワールドおよび火星の危機を排除します。
 どの場面でも、負けてよい戦いなどはありません。勝利の先の平和のために、全戦力が尽力いたします。

 各国、tera領域全土の皆様、共和に帝國が、帝國に共和が展開するという異例の事態ではありますが、
 この共同戦線が勝利し、いずれ銃剣を置ける日を目指すため、何卒ご協力とご理解をお願いいたします。

 同時に、すでに展開中の各部隊、絢爛方面軍は帝国領内ということで状況によっては悪童元帥の指揮下に置き指示を仰ぐ、レムーリア派遣軍は共和国領内ということで大統領府が支援します。

 これらの作戦行動を大統領府は推進します。

 オリオンアーム大統領 是空とおる