※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■--(無題)
    1. 工ドガー ---



 こうなったら一丸を亘中の生徒会長にしてやるよ
お前らが掲示板でいくら騒ごうがテメー等に選挙権はねー
一丸のサクセスストーリーをオナホ咥えて眺めてろっつの
..12/13(Sat) 23:36[2138354752]

■--wwwwwwwww
    1. タンゲンフー ---



 一丸竜次ざまあああああああああああああwwwwwwwwwwww
昔はさんざいじめやってたよなお前wwwwwwwwwwwwwww
おまえが死んで悲しむやつなんて誰もいねええええええwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
小5の宿泊研修んとき女子数人の前で半べそかきながら公開オナニーさせられたK田の呪いかもなwwwwwwwwwww

    1. エドガー
 お前もしかして楠田か? 

    1. エドガー
 金田いい加減にしろよ 

    1. エドガー
 お前が楠田かどうか特定するには時間がかかるが
楠田の話を出してきたってことはどーやら地元の人間か
余計なことをベラベラ喋るんなよ、事は終わったんだ



名誉執行妨害
スケープゴッド
フレンドシップ
positiveに行こうぜ!
騒動に滑車かけたいやつばっか
暇なNEATが溜まりすぎ
武力業務妨害
高見遊山
活気盛ん
出る杭は抜かれる
お前ら最適だな!
俺はオナホ王者とはみ関係
最高裁に通報しといたから!
今まで俺の通報で何人も捕まったから
プライバシーを損傷
アカウントワープ
RealとVirtual、2つの世界で生き抜いてきた
犯罪者って・・・不逮捕特権とか習ってねーの?
なんで通販でナイフを買うのはだめかっていう理由を説得しろよ。
2チャンネラーで陰名でしか言いたいこと言えない
コミニケーション
俺のことはほかっておいてくれ
2チャンネラーはマジで犯罪者候補軍の溜まり場だわ。
空もんげ
生粋のいじめられっ子

里  と  俺  た  ち  の  f r i e n d s h i p  は
誰  に  も  断  ち  切  れ  な  い  ・  ・  ・  !  !  !



一丸friendship語録早見表

名誉執行妨害/スケープゴッド/フレンドシップ/騒動に滑車かけたいやつばっか
暇なNEATが溜まりすぎ/臨海戦術/positiveに行こうぜ!/最高裁に通報したから
武力業務妨害/高見遊山/活気盛ん/出る杭は抜かれる/お前ら最適だな!
俺はオナホ王者とはみ関係/手の打ちようが遅れるんですわ?お?
今まで俺の通報で何人も捕まったから/プライバシーを損傷
アカウントワープで住所の収集/2チャンネラーで陰名でしか言いたいこと言えない
言葉のナイフ/理由を説得しろよ/2チャンネラーはマジで犯罪者候補軍の溜まり場だわ
荒らし禁止法に引っかからないうちに今は引いておいた方が得策
俺達VIPAARも暇人じゃないんだよ/掲示板荒らすのが犯罪だなんて中学でも教わる
悪いけど俺亘理中じゃ頭いいんだよね
著作権法は現実の話で、 インターネット上じゃ話が別だろ
GOD NIGHT!/犯罪はプライベート/RealとVirtual、2つの世界で生き抜いてきた
コミニケーション/不逮捕特権/空もんげ/今きずいたんだけど




「やめろよ!何すんだよ!」
エドガーは大声を上げて俺を睨みつけるが、後ろ手に縛られていては何の迫力もない。
むしろ哀れな小動物が必死で虚勢を張っている姿を想像させ、
俺のワルサーPPKは今や痛いほどに怒張していた。
「何をするか、だって?…今から天国に行くのさ。二人でね」
俺はそう言うと、エドガーのワイシャツの襟元に手をかける。
「っざけんなテメー!こんなことしたら後でどうなるかわかってんだろうな!」
「君こそわかっているのかい?今から君がどうなるのかを」
そう言うと俺は、エドガーのシャツを乱暴に引き裂いた。
キメが細かく白い素肌が露になる。
いまだ汚れを知らないその肌は、さながら上質なシルクのようだ。
「おい!やめろって…」
エドガーの抗議の声にもかまわず、俺はその肌に指を這わせた。
「んっ…!」
エドガーの身体が一瞬硬直し、声とも吐息ともつかないものがその口からこぼれる。
「きれいだよ…エドガー…」
そのまま俺は、桜色をした両の乳首を指でなぞるように刺激した。
「あっ…や…やめっ…」
眉をしかめ、身をよじらせるエドガー。
「感じているのかい?可愛い子だ…」
普段は気の強い風を装っているが、実際は全身性感帯の子猫なのだ。
「感じてるわけ…ねぇだろ…!」
「そうかい。じゃあ、これはどうかな?」
そう言って胸の突起に舌を這わせる。
安い香水の香りと瑞々しい汗の匂いが混ざり、それが俺をより一層興奮させた。
「はっ…!あ…あっ…」
エドガーの身体が大きく震え、快感に大きく身をのけぞらす。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|