ユニットの作り方(おまけ編)その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユニットの作り方(おまけ編)その2

速い動きの表現
対空機関砲の攻撃は弾を打ち出すだけです。 作ったモデル(ユニット)には砲身が6つ付いています。実在する似たような機関砲の仕組みや機能についてはよく知らないのですが、この砲身がグルグル回って弾が出るということにしましょう。ここでは単純に砲身を回転したカットを作っていけばいいのですが、一コマ一コマくっきり見えるってのもなんですなぁ。そこで、速く回っている感じを2コマで表現してみることにしました。砲身の周りに残像のようなものを描きます。2コマ目ではその残像が移動したような感じにします。で、実際にどう見えるんだろうかというと、


こんな感じになります。火花は3カット分で機関砲は2カットを使い、合計4コマで表現してみました。これはgifアニメーションなのですが、Myth上でもこんな感じになれば万歳です。(gifアニメーションなので読み込みが終われば勢いよく回ると思います)うーん、砲身の正面の面の処理がちょっと甘いんでないかい。それと動作のブレが全くないのですが地面にかなーり頑丈に固定されているのでブレないんです・・・ってことに。
















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。