※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

成功率100%の目安

技能/資質による固定値  ~40%
指揮官による修正  ~20%
戦闘技術的一時修正  ~20%
支援による修正  ~20&
個人の士気による修正  ±20%
相手の回避力による修正  ~-30%(内~10%はロボの修正)

 素人の成功率は半々。対抗判定では1/3
 玄人の成功率は2/3。対抗判定では半々。
 達人の成功率はほぼ100%。対抗判定で2/3
 というバランスの数字に仕上げたい。

 ロボの回避力は、「そのターンの移動で、旋回した回数」にしてみようかと思う。
 直進してたら、狙撃すればさくっと当たるからね。
 移動速度の緩急による回避は、個人の技能に寄る、ということで。

 士気による修正の、マイナス状態というのがいまいちしっくりこない。かといってプラス修正だけ、というのも不自然だし...
 士気は、命中判定時、戦況の変化時、ロイス(仮)を結んでいる相手との関係変化時、ロイス(仮)に関連するイベント発生時に変化、というのを念頭に置いています。

 あとは、このルールをもっと練り上げて、「戦闘で重要なのは、防御力ではなく、攻撃させない抑止力である」という今日見つけた一文を体現できるものにしたい。
 相手に攻撃を諦めさせる、つけいる隙を与えない、などの表現を。

1107
 相手に攻撃を諦めさせる表現を実現する方法が、相手の命中率に対する攻撃。
 相手にダメージを与える攻撃とは別に、相手の命中率を下げる攻撃を、行えるルールを整備する。
 そうすると、互いにまず命中が見込めるレベルまで命中率を高めてから攻撃、ということになるので、本攻撃前の、前哨戦的銃撃戦も表現可能となる。
 ただ、撃ち合うのでは無く、相手を追いつめる攻撃を行うのと、良いポジションを取り、相手に的確な攻撃を行おうとする意志のせめぎ合いを表現。