※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ACVの「衝撃」や、バトルテックの「転倒」のようなバッドステータスが欲しい。
 バトルテックは、20点以上のダメージを受けた場合、ACVは、安定値以上の衝撃ダメージを受けた場合、というのが条件になっている。
 PAでは、間を取って、重量値以上のダメージを受けた場合、バッドステータスを受ける、という条件のものにしたい。
 軽量級の方がバッドステータスになりやすく、重量級の方がなりにくい。転倒や衝撃、という語感からくるバッドステータスとしては、妥当な線だと思う。(というか、本場の簡易ではないバトテを知らんのだが、本場ではこうなってそうだな)

 これをルール化する際の障害は、ふたつ。

 ひとつは、重量の数値が、うまくダメージの数値に釣り合うか、ということ。
 バトルテックの20という数値を、重量と等しくすると、普及しているメックでも50tはあるので、殆ど転倒しなくなる。
 ロボのトン数が、戦車と同等と考えると、メックと同様の数値が導き出されることになるので、ダメージも、バトテの倍くらいの数値を基準に考える必要がある(ん? まてよ、PPCと同等の武器のダメージを20点と見積もっているから、この問題はクリアできているような気がするな)

 もうひとつは、トン数の落差を妥当な値に絞り込めるか、ということ。
 バトテでは、25t~80tが、メックの重量の幅で、転倒ダメージは一律なので、どんなメックでも、PPCを二門食らえば転倒の可能性が出てくる。
 変動式にすると、軽量メックはさほど変わらないが、50tメックはPPC5門、80tメックは8門食らわないとという話しになる。
 PPC8門(大型レーザー10門)に狙われている状況って、それダメージの前に戦術レベルで死んでます。どんだけ無駄駒を作っているのか、と。
 その半分くらい=軽量級と重量級の、バッドステータスを受ける条件は倍の値の範囲程度、であれば現実的に見えるが、では、その数値バランスを、どのように取るかだな。
 フレーム、エンジン、ジャイロの中枢部分の重量を計算外として、他のパーツ(武器、装甲、オプション)の合計値を、条件値にする、というのが吉か? ...いや、これだと逆に格差が増えるかな?


 上では、BTでいろいろと考えていたが、現在は、重量と脚部のバランスを採ることを思案中。
 「衝撃」の効果は、「転倒」と等しく、「転倒」という用語を削除する。
 '15.10現在では、パーツの組み合わせでロボを考えているので、総パーツ面積をまず固定値Aとする。次に、脚部形状(あるいは、接地面積/接地脚部数)を固定値Bとする。
 A+B=安定性(固定)値(仮) という計算を行う。
 安定値は、一度の攻撃で、値以上のダメージを負ったときに、バステ「衝撃」を受けるかどうかを判定する。
 判定の基準値は、「操縦」に関連するもの。※ただし、現状、スキルにレベルを設定しない予定なので、判定の過程をどのように処理するかについては、要思案。


 過去のゲームでは、バッドステータスは、「毒」「転倒」など、どのような状態か→その結果、どのような修正を受けるか、という考え方であった。
 近年は、例えばグランクレストの「炎熱」であったり、ガーデンオーダーの「Dot」であったりと、バステの種類の整理が進んでいる。

 結局のところ、バステで扱うのは、
「どのような修正が与えられるのか」「どのような条件で回復するのか」
 の、2点なので、このシステムでは、これに特化した形で、バステを扱っていきたい。

 上記「衝撃」は、データとしては、
「判定時、目標値に-1の修正が与えられる/次の判定終了時に回復する」
 この効果が与えられる症状に、「衝撃」と命名したもの。という扱い。
 可能であれば、命名を無しにして、効果の略称(DOTトカ)を、そのままバステの種類にしたいもんだけどなぁ。