メンテナンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


メンテナンスの基本はクリーニングです。

定期的なクリーニングはキーボードが綺麗になるだけではなく、キーボードの劣化スピードを鈍らせられます。
また、使う人間の方もリフレッシュできますし、キーボードへの愛着度も増しますよ。

アンケート も参考に。(序でにアンケートにもご協力お願いします)



◆クリーニング

・用意するもの

 1)プラスドライバー
  筐体を開けるだけなら先端が普通サイズのでいいが、最大限まで分解するならワンサイズ小さいのも必要。
 2)キートップリムーバー :キートップを引き抜くための工具。
  トング状の金属製が使いやすいのでオススメ。まぁ外せれば何でもいい。
 3)洗剤などクリーニングに必要なもの。
 4)やる気と忍耐力と時間…あと少々のお金。

【キートップ】・・・黄変については後述

・基本:石鹸などの中性洗剤をお湯に溶いて一晩漬け込む → 次の日軽くもみ洗い

 ※洗濯ネットや使い捨ての"ストッキングタイプ水切りゴミネット"に入れると、
   作業が楽になる上に紛失防止にもなる。(ゴミネットは二重にするとより安心)

 これ(↑)でも取れない or 一晩も待てない場合は次(↓)を実施

・通常 or 軽度の汚れ:マジックリン(&ブラッシング)

・中度の汚れ:メラミンスポンジ

・重度の汚れ:クレンザー

 ※メラミンスポンジ、クレンザーを使う方法はプラ表面を"削り取る"方法なので止めといた方が良いかも。

【上下キャビ】・・・黄変については後述

・通常 or 軽度の汚れ:中性洗剤やマジックリンなどでブラッシング

・中度の汚れ:メラミンスポンジ

・重度の汚れ:クレンザー

 ※メラミンスポンジ、クレンザーを使う方法はプラ表面を"削り取る"方法なのでやる場合は自己責任でね。
 ※消しゴム(砂消し)を使う方法もあるらしいが、効果の程は解らないのでこれも自己責任でやってね。

【ケーブル】

・軽度の汚れ:アルコール

・中度の汚れ:マジックリン

・重度の汚れ:メラミンスポンジ


※クリーニング後、潤滑目的のスライダやシリンダへのスムースエイド(RO-59tm KT) 樹脂用シリコングリス の塗布はご自由に。

◆筐体やキートップの黄変に対処

Retr0bright(レトロブライト)手法】が超有名で効果絶大。


・必要なもの

 1)漂白剤は《花王 ワイドハイターEXパワー》が最良とされている(2012/10現在)
 2)直射日光を当てることが重要
 3)キートップを入れる、なるべく透明な容器(ガラス瓶でもトレイ状のモノでも全体が浸ればOK)
 4)キーボード筐体を入れる容器として…
  a)透明の押し入れ整理BOX
  b)ゴミ袋などの大きめの透明ビニール袋

・期間は2,3日~1週間程度(季節や状況により長く掛かることも)


※漂白剤は原液をそのまま使うこと
※途中、かき混ぜたり表裏ひっくり返したり…最低一日一回は面倒を見た方がよい

◆LEDインジケーターが暗い or 点かない

・原因)

  LED側接点とメンブレンシート側接点の接触不良である場合が多い。

・対処方法)

  方法1:各接点をクリーニング。
   特にメンブレン側の接点は"黒い煤状"のものが表面を覆っているので、これをふき取る。
   ※パターンを剥ぎ取らないよう、力の入れすぎに注意すること!
  方法2:LEDの足を90度以上に曲げて接触度合いを強める。


◆カールケーブル修復


◆キートップのツル/テカを取る。

キートップ刻印が、シルク印刷かレーザー印字かで作業方法も違ってくるとは思うが…
 方法1:ツル/テカ状態に応じて1000~2000番台の耐水ペーパーで擦る(耐水性の紙ヤスリ:数字が小さいほど粗い)
 方法2:メラミンスポンジで擦る

※これらの方法が最良かは断言できないので自己責任で!
※もし1000番未満の耐水ペーパーを使うときは慎重に!

◆タッチを軽くする


※RT6600系の良好なタッチが損なわれても平気な方専用。もちろん自己責任で!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。